« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005年7月30日 (土)

ある意味満足

 ただいま帰って参りました。9時40分です。
 試合は負けましたが、ポンテ、マリッチ、エスクデロ、横山、細貝見ることができ、ある意味満足。とくにポンテ君はイメージに近いキャラクターだったのでとくに満足。攻撃的なMFポンテ君はいいパス出すし、FKもなかなか。マリッチも男気を感じました。ただ、評価は難しいけど。詳しい感想はまた後で。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

マンU戦 何を愉しむか

 マンU戦が来たのになぜかまったり気分の朝。RHBを見ているうちにエメルギーを充填され、動き出しました。車で15分で着くという好立地に住んでますんで4時頃に出ればいいかなと考えてます。

 エスクデロ(清水地方ではエクスデロらしいが)、横山、マリッチ、ポンテの出場を期待ですがどうでしょう。平川、闘莉王は怪我で大事をとりそうですから少し残念。若手のイキイキとしたプレーを見たいですね。2年後のレッズを予感させるようなものを見せてくださいな。

 気がかりは埼スタでのルールの分からん方々があらぬ処に座って、ぐだぐだ訳の分からん事を大声でしゃべること。今回はチケットをお譲りいただいて初めてホームスタンド(北寄り)で見ます。指定席は誰が来てもしょうがないですが、変なのがおらんことを祈ります。

 では、良い試合を期待して そろそろ準備に入ります。

 あっ、雨(雷雨)対策は必要かもです。Yahoo!のスタジアム天気予報(「詳細を見る」をみましょう)を見ると、今のところ大丈夫のようですが。皆様お気をつけて。

 ワケ分からん方々が傘をひらくのもいやだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月26日 (火)

赤いいなご

 新潟アウエィの時にも思いましたが、レッズサポはお土産好き?豪雨の中の帰路、眼が疲れるので休憩を兼ねて牧ノ原、富士川、足利のサービスエリアに寄りましたが、どこもレッズサポでいっぱい。

 一人で6つも7つもお土産を買っていく。レジは6~7人が常に並んでる。しかも7000円、6000円って買って行かれます。私もつい3カ所で3つお土産買いました。牧の原ではお菓子、富士川では鰹のなまりぶし、足柄でかまぼこ(静岡に関係ないです、小田原名物ね)を購入。

 壮観だったのは、どこのサービスエリアでも軽食スペースが真っ赤に染まってたこと。レッズのレプリカを着た集団が席のほとんどを埋めてました。まるでレッズ食堂ね。「いなごの集団」と言われるのもむべなるかな...。

★清水戦 関連エントリー
ただいま帰着 勝ち点3付きです
薄氷の勝利 夜明け前
パルの陰謀
エコパ遠征記

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年7月25日 (月)

エコパ遠征記

shimizuiriguchi 車で行ったエコパ。あの~、さいたま市から東名に乗るまでが一番時間がかかりましたorz

 静岡観光を兼ねて、8時半に家を出たんですが、首都高大宮線は快適だったのに、9時頃、首都高の料金所を過ぎたら即渋滞。せっかく払った700円を捨てて、板橋から降りて、禁断の環7を走ってしまいました。だめね、だめ。渋滞の嵐。東名、東京インター着がなんと10時半です。1時間半を無駄遣い。

 さて、東名では若干渋滞がありましたが、後はスムース。サービスエリアで食事をとっても12時半には清水IC着。静岡駅前を通って静岡浅間神社に参拝。予想外に立派な神社でした。その後、藤枝バイパス経由で掛川へ。掛川城を見学後、掛川駅前の駐車場に車をとめて、掛川駅から4時20分の列車で愛野駅へ。えっ、なんで愛野駅まで車で行かないかって?電車に乗りたかったんです。(^_^;)

 愛野駅にも臨時駐車場がありますが、この時点でほぼ満車状態。暇な私はコンビニで買ったビールを飲み歩きながらナンバープレートをチェック(馬鹿です)。なんと首都圏ナンバーと地元ナンバーが五分五分。凄いすね。スタジアムも2万1000人の観客でしたが、1万はレッズでしたね(ちょっと大げさ)。

 そういえば、列車の中で聞いた沼津からの清水サポの会話。「何で日本平でやらないんだ。もう疲れた」。甘いですね。たかだか100キロで泣き言言わないように。あれっ。ホームの試合でしたよね。そりゃ泣くわ。さいたま-宇都宮間くらいですか。

shimizukaeri レッズ相手で集客狙ったんでしょうが、5万収容で2万1000では寂しい。2万の日本平でやったほうが良かったんでないの。微妙なところですね。

 ちなみにエコパ周辺のもう一つの大きな民間駐車場はバックスタンド裏の山向こうにあります。パスツアーの方々もそちらのようで。試合後、裏山を登るレッズサポを見ましたが、「山賊サポ山に帰る」って風情で笑えました。

★清水戦 関連エントリー
ただいま帰着 勝ち点3付きです
薄氷の勝利 夜明け前
パルの陰謀


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月24日 (日)

パルの陰謀

shimizuparu しかし、清水のパルちゃん。芸風が広いねぇ。マツケンサンバのステップはほれぼれしました。サンバの前には寸劇などもあり帯回しも披露。おねさま方の踊りも良いですねぇ。

 が、思うに、ありゃ清水の深慮遠謀ね。昨日も練習時間からサポの応援が始まり、気分が盛り上がったところで、パルちゃん登場で気をそらされる。緊張した気持ちがゆるむ私。

shimizuonexechan 前半終了で後半に思いをやっていると。おねえさまのハーフタイムショウ。また、見てしまう。うーんやられた。修行が足りないのでしょうか。

 そういえば、試合開始前の選手の入場の時もおねえさま方が出てきて、選手がなかなか出てきません。コールで選手を迎えるレッズサポがはぐらかされてる。

 試合終了後、レッズサポがコールをしている最中、スタジアムでは大音響でスポンサーのCMをがんがん流してました。普通あそこまでやらんでしょ。スポンサーに罪は無いけれど、悪い印象しか残らないよなぁ。まぁ、アウェイであれだけ騒いだらやられるのは当たり前だけど。

 ともかくぱるちゃん攻撃は有効。うちもレディアを使ってやりませんか。あっ、そんなに敵サポ来ませんか。数の多い新潟サポさんは喜んでもりあがっちゃうからだめか。

★清水戦 関連エントリー
ただいま帰着 勝ち点3付きです
薄氷の勝利 夜明け前

| | コメント (1) | トラックバック (0)

薄氷の勝利 夜明け前

shimizucornerパル0-レッズ
  しかし厳しい試合だった。特にパワープレーを仕掛けられた後半最後の15分間、何度CK打たれたんでしょう。レッズ側からは反対側がよく見えず、気づいたら点が入っているということがあるだけに、気が気じゃなかった。

 それだけに、試合終了後のゴール裏の喜びは凄かった。皆さん、あんなにコールを続けてどうやってお帰りになったんざんしょ。新幹線組の方は途中で抜け出さないと最終に乗れなかったはず。odakyuredsさんは無事帰られたようですが。私は車でしたから良かったけど。

 さて、本題。まだビデオをみていないので、現場での感覚での印象です。試合の組み立ては前節の広島戦と同様「コンパクトに陣形をまとめ,前にあまりつっかけず,しかし,自陣内でキチンと網をかけて相手を押さえる」“広島戦”方式。基本的に意志は統一されていたようです。

 しかし、清水さまはその網にかかる前にサイドからロングパスを打ち込んで裏を取ってきます。バックが安定しているレッズですからそうそうはやられませんが、競い負けて裏を取られるシーンが前半から見られました。

 ちなみに、三都主→達也→闘莉王で点をとった後、元気が出たせいか少し早めに相手にチェックに行っている間はレッズに好機が続きました(特に達也のチェックが早くなったように思えました)。広島戦方式は良いですが、自陣に入られたら、早めにチェックに行った方がよいように感じました。試合中も思わず「チェック!チェック!」と叫んでました。敵陣からなら仕方ないですが、自陣内からロングパスをフリーに打たれるのは辛い。昨日の試合がある意味互角、運が悪ければ負け試合の危機をはらんでいたのはそのせいじゃないかと思ったりします。

 攻撃では、なかなか清水エリアの奥に攻め込むきっかけがつかめずにいましたが、見ていてだめだという感じではなかったですね。ただ、決定機に決められないのがつらい。決定機を演出した達也自身が言っていたように、そこで決められれば、楽な試合だったはず。1点をとった後のだめ押しがあればずいぶん展開が違ったでしょう。その分清水が耐えたということですか。

 ミドルシュートも意識して打っていましたが、はずれてました。練習の時もみんな入らないんだもんね。三都主は枠に行ってましたが。そういえば三都主はよくやってたと思います。FKはずして、きっととこぞで非難されているかもしれませんが、あれで批判されたら可愛そう。ライン地蔵にもなってなかった(と思う)し。

shimizusyouri1
 まぁ不完全燃焼な試合といえば試合ですが、改善すればもっと強くなりそうな気配も。夜明け前ね。しかし、清水は決して今の順位ほど弱くないと思いました。次の日本平のナビスコ戦は気合い入れて行きたいですね。そうか達也はいない!ポンテ、マリッチもまだ入れない。FWどうなる?こちらも負けられない試合。日本平なら近い!参戦したアウェイは皆勝ってるし、行かねば。ついでに東照宮見学ってことで。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ただいま帰着 勝ち点3付きです

shimizuecopa 午前2時10分にようやく帰って参りました。薄氷の思いで手にした勝利でした。いろいろ思うところはありますが、まずは喜びたい。初めて車でエコパに行きましたが、いろいろな経験をしました。

 ともかく勝利に乾杯。詳しくは夜が明けてから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月22日 (金)

今度こそ新しいレッズを! 「勝って兜の緒を締めよ」

 新しいレッズを見るつもりだったのに,最低の試合を見てしまった私としては,今度こそ新生レッズの姿を期待したいところ。

 前節の広島戦,良い試合でした。コンパクトに陣形をまとめ,前にあまりつっかけず,しかし,キチンと網をかけて相手を押さえる。あまり前でボールを取らないので,相手側にスペースができる余地がある。そこを個人技や早いパス回しで攻め込んでいく。

 中断前の勝てない時のパターンは,引き籠もり(=堅守)の相手に相手エリアでボールを奪っても,人口密度が高すぎて,攻め手がなくパス回しを続けたり,ムリムリ突っ込んでいき失敗。あげくにカウンターをくらって失点というパターンが多かったように思えます。そして次第にカウンターを恐れてディフエンスが下がり始め,トップとの間にあきができて,前線が孤立。点が取れなくなるという具合。

 広島戦のやり方ならそんな心配はありませんが,どう相手を引っ張り出すのか,そしてボールを奪った後にスペースを狙ったパスや走り込みができるかがポイントのようです。

 なんて,理屈は分かっていても,目の前で試合を見ていると,そんなこと忘れて叫んでるんですが...。

 清水さんは,レッズが来るので観客動員狙って色々盛り上げようとしているようです。動員してください。レッズより少ないのは無しね。後,シューターやめろやめてね。違う球技見ているようで胸くそ悪いから気持ちがおちつかないから。

 さて,先発は永井の脚も大丈夫なようなのでFWは達也,永井。普通に考えれば暢久,啓太が出てきて,堀之内,酒井がはずれる形。うーん。個人的には堀之内,酒井にも出て欲しいのだが。それに横山も希望。セルヒオもね。 と,ただの馬鹿親父状態。前半3点でも取れば,横山,赤星の登場ということも。てな事を書いてると...。

ということで気を引き締めて以下の言葉を暗誦しつつエコパに向かいます。

神明は唯平素の鍛錬に力め戦はすして既に勝てる者に勝利の栄冠を授くると同時に一勝に満足して治平に安する者より直に之をうばう。古人曰く勝て兜の緒を締めよと」(連合艦隊解散の辞,東郷司令長官訓示、秋山真之参謀著)

  
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

エコパの食料事情

 こんな情報が清水さんのブログに載ってました。夕食はこれにしますか。随時,ネタ集めしてみます。今は仕事中だし。

 ただし,バックスタンド限定になりそうです。このせい。これは例の,駒場騒動の余波ですね。こんなところに影響が出るとは。やはり暴力はいかんよ。うまいものが食えなくなる...。

 これはクルマ組の参考に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

走る,走る クルマでエコパ

 って,人のタイトル盗んでいる,志の低い私です。私は,クルマで行くエコパは初めて。エコパの駐車場はとめられないとのことなので,某サイトさんの情報を参考に周辺駐車場を狙っていきます。さぁ,どんなことになるか。良い情報があったらお教え下さい。3時間前には着くつもりですが,駐車場の確保甘いかなぁ。(今日,朝,クルマを盗まれました。クソー。エコパではもう1台で行きます)。

 それから,当日の天気は微妙に雨の可能性も。列車で日帰りの方,滑らぬようお気をつけを。
 こんな,エントリーも上がりましたね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年7月20日 (水)

展開早すぎ

 月曜が休みだったせいもあるし,仕事も結構てんぱっていて余裕がないというのもあるが,エントリーを上げないうちに,マリッチ獲得,達也代表選出と事は進んで行ってます。試合はもう三日後。ともかく気張ってサポートしに参ります。取り敢えず,存在証明まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月18日 (月)

美園中学ありがとう、ゴール裏凄い

hiroshimasen
レッズ2-0広島
 勝ちました。それも執念の攻めで。が、今日試合に勝つとの確信は、チーム練習中に起きたゴール裏からの応援だ。今シーズン見たことのない(遠隔地アウェイではやっていたのかもしれませんが)応援が、鳴り響きました。あれを理解しない選手はいません。

 ともかく、今日のサポーター、観戦者は気合いが十分。広島サポーターはいないに等しいとはいえ、4万人切れの観客のなか、今シーズン一番のサポートでしたね。今日の試合を見た奴は幸せものです。こういう勝負の試合に来るか来ないかが良い体験をできるかできないかの変わり目になるのですよ。

 付け加えれば、今日のハーツフルコンサート(でしたっけ)は美園中学が担当。担当した日は負けなしと顧問の先生がおっしゃってました。この時から今日は負けないぞとの思いがつのりました。

 試合レポートは後刻ということで、バックスタンドも声が出ていた。思いは一緒さね。ともかく今日勝ててよかった(当然!)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年7月16日 (土)

はずれた~

 今日は7月16日。今日は何かの日のはず。なんだろう。思い出せない。何かのチケットが販売されるはず。が、ネットで見ても、そんなものはない。何だぁ~。試しに頭を3回振ってみたがだめ。勘違いか。18日(埼スタ)、23日エコバ、30日(マンU)、8月6日(日本平)、14日(埼スタ)までは手に入っているので。まぁ、問題は無いはずだが。

 で、ホームタウン優先予約はずれました。埼スタは一般販売であわてなくても買えるけど、駒場がなぁ。また瞬殺ならぬ瞬間蒸発するんだろうなぁ。それにしても7月31日に後半戦全部売らなくたっていいだろうに。少し分割して売って欲しい。資金繰りがぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月15日 (金)

観戦の仕方いろいろ

 ずいぶん前のように思える大宮戦。おりからの雨でゴール裏の方々はいろいろ対処をされてました。

 さて、裸でも平気な北はともかく、南は家族連れのスポット。ポンチョやカッパを着用しての観戦です。
 北はもちろんバックスタンドのA席も、もはや通常の努力では座れない今。一般ピープルの家族連れとしては南しか安息の地はありません。1000円高いSBは屋根があるものの、4人家族で来れば4000円アップになるだけに、家族連れには痛い出費です。


oomiyakazoku さて、この家族。正しくポンチョを着て観戦。ポンチョだけで8000円近い出費ですね。この家族のお父さんは偉い人で、家族が座る前に、濡れた倚子を丁寧にふいてあげ、家族のポンチョの着方も指導。



oomiyaoyako この父子、カッパは着ていますが、頭にかぶるのは潔しとせず。タオルを頭に巻いての観戦です。子供もいやがらず、のりのり。お父さんはサッカーのルールや選手の説明をしていました。良い子が育ちそうです。負け試合が可愛そうでした。


aho さて最悪はこの餓鬼お方。後ろの迷惑顧みず傘を差して観戦。後ろのおじさんも最後は席を移ってしまいました。実は、最初、私はこの後ろに座ってました。試合前「試合中も傘さすのか」と聞いたら当然のように「ああ」と応えるので、腹が立ちましたが、ここでもめてもしょうがないので席を移動。きっと初めてきたんでしょう。


しかし、傘を後ろに斜めにさして後ろの席にぼたぼたと雨を落とすはいただけない。一緒に来た友人はレインコートきてましたから、個人的に鈍感なんでしょう。混んだサッカー場では傘は使えないことを理解してね。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年7月13日 (水)

昔のレッズを見てしまった

kashiwakashiwa2









柏3-0レッズ 新しいレッズを見に行ったつもりなのに、昔のレッズを見てしまった悪夢。

 パスミス、上がりのない攻撃で、決定機はほぼなし。点を取れないでいると、いつの間にかバックが下がり、オフェンスとの間の広大な空間ができ、それを攻められる。一番悔しいのは、柏に楽しいサッカーをさせてしまったこと。
 
 ひいきにしていた、三都主くんもミス連発。ライン際の地蔵となって、足下のパスをもらおうとするばかり。永井も気迫無し。とろとろと相手に詰めて行く(いつもそうだけど)。山田もぼろぼろ。都築ばかりが奮闘したが、それもかなわず。闘莉王も気迫を見せてくれたけど、それが目立つようではおかしいよな。彼がそこまでしなくてはいけないのは変だ。

 あげくにパス先を求めて右往左往。中断前の悪い癖がぞろぞろ出てくる。あたりも悪い。それから、私は西谷の何がいいのか分かりません。横山をサブにも入れず、彼を入れるのはなぜでしょう。

 ポンチ&ポンテ君が来ると分かってからぎくしゃくするレッズの皆さん。何だかなぁ。エメのことは忘れましたので、そんな視点では試合はみませんでした。気になるのは核のないレッズのふわふわした感じ。

 前回のベルディ戦以上に集まったサポーター、前回のベルディ以上に人の集まらなかった柏。
 完全レッズのホームと化した国立でこんな試合をするなんて。
 
 でも、18日の広島戦には必ず行きます。

 が、ホントは落ち込んでます。浮間赤人さんの明るいエントリーとsatiさんの冷静な眼が頼りです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新しいレッズを見に行きます

久しぶりのエントリー。昨日は忙しくてアクセスもままならず。

 さて,今日は,別に前節,前前節とスタメンは変わらないが,エメがいなくなったレッズの初試合。参戦いたします(本当は観戦です。すいません)。

 家から,雨用ポンチョ,レプリカ,双眼鏡を詰めて,会社に。旨く忍び出られるか。

 できれば酒井,横山にも出て欲しい。横山は前節の反省も含めてね。ウッチーの調子は大丈夫かな。エメのトラウマが深く残る柏は,エメおらずで,精神的には余裕があるでしょう。上り調子だし,ガンバに前節で2-0から追いついたし(でも負けた。結構,盛り上がってるんじゃないですか。ここぞとばかり出てくれば思うつぼ,達也,永井,平川で点をとりにいきましょう(と,希望)。

 柏は土屋がいないそうですから,その点どうか。前節で主税いないのに負けましたが..。

 半蔵門線で南青山,外苑前でアプローチ。夕食弁当を買っていきましょう。先勝は買い忘れて,国立内で買う羽目に。まずい飯でした。エメル丼あれば食ってやるのになぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月11日 (月)

6月21日には交渉にOKだしてた? 何だかなぁ

 RPによれば,森GMは6月21日の時点で,アル・サドにエメと交渉してよいと回答していたらしい。
 そりゃ,帰ってこないでしょ。合宿は23日からでしょ。交渉中でも合宿に出てくると思ってたんですかねぇ。罰金だとかの話も,カラ怒りのように聞こえてしまいます。まぁ,エメも何で見え透いた嘘を付くかなぁ。正々堂々とやればいいモノを。

 これが本当に事実なら,レッズは代わりの選手探しをとっくに初めてていいはず。

 個人的には,中断前のパフォーマンスを見て,エメもそろそろ場を変える時期に来たのかなとは思っていた。4年もいたわけだし,ショックはショックだが,レッズが早く新しい方向性を見いだして欲しいと思っている。

 ただ,開幕前の遅れが,実はアル・サドなどとの交渉の為だったとすれば,怒りが増してきますな。で,ぎりぎりまで交渉して,決裂し,Jリーグに戻れば,さらに値が上がると踏んでいたとかね。そうなると我々はエメの値を上げるために利用されてたことになる。職業柄(+性格)いやな事ばかり考えてしまうので,この辺で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 9日 (土)

ああ無念!

oomiyasenレッズ1-2大宮
 なぜなのか。うまく攻められ気づいた時には2点取られていた。
 パスの精度やスピードが悪いのが目に見えて分かる。パス先を探す風景がまた見られた。もっとも、中断前に戻ったわけではなく、パスや左右へボールを動かす意識はあるのだが、うまくいかない。三都主には今日もボールが供給されて、サイドからの攻めもある(定番のミスもありましたが。まぁそれはご愛敬)。なんと、ウッチーも珍しくミスをおかす。
 
 前半終了前に1点返し(これはヴェルディ戦の再現)、良い感じで後半に入ったものの、決められない。最後の15分どれだけチャンスがあったろう。大宮は続々守りを固める選手交代。ああ、エメがいれば、なんて言わない。今年のエメならやはりきめられなかったろう。横山の惜しいチャンスもあったが...。

 悔しいのは主税のいない大宮、前節ぼろぼろだった大宮に負けたこと。「窮栗鼠にレッズは噛ませない」などと書いたのに、見事やられた。


 今日は雨にもかかわらず観客の出足がよく、また5万超に。私は南のゴール裏にいたけど、子供たちが雨に打たれながら応援しているのに勝てなかったのも悔しい。

 腹たつなぁ。昨日の予測全部はずれた(泣) 鹿島も勝ちやがった。東京ダービーは引き分け。うーん。

 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

危険な男たちに注意

 いよいよ、試合当日となりました。

 さて、栗鼠さんの予想スタメンですが、主税、富田がでるでないか微妙なところ。主税をともかく、富田は公式には4週間の離脱のはず。が、暢久の例もあり、出てきたりして。って暢久は特別か。

 で、主税の膝上の調子しだいでは久永登場。こうなると、三上ともども、“危険な男たち”ラインが左サイドにできてしまう。彼ら荒っぽいので気をつけましょう。暢久、長谷部、平川を削ったら殺すぞ~。特につっこんでくる平川に大将できず後ろからというのが最悪。喧嘩の仕方をしらない餓鬼のようで、とても怖い。危険な兆候が現れたらきちんとブーイングで警告してやりましょう。

 今のレッズで一番怖いのは怪我。個人力に劣るのに気合いだけあるチームが一番やっかいだ。その点、鹿島はいいよな、自分で転ぶだけだから(^^; 試合は壊れるけど....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 8日 (金)

窮栗鼠にレッズは噛ませない

はい。いよいよ明日は栗鼠戦。あちら側では前節の試合がふがいなさすぎて,議論がまき起こってますが,是非体制を立て直してご来場下さい。一度売り切れたアウェイゴール裏もまた再発売(なぜ?)されているようです。

 さて,栗鼠君の状態がどうあれ,油断大敵,雨霰,勝って兜の緒を締めて戦いに向かいましょう。栗鼠チームでは富田と主税が出られるか,話題になっています。特に主税はゲームメイクする上で重要な選手ですから,この辺が注目ですね。

 レッズの方は,スタメン変わりようがないように思えます。前節,横山はサブにも入っていなかったですが,是非出場のチャンスを!

 栗鼠さんはヴェルディさんと違って,がちんこデフェンスで来るはず。ヴェルディ戦のように自由にボールを回したり,裏をとる戦法は取りにくそうです。しかし,基本は素早く回して,最後は個人技で勝負でしょう。あまりミドルシュートとか最後のフィニッシュの所ばかりイメージしていると点が取れない可能性も。

 引き籠もりのチームをボール回しとスピードでどう崩すかがポイントになりそうです。その意味でも両サイドと走り込みと,そこへのパスが大事。暢久,長谷部さまのご活躍が鍵になりそう。あとセットプレーも大事に。ポンチ,ポンテ両氏にも良いところを見せましょう(どちらが来るの?)。

 天気予報ではなんと夕方から弱い雨とのこと。でも,何となくではありますが,これははずれそう。

 さて,ゴールは
 達也,啓太で栗鼠さんを萎えさせ
 とどめを平川で打つ と予測。
 3-0を希望です。

 以上。
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年7月 7日 (木)

攻め手がいっぱい! ヴェルディ戦の残してくれたモノ(改)

verdyyorokobi(写真を追加しました。左は試合後の喜びの雄叫びね)
さて一晩たって,落ち着いて試合を振り返る。

 ヴェルディさん引き籠もらずありがとう。おかげで想像以上にやりたいことができました。FWと中盤のつながりもあまり良くないし,守備の方々もさしてうまくないのに上がっていく。個人力のある選手が多かった時のヴェルディと同じ芸風を継承しても,今はちょっと荷が重いようにみえました。

 話は変わりますが,生でワシントンを始めて見ました。背の高さ,頑丈さ,動きはなかなかですね。昨日はホトンドボールに触れませんでしたが。危ない人には球を渡すなは鉄則ですね。ウッチーの対応もすばらしかったですが。

 さて,昨日のレッズの攻め口のバリエーションの多さは,感動もの。少し前に期待していたことが実現して嬉しいかぎりです。

 まずは長谷部がミドル気味のシュート。啓太の変貌にずっと刺激されていた長谷場が願望を果たしましたね。負けん気の強い長谷部としては嬉しかったでしょう。啓太もちゃんと打っていたようで目出度い。最近のレッズはミドルシュートが新しい武器になりつつあります。混雑するゴール前でも打てば何かが起こる。長谷部のシュートも相手にあたって対応の難しいゴールになりました。

 2点目はセットプレーからの得点。三都主→闘莉王とわたりヘッドでゴール。相手はヘッドにも気をつけないといけなくなる。闘莉王,これで調子が出ますね。三都主も気分いいでしょう。ポストに当ててばかりいた不運をこれで吹っ飛ばして欲しい。ぎりぎり狙うより,人めがけて打つ方がやりやすいのでは?

 3点目はもセットプレーからのダイレクトシュート。セットプレーで点が取れると,苦しいときに助かります。これまでセットでなかなか点が取れなかっただけに,これも攻撃の厚みが増しそう。合宿の効果ですか?前節でもセットプレーでサインプレーをやってましたが,成果が出てきてますね。
 暢久の蹴ったボールをクリアにいったワシントン様の自爆得点でしたが,公式記録は暢久のもの。暢久,きちっといいところに球がとんでます。

 これら3点の得点は相手が守備的であっても取れた点。その意味で価値が高い。相手とすればセットプレーを気をつけなくてはいけないし,すきあらばミドルシュートをうってくるMFが3人もいる(山田,長谷部,啓太)のは脅威でしょう。

 そういえば,昨日は三都主に球が供給されて,とてもよかった。ライン際に地蔵のように立つことなくプレーしていて,個人的には嬉しいかぎりです。しかし,やはり球を奪われるシーンもありましたね。ああいうのが決定的な危機につながることが多いので,批判されるのよね。でも,これに懲りずに球を回してあげてください,レッズの皆様。平川,三都主の両サイドが上がっていくと敵には脅威です。

 後半に入ると,相手の中途半端な守備体制が得点のきっかけに。

 永井のシュートはドリブル個人技で決めた1点。「おい,いくら何でも持ちすぎでしょ」と思ったのに決めてしまった。「早く打て!」などと大声出した私としては,点が入った時にはばつが悪かったです。5~6人抜きだそうで....。

 達也の得点は,センターライン向こうにディフェンスがいないというヴェルディ様の緩さのお陰ですが。あそこにカウンターとなるパスが闘莉王から出たことがすばらしい。

 そして6点目も一種のカウンター。これはどフリー。パスを受けた平川のお得意のサイドからの走り込みシュート。達也のシュートと同じで,ヴェルディのお粗末さも目立ちました(嬉しいけど)。

 7点目は達也の粘り(すばらしい!)と暢久,平川への早いパスの成果。平川の素早いシュートも良かった。パスで左から右に振って即シュートという連携と球の動かしの勝利。

verdyshiaigaowatte ホントにバライエティに富んでました。どこかの新聞に書いてあったようですが,サッカーの教本に使えるすばらしさでした

 あっ,守備も完璧。ウッチーは昨日も凄かった。神が降りてますよ,あれは。
 しかし,

「森本の野郎、どさくさに紛れてウッチーの顔面に膝蹴り入れやがった。
殺意を覚える俺(怒)。大人なウッチーは握手で森本を許す(涙)。」(『ウラワの魂』より)

だったようで。ウッチーの治療はそれだったのか。鼻血だしてたように見えましたが。首の後ろを冷やしてました。

追記:ビデオを見直したら、闘莉王は達也の得点のカウンターの起点だけでなく、平川の2点とも起点になってました。この辺がギドに買われているんですかね。それからいまさらながら山田の変幻自在なはたらきには恐れ入りました。

 気になった事が一つ。ベルディ側のスタンドに黄色い帽子の小学生らしき集団が来てました。何なんでしょう?後半にはいなくなられましたが。中高生なら修学旅行だろうけれど...(下の写真)。

verdykodomo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴェルディ戦 チェック!

 前回こう予測しました
*************************************

今回は達也,永井,平川 の予感。

 さてみなさんはどれが見たい?

******************************************

失礼しました。
3人ともゴール。平川は2点ね。

ただ、この3人の充実度(永井の晴れ時々手抜きはおいておいて)
はすばらしかったですから、その通り点が入って嬉しい。
山田の確変は続いているようで、必殺一発。
闘莉王の得点は期待してましたが、まさかこうなるとは

永井は、あそこまで引っ張って得点するとは思いませんでした。
もっと早くシュートしなさい。

*************************************

後は総括反省。左は前回のエントリーで書いたモノ。右が結果ね。


 達也の泥臭いシュートが見たい            見た見た 
 永井のドリブルシュート(早めに打ってね)も見たい 早めには打たなかったけど見た
 長谷部,啓太のミドルシュートを見たい。       長谷部は得点。啓太は打ったか分かりません
 平川の突進シュートが見たい              2点入れました。酒井も頑張れ
 酒井の突進シュートがみたい              orz
 三都主のFKでのゴールが見たい           似たような事できましたね
 内舘の神業デフェンスがみたい             今日も完璧
 闘莉王のヘッドがみたい                 ははははっはあ!入れちゃいました
 坪井の走り勝ちデフェンスがみたい          やってました。ヴェルディのFWはなすすべなく

 横山の技ありシュートが見たい             サブにもいませんでしたね orz
 山田の怒る顔が(また)みたい             点を自分で入れても渋い顔してました
 ギドの飛び跳ねて喜ぶ姿が見たい          何度もやってました。

以上 次節も期待!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年7月 6日 (水)

わはははははは!

ヴェルディ0-7レッズ
 ただいま10時45分。帰宅いたしました。わはははははははっははは。言うことはありません。細かいことは後で。得点のたびに大騒ぎしているうちにワケが分からなくなっていました。何点入ったって?1点1点の展開覚えきれません。守備も完璧(のはず)。ワシントン君も森本君もなすすべなし。とりあえずご報告まで。イヤー行って良かった。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

MYblogおかしい

2時10分前。RHB含めMyBlog逝ってしまったようで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 5日 (火)

明日のヴェルディ戦はこれで勝つ!(改)

member050706verdy
 アルパイを見送られた皆様ご苦労様でした。駆けつけた方のフットワークと決断の早さには頭が下がります。

 アルパイとお別れをしているうちに,ヴェルディ戦はもう明日です。早い!虐殺されたチームとの戦いですが,向こうもそれなりに考えてくるでしょう。「勝って兜の緒を締めよ」の通り,油断大敵雨霰です。

 基本的に守備の意識を高め,ワシントンを絡ませたカウンターというのが基本路線でしょう。下手をすると相手がどん引きのつまらない試合になります。これをどこまで面白くするかがポイント。

 でも,布陣は新潟戦が基本でしょう。新潟戦の場合,おおかたの予想ではウッチーはサブということでしたが,出てきましたねウッチー。私の予想通り。でも堀之内が出なかったorz。最終ラインは彼がセンターだと落ち着くんだよね。案の定,休み明け1,2試合は調子のでない闘莉王くんが失点に絡んだようで(と私は見ている)。でも,ディフエンスは慣れが必要。そこで前試合と同じく内舘,闘莉王,坪井でしょう。闘莉王も落ち着くでしょう。きっと。

 MFもFWも前回のままだと思いますが,山田の調子がどうか。前の試合では交代直前,少し足を引きずっていたのが心配。連戦を考えると,長谷部の所に酒井を入れて,長谷部をトップ下にというのでどうでしょう。

 あと,三都主にみんなでパス入れてあげてね。ライン際にぼーっと立っていて,前へ走り込んでいく風情が見えないので,パスが行かないのかもしれませんが,平川ばかりでは攻めが単調になります。両サイドをうまく使って欲しい!三都主くんいつも寂しそうです。あんまり無視するとぐれちゃうよ。

 後,先行したら横山出しましょう。

 で,前回は達也,啓太,堀之内が得点と予想しました。達也のみ当たり。啓太はミドルは打ちましたがはずし,確変の暢久さまに点とられちゃいました。堀之内は出なくっちゃ点の入れようがないorz。

 今回は達也,永井,平川 の予感。

 さてみなさんはどれが見たい?

 達也の泥臭いシュートが見たい
 永井のドリブルシュート(早めに打ってね)も見たい
 長谷部,啓太のミドルシュートを見たい。
 平川の突進シュートが見たい
 酒井の突進シュートがみたい
 三都主のFKでのゴールが見たい
 内舘の神業デフェンスがみたい
 闘莉王のヘッドがみたい
 坪井の走り勝ちデフェンスがみたい

 横山の技ありシュートが見たい
 山田の怒る顔が(また)みたい
 ギドの飛び跳ねて喜ぶ姿が見たい

 
 さぁどうだ。

追記*と、書いたのですが、「レッズの練習をレポートするブログ」さんを拝見すると暢久様は、何もなかったように練習にいそしんでおられるようで。あの程度のいたみは何でもないのね。ということは新潟戦とメンバーは一緒。このようににぎにぎしくエントリーを書く必要はなかったようで。ただ、発行人様の印象では山岸出場の臭いもあるそうで。どうなるか。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年7月 4日 (月)

バリエーション増量中!--新潟戦私見3(改)

niigatashiaisyuuryou_レッズ2-1新潟
 新潟戦は、攻めのバリエーションを感じた試合でもありました(現地では良く分からなかったけれど)。達也による2点目の発端も右サイド!にいた三都主による攻めから得たコーナーキックがきっかけ。決まらなかったけれど啓太も長谷部もミドルシュート打ってるし。ウッチーもシュート打ってました。平川の怒濤のドリブル、シュートも見られました。エメル丼の呪いもこの辺から解けた感じです。

 贅沢を言えば、2点目を入れた後、猛攻で点が入りそうで入らなかったのが不満。これが入っていれば「強さ」を実感できたかも。1点目が入った後,比較的早く2点目が入ったので,スタンドの応援は大盛り上がり。それまでの鬱憤が爆発したかのような感じでした。私が今年参戦した試合の中では一番凄かった。これに応えて3点目を入れると,もう最高!というところでした。実際,そのチャンスあったわけですし。新潟の皆様は,「昨年に比べて浦和に近づいた」等と書いておられますから,そうした勘違いをさせないためにも,もう1点ほしかったですね。

 それにしても、新潟のファウルいい加減にせいや。アフターや後ろからのものが多いのが気になる。どん引きとファウルで試合してんじゃないよ。長谷部、山田,大丈夫かい。特に、山田は太もも押さえたりして,怪我したんじゃないかと怖かったす。

 それとは別に気になるのは2点入れてからの永井。なぜか急に動きがお手軽になって、ずいぶんボールを奪われてました。悪い癖です。

 それから横山、あそこはシュート打ってもいいんだよ。次に期待です。

それと、今回の試合のエントリー、皆さん写真が多いですね。どうされたんでしょう。では。また,水曜日。後で写真もくっつけて再アップします。 

| | コメント (3) | トラックバック (2)

山田予想通り確変?-新潟戦私見2

niigatashiaityuu_  さて、後半に入る前、なかなか新潟がピッチに出てきません。その間、レッズは円陣を組んでずいぶん長い間、話し込んでいました。三都主はフォーメーションの話をしているのか、しきりに手を使って説明口調。山田キャプテン様はうなずきながらも、なぜか不機嫌な顔。というかガキ大将が怒ってる顔。

 さて、後半戦が始まると、あれっ?山田が右サイド、長谷部が真ん中。あげくに山田が平川に下がってろの指示(たぶん)。見ているといきなり、長谷部から(たぶん)のパスを右サイドに走り込んだ山田が受けて、ゴールに切り込んでいこうとする。なんだったんですかね。気合い入れでしょうか。山田、右サイドやりたかったんでしょうか。

 それでも、平川、達也、長谷部、山田、啓太とパスが渡って、啓太のミドルシュートとか、三都主切れ込んで達也にパスとか、永井がゴールライン近くまで走り込んで折り返しとか、変化も出てきて楽しげに。

 FKでも、サインプレーなどしたりして、ふーんて感じです。平川の上がりも目立つようになりました。平川シュートもあったし。

 山田の得点は、ディフェンスにあたって入ったゴール。真ん中からのシュートはそれまで人にあたって跳ね返っていたのが、このときはうまく入った。右サイドから左にふって山田にパスした永井の動きも効果的だったんでしょう。ボールを動かして相手の選手を右往左往させれば、シュートは入るものと実感。

 先日「山田が確変!」ってエントリー書きましたが、その通りにゴール。そういえば、怒った顔は劇画調だった!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エメル丼で遊んだら 呪い?で苦戦

emerudon いや、皆様、エメル丼をネタに使う使う。リーグも再開で試合の話をすればよいのに、やはりそこは貧乏性。ネタに使えるものは使わまいか、ということで、私もついフラフラとやってしまいました。

 最初は、行方不明の選手のどんぶりなんてと思っていましたが、スタジアムの外で出張販売してるんだもんなぁ。売れ行きも良さそうで、「エメどうして来日しない!」の怒りの思いは脇に置いて買ってしまいましたよ。

 で、入場してゴール裏北をバックに記念撮影。選手の集合写真のシールがおまけについてました。笑えるのはエメルソンだけ写ってなくて、丸囲みの写真。そうあの写真です。あのときも遅刻ね。アルパイ写ってる写真です。orz

 その後、試食。うん、あっさりしてると啓太に同意。なんてウソ。デミグラソースが少ししつこい。まぁ、コンビニ食、これくらいのコクは必要かと。

 などと、食べ物で遊んでいたら罰が。3-0で勝つはずが、カウンター1本で前半に1点とられてしまいました。最初の15分はわくわくさせてくれたけれど、毎度の決定力のなさで得点できず。20分もそうこうしているうちに、だんだんいやな展開に。どん引きの新潟に攻め口が見つからず、球回しが始まった。orz
 
 永井の美しいスルーパスからあわや1点というケースがあったのが、逆に悪かったのか、真ん中からの攻めが多い多い(という印象が現地ではしました。ビデオで見るとそれほどでもないんだが)。無理無理の1人突破ではなく,パスで攻めていこうとはしているんだが、やはり中央は人の密度が多くてなかなかうまくいかない。もっとサイドを使ってくれ、三都主,暇そうだぞって感じ。もっと三都主使えっ。結局、エメル丼の呪い?で前半は0-1。何か、えらいフラストレーションがたまりました。
だが、後半、呪いは解けて...。

 そういえば新潟のサポ様、日曜の7時キックオフに来られる方だけあって根性ありました。いい声出てました。何か、「○○レッズ」って言ってましたけど空耳?(続く。下は試合直前のゴール裏)
niigatagoalura

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年7月 3日 (日)

さぁ、サッカーを楽しみに行こう

 いよいよJリーグ再開。妻は卓球の試合、息子は期末試験の真っ最中。1人で参戦。妻の帰りが遅いので夕飯を作って埼スタに行く予定だ。天気予報も雨から曇りへ。一時の猛暑が嘘のように涼しい。もう、ゴール裏の方々はもう動き出しておられることでしょう。
 
 アルパイ、エメ問題はあったが、レッズの選手が走り回ってくれれば、それでいい。楽しいサッカーを見に行こう。そして選手をサポートしよう。昨日は浦和動画を見て気持ちをもりあげた。ともかく頼むぜレッズ。頑張ろう俺たち。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

倒せ新潟

 さぁ今日から戦いの日が続く。勝ち点12の差を埋めるには、どの戦いも負けられない。気合いを入れていきたい。

 個人的には、酒井、内舘をみたい。予想スタメンでははずれているが、どうなのか。三都主よぬるい事をやったら怒るぜ。坪井よ、もし先発ならばたばたするなよ。

 だが一番大事なのは球離れの良いパスと前掛りの攻めがどこまでできるかだ。中盤の攻めの姿勢がどこまであるかだ。確変の山田、ミドルの啓太、絶好調の達也、心を入れ替えた永井で攻めて攻めて攻めまくれ。

 新しいレッズを見せてくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年7月 2日 (土)

山田が確変!

 GGRの再放送を見ていたら、プロローグのアニメが変わっていたのに気づいた。
 
 何と山田キャプテン様がギド監督とプレー中に衝突し、変貌、啓太のようなミドルシュートを決めてしまうというもの。しかもシュートを祝福にいったチームメイトの前で、劇画タッチに大変身してしまう。

 ウォー、これは何かの啓示か。明日は啓太、達也、堀之内のシュートを見るつもりだったが、まさか山田が....。

 で、このアニメの怖いのは、ギドとの衝突前に山田の頬で回っていたクルクルマーク(おちゃらけの象徴か)がギドの頬に移ってしまっていること。ヲヲ、采配がまずいことに....。

 ちなみにアルパイがアニメからいなくなっている(泣 まだ、引きずってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜか今頃涙

 ふらふらとブログ巡りをしていたら、URAWA MANIACのエントリーを読んでいるうちになぜか涙が。
しかもコメントに二重に同じ事を書き込んで、迷惑をかけてしまった。一晩あけた今、なぜ今頃なのか自分でも分からない。我々が失ったものは、選手であるだけでなく、レッズの大いなるサポーターだったのです。今頃、そのことに気づいての涙でした。 これでアルパイの話はもう終わりにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 1日 (金)

今日のGGRから

 横山も自分の名前のどんぶりが欲しいそうだ。横山丼かいっ。西郷丼みたいだぁ。横山愛してるぜっ!
 以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しっかりしろレッズ

さて、エメ。どうした。
 というより、エメを管理できないのはなぜなのか。
 今年、前半のレッズの不振の原因の一つはエメだろう。
 帰国、遅刻、ペナルティという無駄な繰り返しは意味がない。
 これから帰ってきても、調子が出るまで1ヶ月はかかる。
 その間が今年の優勝を左右する大事な試合が続く。
 なぜ、管理できないのか。

 特別扱いをしているうちに、エメの心にも慢心が生まれる。
 気持ちよい環境を作ることは大事だが、わがままな事を許せば
 何が起こるかわからない。
 こんな甘いことをしていると、鞠の岡田に取られるぞ。

 覚悟あるならそれでもいい。
 横山早く育てよう。ワシントンでも取る気概を出してみろ。

 言いたくはないが、今のレッズには覚悟がたりない。
 選手にではない。社長よレッズランドに浮かれている場合か。

 私は口が悪い。根性も悪い。
 言いたいことは「浮間赤人のREDS生活 」さんが言ってくれている。
 そっちをみて下さい。
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »