wani2005.cocolog-nifty.com > Finkeの戦い

相手が弱くて何とか凌ぐ
お株を奪われたカナリアは..
詰めの甘さ再び
詰めの甘さ
完璧な試合 鬼のプレスでセレッソは不発
メンバー入れ替えでちぐはぐな試合
前半のプレーを続けばね
相手相応の結果
破れそうで破れない殻
明るい道への脱却はあるのか
光明は見えた でも勝てなかった
光明は見えた 今までなんでこれができなかった?
とりあえず連敗は止めたが
悪くはないんだが弱い
何がどうおきたんだか
怒涛の攻めでも 点が取れません
得点爆発 でも相手が相手だけに
どんどん退化
合宿の成果はいずこ?
不完全燃焼は続く
頑張りが結果につながらないもどかしさ
押しながら得点できず、少ないチャンスで2失点
得点、即失点するものの追加点で勝利
攻めても攻めても点取れず 
あっけない失点で負け試合
形はできた 後は選手の思い
粘りと高さが足りない 内容より勝負に負けた
緩みと先祖帰り
押し込み続けたレッズ 理想系に近づく?
逆転3ゴール 力強さの復活?
阿部、暢久 ピカイチの男たち
爽快 待ってたこんな試合
寒々しい前半
ふわふわした乱打戦
もどかしい引き分け
お得意様のおかげで何とか勝利
幻の摩周
熟成度が違いすぎる
練習中のチャント 0306(土)
新チャント練習中
鹿国名物ハム焼
栃木練習試合@大原 0131(土)

<< 前 | トップページ | 次 >>

光明は見えた 今までなんでこれができなかった?

光明は見えた 今までなんでこれができなかった?

第20節湘南A戦1-4@平塚競技場

2010年8月21日 (土)

この日も前半は怒濤の攻撃?柏木、暢久の果敢なシュートはあったものの、多くの場合、相手を崩してからのシュートが少なく、得点のにおいがしないのは相変わらず。

ところが後半、セルの投入によって、前への速いパス、スペースへの走り込みなどのプレーが連発。スピラ、セル、エジ、エジと4得点。ロスタイムに1点失うという踏ん張りのきかなさは相変わらずだが、ひさしぶりの勝利。後半のようなプレーをなぜこれまでやれなかったのか?この日のセルはボールをもらいたがっていたこれまでと違い、自分で持ち込んでパスして、それをまたもらうという意識が強く、それが功を奏してました。セルは次節、累積イエローで欠場。よいペースメーカーがいないまま鹿島戦です。元気、おまえできるか?ブログ記事を読む

固定リンク