この日も前半は怒濤の攻撃?柏木、暢久の果敢なシュートはあったものの、多くの場合、相手を崩してからのシュートが少なく、得点のにおいがしないのは相変わらず。

ところが後半、セルの投入によって、前への速いパス、スペースへの走り込みなどのプレーが連発。スピラ、セル、エジ、エジと4得点。ロスタイムに1点失うという踏ん張りのきかなさは相変わらずだが、ひさしぶりの勝利。後半のようなプレーをなぜこれまでやれなかったのか?この日のセルはボールをもらいたがっていたこれまでと違い、自分で持ち込んでパスして、それをまたもらうという意識が強く、それが功を奏してました。セルは次節、累積イエローで欠場。よいペースメーカーがいないまま鹿島戦です。元気、おまえできるか?ブログ記事を読む