« 浦和 「力」で神戸戦 | トップページ | 秩父芝桜 »

2005年5月 5日 (木)

榛名神社

 榛名神社へ。17号線をひたすら北上、高崎を経て、榛名山を西側からアプローチ。約2時間半で着く。祭神は火産霊神(ほむすびのかみ:鎮火・開運)、埴山毘売神(はにやまひめのかみ:五穀豊穣)。

 神社はなかなか奥が深い。山門から15分ほど歩いて拝殿へようやく着く。山の谷間を流れる川のせせらぎを聞きつつ山を登っていく。右が川、左は岩山。三重の塔や橋、落石防止のためガードされた道を行く。haruna


 拝殿に着くとちょうど端午の舞をやっているところ。ラッキー。たっぷり舞を堪能後、餅がまかれ皆で取り合い。いい経験。拝殿は後ろの岩に食い込んでいる不思議な作り。社務所で新しい御朱印帖を購入。1000円。しかも御朱印も書いてくれた。

 下山して、門前のそばを食べる。盛りそば大盛り800円なり。前日の秩父のそばに比べればかなりましだが、汁が少し薄いなぁ。(地図

|

« 浦和 「力」で神戸戦 | トップページ | 秩父芝桜 »

神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/4233264

この記事へのトラックバック一覧です: 榛名神社:

« 浦和 「力」で神戸戦 | トップページ | 秩父芝桜 »