« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005年3月27日 (日)

さいたま市 緑亭ラーメン

 大和田にある緑亭。自然食品系の食事ができる。ただお目当てのラーメンはすぐ売り切れ12時すぎると危険。2度ほど食べ損ねた。シンプルなラーメンだが、味わい深いです。ボリュームはありませんが....。midoritei

緑亭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月26日 (土)

鹿劇場に激情

kashima
 待ちに待った開幕戦。何も言うまい。アルパイもう少し考えてくれ。だが、それより鹿は何しに来たんだ。いきなり劇場ですか。私はサッカーを見にきたんですよ。キックオフまでの楽しい時間。その後のキレキレの永井。美しいパス。それが一転にわかにかき曇り大雨。俺はサッカーを見に来たんだ。0-1です。

(レッズ0-1鹿 埼スタ SB、吉田、5万2789人、晴、午後2時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東鷲宮 鷲宮神社

washinomiyahaidenn
 両親と一緒のドライブの帰りがてら鷲宮神社へ。出雲族の草創に係る関東最古の大社だそうだ。かつては鷲大明神〔わしのだいみょうじん〕、浮き島大明神ともよばれた。御祭神は天穂日命〔あめのほひのみこと〕、武夷鳥命〔たけひなとりのみこと〕、大己貴命〔おおなむちのみこと〕の三柱。

 社伝によれば、神代の昔、天穂日命と武夷鳥命父子が二十七の氏族を引き連れて来住し、神崎神社を建立して大己貴命を祀った。後に、この地を開拓した天穂日命と武夷鳥命を奉斎するようになったらしい。1200年前の建立。

 景行天皇の御代には日本武尊〔やまとたけるのみこと〕が社殿を造営し、桓武天皇の御代には坂上田村麻呂〔さかのうえのたむらまろ〕が武運長久を祈り、奥州鷲の巣に当社の分社を祀ったと伝える。

 washinomiyahonndenn
さらに中世以降は、関東の総社また関東鎮護の神として、武将の尊崇が厚く、歴史上有利な武将だけでも藤原秀郷・源義家・源頼朝・源義経・北条時頼・北条貞時・新田義貞・小山義政・足利氏歴代・古河公方・関東管領上杉氏歴代・武田信玄・織田信長・豊臣秀吉・徳川家康等が武運長久等を祈る幣帛の奉納や神領の寄進、社殿の造営等をしたとある。

 面白いのは拝殿が特長のない建物なのに、拝殿は2つ並んでいること。こうした形式は珍しい。それと参道にたいして本殿と拝殿が90度横を向いているところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月20日 (日)

喜多方 松

matuya

 妻の実家の郡山に行ったついでに、少しドライブ。喜多方でラーメンを食べる。観光案内を兼ねたラーメン館からあるいて5分くらいの「ばんない」ラーメンへ行くが、30~40人近くのすごい行列。そこで隣の「」という店で食べることに。
 
 案内書にはチャーシューとスープの味が良いとのこと。こちらは10人ほどしから並んでいない。15分ほど待って店内に。メニューはラーメン(550円)とチャーシューメン(750円)のみ。それぞれ大盛りあり(ラーメンは200円増し、チャーシューメンは100円増し)。

 息子、妻の両親はラーメン。妻はチャーシューメン、私は大盛りチャーシューメンを注文。麺は太麺でもちもちしていて少し柔らかめ。硬めの好きな私には今一つだが、といって悪くわない。汁はさっぱりながら深みのあるしょうゆ味。とんこつや魚系のラーメンばかり食べていたので、新鮮は新鮮。妻には評判良し。ただ、わざわざ来てまで食べるラーメンという気はしないが.....。

松食堂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月13日 (日)

南与野 津気屋

tukiyaramenn
 埼玉大通り沿いの津気屋へ家族で行く。いろいろ雑誌に紹介されているらしく、昼時をずらしても行列。駐車場も5台も停まればばいっぱい。偶然1台分空いていて上手く駐車できた。

 ただ店員の対応は気持ちいいし、行列時に注文を聞きに来るおばさんもいい感じ。店内はレトロ、BGMも70年代。店員は元気なかけ声。ラーメンは津気屋ラーメン(ダブルスープ)を妻と私が注文。息子は豚骨しおラーメン。餃子は蒸し餃子で1人前8個。

tsukiyagyouza
 どれもうまい。ただ、入っている肉がコラーゲン付きで妻には少しヘビーだったようだ。味も濃いめなので妻には重かったよう。私としては満足。tsukiya

津気屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »