« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005年9月28日 (水)

夢と現実

その1

 浮間赤人さんがエメの件で正論はいてます。正しいけど,でもみたいじゃないですか,ポンテの球出しに反応する達也とエメ。結局エメの一番美しい時のイメージが脳裏によみがえってくるんだよね。でも,仮に取ってもオヤジののようにはならないんだろな。夢ばかり見ているオヤジとしては分かっちゃいるけど現実がつらい。あっ,山●のパスを受けたエメがゴールとか,藤田からパスを受けたエメがゴールとかいう悪夢は勘弁ね。

その2

 どこぞのブロガー様が,5日の臨海千葉戦のチケット再販売のお知らせが,ぴあから来たと書かれてましたが,私にも来た。来た,来た来ましたよっ。申込み〆切は明日の9時。おおっ,あきらめていた臨海に行けると一瞬,見たんですが,その日は研修!なんですか,そりゃ。休みなさいとどこかでささやく声が。うーん,しかしいろんな事情から現実的には参加しないわけに行かず(泣)

その3

 さぁて,ガンバ戦,どうやっていこうかな,1泊して神社巡りでもしようかな。なんて見てた私ですが,フト気づいたら,ガンバ戦のチケットを買っていなかった事に気づいた。まじい,まじいと押っ取り刀(若い衆,わからんでしょうこの表現)買いに行くと,ない。終わり,ございません。あっ,そうか敵は優勝する気なのね。しまた。発売中のリーグ戦のチケット,他は全部もってるのにぃ~。アホです。現実は厳し過ぎます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年9月26日 (月)

フクダアリーナ戦チケット 蒸発(ゲッターっめ!)

 ジェフ戦のフクダチケット,予想通りどうも蒸発したようで。

 私は手数料のくそ高い手数料(プレリザーブ340円,電子チケット利用料210円,チケット発券料100円)を払う覚悟で申し込んだ自由席アウェィ席(2200円)を幸い入手できました。約30%という手数料恨めしい~。

soga1  ローソンとかはどうなんでしょう。ちょっと心配です。アリーナ戦の関心事はアウェイ側にあるホーム自由席(赤マル部分)。ここに誰が来るか。

 ちなみに足利市民さんがフクダアリーナ情報をお求めでしたが,それならココでしょう。

 私の紹介記事と現地レポートもよろしかったらどうぞ。

追伸:先ほどヤフーオークションに行ったらもうウリが始まっている。権利だけのウリもぞろぞろ。このタイミングでウリに出す奴が「善良なユーザー」とは思えませんが。ヤフーはいつまで目をつむるつもりですかね。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005年9月25日 (日)

鞠戦 また やってもうた

0001  今日もメーンロアー。でも39列。場所によりますがほぼ一番後ろね。それでも全体がよく見えるので悪くはない。バックロアーに比べてやはり静か。さすがに手は打つが,声だしする人はいない。じっと試合を見て,拍手をするのみ。こんなところで声を出せない小心者の私は居ても立ってもおられず,結局,後半からゴール裏(北)へ。で,勝てずorz

 どうもゴール裏(北)に行くと勝てない私のジンクス継続中。

 雨模様の天気ながら試合前からゴール裏は元気があり気合い十分。選手入場前のコールも最近ないほど大きかったし,ビジュアルサポも美しかった。

 試合は予想外に鞠がそれほど放り込まず,パスを生かしつつサイドから攻め込んでくる。レッズはなにかFW頼みの闘い方。中盤が敵を切り崩してFWが決めるのではなく,中盤が何とかFWにパスしてさらにFWの突破に期待するという形。なかなかうまくいかない。

 パスできなければ苦し紛れのシュート。打つならもう一歩早く打たないとなぁ,という感じのシュートで得点にならない。

 なぜか真ん中から攻め込むこと多し。分厚い鞠のDF陣にことごとくはじかれる。

 後半,最後になってサイドからの攻めも見られた(ような記憶)けど決まらず。平川のつっこみが惜しかったなぁ。達也にもチャンスがあったが決めきらず。こうした試合は,個人の力で1点とって逃げ切るしかないが,それができませんでした。

 結局,印象は攻めあぐね。レッズの選手も長谷部,永井(と酒井も)が発熱,ポンテふくらはぎ痛じゃぁね,マリノスもレッズの良さをうまくつぶしてました。坪井は大丈夫ですかね。心配。ポンテも気になる。これからの9試合,コンディションに十分記を配って欲しい。季節の変わり目に風邪ひくってまずいんじゃないんでしょうか。

0003

 しかし,試合終了後,鞠サポが勝ったかのように喜んでいたのにはびっくり。レッズの邪魔してやったから嬉しかったのか。その瞬間「鞠も落ちたなぁ,さすが10位」と感じた。まぁ,10位に勝てないレッズも情けないわけですが。

 前半,メーンロアーの隣の席にいた女性の応援がはかなげだったのが印象的。胸の前で小さく手を打ち,両手を挙げるところでは,両手をちょっと前に出すだけ。そのときはちょっと指の間の手を広げる。迫力はないですが,心はこもっている感じ。ゴール裏でうるさいほど叫んでいる女性も居るけど,人により応援のしかたはいろいろだと私は思ってます。でもこんなはかなげな応援は初めてでした。

 帰宅後の鹿vsガンバ戦,夕飯を作りながら(妻会社なので自分と高校1年の息子のために作りましたです),引き分けの念を送り続けましたよ。ある意味劇的。チャンスとみると3人~4人が怒濤のごとく走り込むガンバの攻めを見て,昨年のレッズを思い出しました。そういえば,鞠戦でシュートをはじいたキーパーに誰も詰めていなかったレッズ。私は昨日それが一番悲しかった。

 さぁ,鹿,ガンバ様のお情けは大事にせねば。来週は長居で勝つぞ。

追伸:堀之内が入ると点取られないような気が。

三都主がRPで自分が生かされないと,かなり愚痴ってます。確かに,レッズって三都主を攻撃に使おうという意志が弱いよなぁ。得意でない守備やらされて,自分に球は回ってこない,結果としてライン地蔵になって,非難される。三都主がこんなに愚痴るのも珍しい。下手すると来年でていくのではと心配です。(浦和0-鞠0)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年9月23日 (金)

悔しさ忘れマジ ってことで

0004  写真は大分戦のときのもの。これっぽっちのサポに良い思いをさせてしまった悔しさは忘れませんぜ。明日はもっか10位の鞠。下位に弱いレッズですから気をつけねば。とはいえ鞠戦は特別な雰囲気があるから,タリーさんも気を抜かないと思うが。

 さて鞠は,山瀬が出てこれなそう。ブーイングの楽しみ減りましたね(もうする気もないか)。前節,カシマ並の自作自演をした松田もいませんが。代わりに河合が出てくるのでしょう。

 さて,鞠さんは今や伝統芸となったサイドからの放り込みサッカーを敢行してくるでしょう。それに加えて,最近のレッズの弱点であるゴール前へのアーリークロスをしつこくあげる,てな手が予想されます。粘着質の岡田監督だけにいやな感じ。

 ゴール前の守備はレッズも対策練習をしたのでしょうから,お手並み拝見。後はサポが後押しするだけ。

 攻撃は好調の達也への期待が大。ただ,鞠さんも徹底的に達也に張り付く選手を用意して,妨害行為に出てくるでしょう。達也以外の攻め手をどうするかチームとして意思統一が必要かと。個人的には平川を右か左サイドで使って,相手サイドに切り込みをかけていくのが希望。

 三都主でもいいんだけど(実際,広島戦の1点目のきっかけは三都主のパスだった),最近はライン際に立ってパスを待つケースが多い。今のレッズは,ボールを待って受けるのではなく,走り込みながら受ける攻撃性が欲しい。途中出場すると三都主も動きながらパスを受けて,素早くパスするんだけど,先発だとどうも張り付き気味な感じがします。よって平川希望。

 あとは前からプレスを徹底してね。鞠の縦ポン攻撃を易々とさせないためにも早めのプレッシャー(去年のレッズね)をかけて欲しい。 明日のチケットは5万以上売れているそうですが,雨との予想。そうなっても明日は熱いサポートをしたいすね。広島戦に行けなくてうずうずしていた人もいらしゃるはず。ゴール裏のボルテージも高まるでしょう。とにかくサポも選手も押して押して押しまくれ。それで負けるなら本望だ。

 うーん熱くなってます。冷静に冷静に。予想(希望ね)スタメンは以下の通り。

050924

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月19日 (月)

阿修羅のごとく

 ビデオようやく見ました。午前1時開始,3時終了。姪っ子の引っ越しで疲れていて眠かったが,寝るわけにはいかん。

 凄い試合でした。殴り合い,ジェットコースターのような試合。結果を知っていたから見られたけど,生でテレビ観戦していたら,いてもたってもいられなくて部屋の中をうろうろしてたろう。あれは現場で声を出していなければ耐えられない。

 久々の先制ゴールの興奮。追いつかれて前半終了直前の得点。昨年の新潟戦を彷彿とさせる見事なオウンゴール。堀之内の惜しいシュートを反芻している間に入ったネネの得点。そして,1分後に1点返されるふがいなさ。現場の興奮をいかばかりか。

 現地組のサポの皆様本当にありがとうございました。ビデオ見れば分かるように,ずっとレッズサポの声ばかり聞こえました。広島サポのブログでも少し話題に。

たつし’s くま・シネマ倶楽部

ごんたwithサンフレッチェ11

サントス発展途上日記

ちなみに昨日はマツダの動員があったようですね。埼スタの大宮戦でNTTの動員のようなものですか。

 夕立?も凄かった。あれをBOYSの「水撒き」だと思ってたshigezooさん。あなたの集中力は異常です。

ashura  いつも達也はそうだが,闘いの時の目が凄い。眼光鋭くというのはああいうのをいうんだろう。その達也のキレキレぶりには唖然とした。先制点,ドリブルで相手DFを翻弄するときのスピードといったら!「阿修羅のごとく」とはこのことか。似てるんだよなぁ,顔が。ああっ,良い物を見せていただきました。

 アシスト王ね。というか得点機を何度も力づくで奪ってくるそのパワーに達也の復活を感じました。

 長谷部も何度も縦に切り込んでくる。スピードもあり,何度後ろから倒されたか。

 見ましたよ!前線にパスが放り込まれた瞬間4人の選手がゴールへ一斉に走り込む“攻撃的な”レッズの姿を(泣)。昨年のレッズが目の前にいる。NHKの解説者がレッズを「攻撃的」といってましたが,最近はそうでもないんですよ。もうすこし勉強しましょう。

 タリー暢久も,相変わらず気の抜けたパスミスをするが,積極的にゴール前にボールをあげていた(ちょっと単調でしたが)。

 ネネも上がってきてましたね。ネネってあんな動きする人でしたっけ?闘莉王ばりの上がり。ちゃんと,セットプレーでも活躍したし。

 で,何で3点取られたの?最近,多いのは自陣側のサイドから放り込まれる球に味方同士が被り,その後ろを走り込んできた敵の選手にゴールされるってパターンが多いこと。セットプレーでも同じパターン。昨日も1点目がそれ。ナビスコ千葉戦もそうだった。絶対,鞠の岡田はそれを狙ってくる。

 これはDF内の瞬時の分担の問題。ボールを見ると同時に,人も見なくて自分がどこに行くか判断しないといけない。どうしたらいいか私には分からない。ギドよろしく。DF陣のメンツがいろいろ変わるので大変でしょうが。

ともかく,チャレンジャーとして生き残った。来週は鞠の岡田催眠術にかからんように,広島戦と同じく前掛りで行って欲しい。昨日の試合の気持ちを忘れないようサポートするから。来週の埼スタは凄いことになるぞ。達也,永井,ポンテ,長谷部たのむぜ。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年9月18日 (日)

大宮-千葉戦で思った

oomiyahata  広島遠征の皆様の報告が立ち上がる前の隙に与太話を。

 実は土曜日,広島にいけない憂さ晴らしに大宮-千葉戦を見に行きました。大原Gに行った後,昼食もそこそこに,大宮公園へ。チケットはカテ4しか残っておらず,どちらかのゴール裏に行くことに。さすがに千葉の裏には行けず,大宮の裏へ。

oomiyabaiten  この試合は久々の動員で,見た目は満席。ゴール裏はなだらかな傾斜の立ち席。下手をすると手前のゴールが見えないくらいの傾斜です。売店は大宮グッズの店と売店1店のみ。その店も菓子,フランクフルト,焼きそば,ビール,ソフトドリンクしか売っていません。ビールも缶ビールね。客が殺到して,店のおばさん,親父さんもてんてこ舞い。

 ビールなんざ,カシマスタジアムのようにどばどば注ぐから泡だらけ。ビールを冷やすのも氷です。それでも昼食を食べ損ねた私はフランクフルトを2本も買ってしまいました。

 さて,試合。結果は千葉の0-1で勝ち。試合の印象はどっちもどっちねという感じ。千葉もレッズ戦の時のような動きがありません。で,気になったのはサポ。ゴール裏というのにほとんどが地蔵。手さえたたかない人もいる。

oomiyari-da-  子供連れ,初めてサッカーを見に来たようなおばさん,おじさんも結構多い。サポがこれから増えていく過程なんでしょうからしょうがないと言えばしょうがない。レッズにもそうした初心者は当然来るでしょうが,ゴール裏のサポの量と迫力に合わせているうちに声が出てくる(でないでただの観客になる人も多くいるでしょうが)。

 だが,大宮では残念ながらコアサポがまだ少なすぎ。写真のような阿修羅のごときコールリーダーはおられますが,これにも反応が鈍い。とはいえ,試合中「アルディージャ」と声だしを続けていた4歳くらいの女の子もいましたが。

oomiyarisu  そういう意味ではレッズは幸せです。某ブログで,かつて地蔵していたら後ろから蹴られたという話が書かれていましたが,善し悪しは別としてこれも伝統。

 しかし,ピッチと選手の距離の近さは感動もの。栗鼠君もゴール裏に上がってくる親密感。凄い。狭いスタジアムの良さはあります。早く熱くなって下さい。レッズは6万以上入れる器の中でいかに熱いサポを増やせるか頑張りますから(と,偉そうなことは言えないが)。

 広島戦,ようやく最初の5分見ました。サポの声に涙が出ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三都主は?

0001

0002

 昨日,大原に行ってきました。相変わらず和気あいあいとやってます。もうちょっと緊張感あってもいいかなぁと思う親父でしたが,これも今のレッズの味ということで。相変わらず達也は奇声をあげてたし,暢久はミニゲームでキーパー役でタリーしてるし。

 昨日は闘莉王がおもちゃにされてました。きになるのは三都主が途中で消えたこと。赤ちゃん孝行ですかね。平川先発も良いかも。後半,スーパーサブで三都主という手もありますから。

 ともかく,広島に行かれるサポ様,よろしく御願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月17日 (土)

千葉犬フクダアリーナ戦 チケット予約始まる

 11月23日の祝日。フクダアリーナで開催される千葉犬戦の先行予約が始まっている。ぴあで申し込んだ。あたるかどうか分からんが,とりあえずアウェイ自由席を指定。

 しかし,しつこいようだけど,浦和戦でアウェイゴール裏の半分をホーム自由席として売るというのはどういう神経なんざんしょ。俺は知らんぞ。ホーム自由席を買うレッズサポが大量発生したらどうするつもり?ホームゴール裏にレッズサポ入れるの?もう知りません。

 一般販売は26日からです。

area_soga

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月16日 (金)

ポンテ ポンテ ポンテよ

 昨日,会社からの帰路,携帯でRedsPress見て思わず「おいっ,ポンテがか」と声を出してしまったオヤジです。最高裁の衛視が不思議そうに私を見ていました。

 大丈夫かい。ふくらはぎ。おまえなしでは広島戦が不安だ。復活して出られることを祈るばかり。今日の練習のレポートが気になる。頼むぜポンテ。暑い夏はもう終わった(と思う)からさ。

追伸:ああっ,今日の練習は非公開ね。明日,大原でもいってみるか。広島行けない罪滅ぼしにならないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月15日 (木)

プレ 禁断症状

 元気が出ないのはなぜだ。分かっているくせに。次の3連休,レッズを生で見られない。なんかからだが震える。こんなことなら「愛妻」の言うことを効かずに振り切って家を出るべきだったかな。しかし,そんなことをしたらもう今年はレッズ戦行けなくなる。恐妻家?いえいえ愛妻家です。

 広島行きの行き方が色々なブログで書かれてますね。バスや新幹線や航空機。クルマの人はおられるんでしょうか。ああ,いましたねぇ。アウェイといえば抱き合わせの神社巡り,城巡り,ラーメン巡りが楽しいです。

 さて,後半戦の出欠表を作ってみると


○07/06(水)19:00 東京V:国立:○参戦
○07/09(土)19:00 大宮:埼スタ:○参戦
○07/13(水)19:00 柏:国立:○参戦
○07/18(月)19:00 広島:埼スタ :○参戦
○07/23(土)19:00 清水:エコパ:○参戦
☆07/30(土)19:00 マンU:埼スタ :○参戦
◎08/06(土)19:00 清水:日本平:○参戦
◎08/13(土)19:00 清水:埼スタ:○参戦
○08/20(土)18:00 FC東京:埼スタ:参戦
○08/24(水)19:00 神戸:駒場:×参戦できず
○08/27(土)19:00 名古屋:瑞穂:○参戦                             ◎08/31(水)19:00:千葉戦:駒場:○参戦
○09/03(土)19:00 鹿島:カシマ :○参戦
○09/10(土)16:00 大分:埼スタ :○参戦

○リーグ戦◎ナビスコ杯☆その他

てな具合。平日の駒場の神戸戦を休んだだけですから

当初の予想より頑張った感じ。

でも,これからが大変そう。

○09/18(日)15:00 広島:広島ビッグアーチ :×だめです
○09/24(土)15:00 横浜FM:埼スタ:○参戦
○10/02(日)15:00 C大阪:長居スタジアム:△行けるか。資金がぁ
◎10/05(水)19:00 千葉:市川臨海 チケット取り損ね。行こうとの決断が遅かった
○10/15(土)15:30 柏:駒場 :△チケットゲッターに負けました。再販売を祈る
○10/22(土)15:00 大宮:埼スタ :○参戦
○10/29(土)15:30 川崎:埼スタ:○参戦
◎11/05(土)--:-- ナビスコ杯・決勝:◎むろん参戦
○11/12(土)16:00 G大阪:万博記念競技場 :△参戦したい。泊まりたい。金が~
○11/20(日)14:00 東京V:埼スタ:○参戦
○11/23(水)15:00 ジェフ:千葉市蘇我競技場 :△行きたい。チケット取れるか
○11/26(土)15:00 磐田:埼スタ:○参戦
○12/03(土)14:00 新潟:新潟スタジアム :○参戦 

○リーグ戦◎ナビスコ杯☆その他

てな具合。ちょっとアホかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月14日 (水)

広島戦 参戦どうする?

 週も半ば,皆様いかがお過ごしでしょうか。18日に迫った広島戦,混戦から抜け出しチャレンジャーになるために負けられない試合です。そろそろ,参戦される方の行き方,タイムスケジュールがブログ上で散見されるようになりました。あれって,参考になります。みなさんのノウハウをどんどん上げていただきたいです。

 が,私,私事に付き参戦できませぬ。私事って何? それは姪っ子の引っ越し手伝い。妻の兄の娘さん,ということで「愛妻」より強い指導お願いが来たため泣く泣く快く引き受けました。

 いや,手伝いが嫌なわけではありません。横浜市都筑区から埼玉県鶴ヶ島方面への移動(なんで,不便なところに引っ越すかは説明しません。面倒くさいから。また,近々ひっこすのですが...)。運転好きの私としては嫌などころかウエルカム。どんな道を走ろうかと今からウキウキ(あほです)。若い女の子(21歳)とも話せるし..。

 実は,軍資金的にも厳しい,大阪でまだ2試合あるので,うーんという感じです。
 
 広島遠征の皆様よろしゅうお願いします。そういえばBSの中継も生では見られないので,情報遮断に注意しなくては...。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月13日 (火)

おお!瞬間蒸発

                                                             chibafukuda   











 本日,フクダアリーナ(蘇我スタ)の鞠戦チケットの発売日でしたが,一瞬で蒸発したようで。ただし,神戸戦,ジュビロ戦はまだ買えます。思うにこけら落としにしか関心がないのかな。それともレッズが試合のない日だから,赤い人か買いにいってるんですか?まぁ,それはないか(私はその一人ですが。残念orz 買いに行きましたが,根性たりんでした。ローソンで残ってるかもですね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月11日 (日)

24時間失神から復活

ooitatuki   24時間以上たってようやくパソコンに向かう事ができるまで復帰した見沼鰐です。ちょうどプチ家出ね。もう赤いものが見たくなくなって,考えたく無くなって。いかんよね,これじゃサポーターじゃなくて,サポートされる側だわ。

 試合が終わって,ほとんどの人がいなくなるまでスタジアムにいました。頭の中でぐるぐると同じことが巡ってました。

「試合に何で引いてから入ったんだよぉ」「5バックになってたよなぁ。暢久」「大分のバックスがセンターライン付近まで上がってきてたなぁ」「三都主が孤立して地蔵になっちゃったよぉ」。これって,試合前に書いていた希望とは真逆のことばかり。「なんでだ」としか思えない。

 指定席のチケットを持っていたけど,なぜかゴール裏に引き寄せられて声を出していた。指定席券があるのにゴール裏に行くとろくなことがない,というのが私のジンクスなんだけど,昨日はさすがに大分ごとき相手に何が起きてもたいしたことはないと高をくくっていた。

ooita  シャッチョも余計なことを言うもんだ。どう転ぼうと,1試合1試合,サポートしに行くのがサポの神髄。1試合1試合楽しみにしてまっせ。これから来るサポとの試合はボルテージが高くていいや。

 だけど「前半寝る」なよ,「俺たちは強い」なんて思うなよ。チャレンジャーとして良い試合をしてくれ。頼む。

 でも,来週は行けない。が,長居は行かねば。新潟戦もチケット買います。後は,購入済み。蘇我スタ(フクスタ)も是非参戦したい。チケット争奪がまたすごいことになりそうだが。ゲッター消えろ。

ジェフユナイテッド千葉ホームゲーム J1リーグ戦 フクダアリーナ(蘇我) 一般チケット販売は9月26日(月)です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年9月 9日 (金)

大分戦 先攻部隊予測

 さぁ,明日の大分戦。闘莉王,堀之内が黄色のカードを長田丈二(うーん,千葉戦と混同してしまった。お恥ずかしい話で。お詫びして訂正します。妖星さんに指摘されてしまいましたよ)に打ち込まれて出場不能。バックスのスタメンが話題です。

 図ったかのようにネネの復活説が出ています。一方,も先発のチャンスに気合いが入っているようです。

 両者の体調次第だと思いますが,経験値から見ればネネがでてくるのでしょう。ただネネも90分やれる保証はないので南が途中交代して出てくる可能性もあります。

 実は4バックも考えましたが,そのときは山田が下がり気味に入るんでしょう。

 で,DFは左から 坪井,内舘,ネネ ね。

 MFは三都主を頭から出すかどうかでしょう。最近は途中出場の方がいい結果を残してますが,ギドの信頼から見れば体調さえ十分なら,やはり三都主でしょう。

 もう一つの不確定要素は暢久。格下相手だと,分かっちゃいるんだろうけど体が“タリー”と言ってしまいます。うまいんだけどなぁ。あの身長でハイボールも競り負けないし。しかし,前回のエントリーで攻めの姿勢をと書いた私としては,ここは平川を提案したい。予測としては暢久だけど.....。平川は走るだけ走ったら,暢久と交代ということで。それまでに先制していれば言うことなし。

 で,MFは左から三都主,長谷部,啓太,平川。トップ下はもちろんポンテ

 FWは永井の熱の具合ですね。インタビューでは「強い気持ちが大事」,なんて似合わないことを言ってますが,やはり少し割り引く必要はありそう。個人的には明日は攻撃的に行って欲しいので,エスクデロとか横山に出て欲しいが(どうしてるのか横山),結局,総合力では永井しかいない。守備しなくていいから,前にはって,良いパスもらってください。永井がキレていればそれでよし。だめなら岡野で。ベイビーゴール期待してます。

 ということで達也,永井がFW

 で,サブは山岸,岡野,暢久,酒井,南というところでしょう。

 どうですかね。とにかく明日は絶対に負けられない試合ですから。

 それからチケット販売数が少ないようですが,明日は達也とポンテ,永井の絶妙なコンビネーションが見られる上,平川と三都主の切り裂きが見られますよ。久ぶりにネネも拝める。そうだ,ネネのセットプレーからのゴールを期待しましょう。

sattiさんも予測を上げてます。暢久のところが違いますね。sattiさんの方がまっとうです。

しかし,大分にはトゥーリオとエジミウソンがいるのね。紛らわしい。新潟と浦和から来られた方ですか?

        達也   永井

           ポンテ

    三都主  啓太 長谷部 平川

    ネネ     内舘     坪井

           都築

後,根拠はないが 審判は家本と予測。これに耐える力が必要。家本の名前を聞くだけで緊張感が高まってきたぞ。

ジェフユナイテッド千葉ホームゲーム J1リーグ戦 フクダアリーナ(蘇我) 一般チケット販売は9月26日(月)です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大分戦  同じ過ちは許されない

 早くも明日は大分戦。本来なら,鎧袖一触(最初にエントリー上げたときには間違っていました恥ずかしい)してしまうべき相手ですが,今年の(いつもの)レッズは,良い試合をした後の格下チームに苦戦,いや負けているという情けない状態。

 さすがに,今度は気合いを入れていくとの談話が選手から出ていますが,これもいつものこと。そう言っていてやる気が見えなかったりする。しかし,今度は負けたら本当にやばい。

 大分は天候も経営状態も大変な状態にありますが,しゃむすか新監督が「お前らは頑張ればできるんだ,いけっ~」てな具合で元気。なんか永井にもかけて欲しい言葉だったりして。

 ともかく大分は超攻撃的なようで,これを最近のレッズの合い言葉のようになっている「引いて受ける」なんて言ってたら危ない。確実にナビスコ犬戦,神戸戦,柏戦,大宮戦のようになっちゃうよ。

 もともと引いて受ける目的は前線と中盤をコンパクトにすることにあるハズ。高い位置で相手をつぶしていく浦和の芸風が度を過ぎて,中盤と前線の間にスペースができてしまうのを避けるためだったはず。

 ところが最近は引いて受けていたら,がんがん押し込まれ,かつサイドから自由にクロスやパスを打たれ,あっけなく点を取られる,というパターンが多い。

 そうこうしているうちに中盤がDFに吸収されてしまう。犬戦でも5バックになってたよなぁ。鹿戦でさえ前半はその風があった。相手がひいてなかなか出てこないならまだしも,攻撃的になっているときに「受けて立ってちゃ」まずいでしょう。

 しかも次節のDFは互いに慣れない相手との組み合わせ,ポジションになることは必至。相手の攻撃に混乱する中盤にDFが巻き込まれると危ない。

 で,結局,相手をなめてかからず前がかりでガチンコでぶつかって,相手の攻撃を早い段階でつぶす,という昨年のレッズの姿勢で行って欲しいなぁ。長谷部も言っていたけど,これって気持ちの問題でもあるので,そうした気持ちでかかっていって欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 6日 (火)

鹿国遠征記(食料事情編)改

 親父になると,筋肉痛が1日以上立ってから出てくる。同じように,月曜になってのどが痛くなった(爆)。

shikagurumenokomichi  今回はカシマに行ったことのない方へ食料事情のご紹介。スタッフの運営も警備員もアホなカシマの中で,唯一まともなのが食料事情。A,B駐車場側からスタジアムにアプローチした場合,出くわすのが10軒ほどの屋台村。スタジアム前の「スタジアム前」交差点にあります。ぴしぱしさんの命名によれば「グルメの小径」ね。

 早くスタジアムに着くために昼飯を抜いていたので,「欠食児童」(若い衆に分かるかな~)のごとく,屋台村に突入...。が,3時45分ではもう遅かった。評判のモツ煮は売り切れ,生ビールも売りきれ。「今,新しいの取りに行ってます」状態。

 「わーん」と泣く訳にもいかず,とりあえず焼きそばぬるい缶ビールを食す私。一気に食料を流し込み一心地ついた目に映ったのは,実篤そうなおやじが,生ビールを売っている姿。一生懸命にビールを注ぐ姿が天使に見えましたよ。即,生ビールたこ焼きを注文。ぐびぐび,ふ~。

 さて,遅い昼飯をすませ,スタジアム周辺をうろうろ。おっ,見つけましたよ岩手ナンバーのバス。きっと"満男クラブ"の面々でしょう。ご苦労様。でも,スタジアム前交差点でバスを止めて客を降ろそうというのは無謀ね。警官のご指導を受けて立ち去りました。

shikagyuukushiyaki   さて,スタジアム内はこれまた食品展のような様相。ゴール裏は2店ほどしかお店がないのに,バックスタンド裏はともかく充実。各地域の協同組合,商店会が競い合うように店を出しています。 自然薯とろろごはん奥久慈しゃも焼き常陸牛焼き豚焼き豚汁煮込みタコス....。ああっ。美味そうだ。かき氷もあります。もちろん枝豆,鳥の唐揚げ,サンドイッチなどの定番もあり。

shikasawa 生ビールは800円と600円。売れまくって,売店の親父さん舞い上がり気味。ビールをジュースのように注ぐから,ビールが泡だらけですぜ。  しかし「おがサワー」とか「本山サワー」「がんちゃんサワー」「新井場サワー」とかやめて欲しい。変な味がしそうです。もっと恐ろしいのは「BLUES隆行」。ブルーハワイだそうで。飲んだら....。だれも触っていないのにすぐ倒れそうです。

shikasyoukonnn  あげくに,アントラーズオフィシャルショップまで,売店にしてしまう鹿島商魂には頭が下がります。

shikakonnzatsu  浦和戦では混雑しすぎで鹿サポも迷惑顔。「キュウリ冷やしトマト買うのに並んだ」と愚痴る鹿サポブログもありましたっけ。そんなもん売ってるんですか。はぁ。

shikanikomi まぁともかく,カシマの食料事情は良好。が,危険なのはこれにかまけて闘争心を失う事です(ゴール裏は店が少ないのでそんなことにはならないでしょうが)。清水のパルちゃん並みの兵器です。

ジェフユナイテッド千葉ホームゲーム J1リーグ戦 フクダアリーナ(蘇我) 一般チケット販売は9月26日(月)です。

 

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月 4日 (日)

鹿国遠征記(サポート編)

shika  最後の20分間,燃え上がったサポートの凄まじさは半端ではありませんでした。一方,テレビではなかなか写りませんでしたが,試合開始前のパフォーマンスも圧巻でした。アウエィであのサポートができることに改めて感動しました。

shikareds1  写真で見ても凄いが,現場であれをみた時は思わず鳥肌が立ちました。デカユニもそうですが,一瞬でゴール裏が3色に彩られた凄さ。そんな準備していたようには見えなかったのに。いつ,どうやたんでしょう。

shikareds2  ともかくゴール裏のサポの心意気を感じられただけでも,来た甲斐があったというものです。ゴール裏の皆様,すばらしかったです。おかげで,バックのサポも最初から声が出てました。試合前にもらった感動とゴール裏の心意気がエネルギーをくれたんだと思います。

shikakamifubuki  しかし,鹿サポは相変わらずものを考えないアホ。試合前の応援で紙吹雪を蒔き,それが大量にピッチに入る。おいおい。レッズが攻める時の邪魔になるだろうよ。これもアウェイの仕打ち?ハーフタイムにはスタッフがきれいに取り除き,鹿の攻撃には差し障りなし。そこまで考えていたら凄いが。

 昨日は,開場前からボルテージが上がってました。3時40分,スタジアム近くの民間駐車場(1000円)に着いた時に,スタジアムの方から「WE ARE REDS!」の咆哮が響きました。それが何度も。

 スタジアム前では,サッカーボールのモニュメントの上に登って「WE ARE REDS!」と叫ぶ親父も出る状況。

 しかし,ゾーン指定側は開いているのに,開門時間になってもゴール裏の門が開かない。スタッフはばたばたしているだけで,何もしない。アウエィの仕打ちですか?

 私の座ったバックスタンド2階席ではセンターラインあたりまでレッズサポばかり。遅れてきた鹿サポがビックリしたように通り過ぎる様が愉快でした。試合前のコールで回りが声を出すレッズサポばかりと改めて気づいて席を移る鹿サポ家族もいました。

 隣に座った2人連れおばさんはなかなかの通。サポの声だしと,丈二への鋭い教育的指導も凄かった。でも,席を移るために目の前を通りすぎる鹿サポの子供に向けて,「WE ARE REDS!」と叫ぶのはやり過ぎですよ(笑)

 後半15分間+ロスタイムのサポートは今年一番の勢いでした。親父は何回「達也~,行けっ,行けっ」と叫んだことか。点が入った時の熱狂もまた凄かった。あの興奮,点が入った時のハイタッチの嵐。

 後一歩で逆転できました。でもできなかった。ああっ,平川のシュートが..。もう一歩,後一歩,悔しい。しかし,試合後のサポの顔は晴れやかでした。レッズの選手に感謝します。そしてゴール裏にも。

「WE ARE REDS!」

追記:闘莉王が退場になった時点でも,なぜか昨日は負ける気がしなかった。なぜ?やはりゴール裏の力なのか

 
 

| | コメント (6) | トラックバック (1)

丈二ショウですか

 12時40分,車で自宅に到着。カシマスタジアムから離れるのにやはり時間がかかってしまいました。サポは素晴らしかった。後半の10分はスタジアム全体がレッズサポの声でふるえてた。よく追いつきました。

 で,いろいろ書く気力はないので,まずは毒だけ吐いておきます。

 審判が目立ってどうする,雰囲気に飲まれてどうする。カードで試合をコントロールしてどうする。なぜ,流すべきところで流さない。目の付け所が悪すぎる。視野が狭い。見逃しが多すぎる。そして自尊心だけが強い。

 鹿戦を前に,鹿組の演技と審判の質の悪さを恐れていたが,恐れていた通りになってしまった。選手がエキサイトして試合が危険なプレーが続出し,試合が荒れているならともかく,自らの不手際で選手を熱くさせて,抗議にカードを出し,試合を壊していく審判の存在。結局,開幕戦に続いて審判が主人公の試合を見せられました。そんなもんを見にいったわけじゃ無いぞ。

 ただし,闘莉王は論外。チームメイトに羽交い締めにされるようなことをするな。選手が試合を壊してどうする。長谷部も審判のアホさが見えすぎるのだろうけど,アピールをしても,あのレベルの審判は過剰反応するだけなんだから,そこはぐっと押さえた表現でアピールしようよ。

 まぁ毒はここまで。今日は2B(バックスタンド2階)でしたが,私の周りは皆声が出ていて,凄かった。後半の15分+ロスタイムは本当に凄かった。逆転もあり得たプレーに拍手したいです(でも,達也は最後までいてほしかったなぁ)。あのまま,負けていたら,丈二のことがいつまでも頭の中をぐるぐる回って,また気を失っていたでしょう。

 次節,堀之内,闘莉王出れませんね。DFどうする。あっ,ネネが復活?コンビネーションが怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 3日 (土)

いよいよ決戦!軍手も必要?

 本日の予定。5時起床。子供の弁当作り。6時,子供と朝食。6時半,子供学校へ。7時夕食作り開始。掃除,選択。10時,近所のスーパーへ買い物。11時自宅出発。

さぁ行くぞー!

さて,浦和御殿さんのブログで

 明日の試合では、ポンテも必要だが軍手も必要だとのお触れあり。

とのこと。持参しますが....。間に合うのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 2日 (金)

いよいよ鹿戦 サッカーの試合をして欲しい(追補)

 さて,明日は鹿戦。願わくば,サッカーの試合をして欲しい。開幕戦は鹿劇場と化し,サッカーではなく師匠主演,鹿組助演の三文劇を見せられてしまいました。こんどこそ,普通のサッカーが見たい。バレーボールも陥没骨折が起きるような格闘技も見たくない。
 
 審判の独演会も見たくない。普通にサッカーできるようにしてください。鹿サポが何をしようが試合を中断させるようなことで無ければ結構です。ただし,こっちに来るなよ。

 さて,明日のスタメンですが結構悩ましい。選手の体調次第です。

   達也  永井
三都主 ポンテ 平川
  啓太   長谷部
坪井 闘莉王 堀之内
    都築

でいかがでしょう。平川のところが問題。攻撃的に行くのか,様子を見るのかで変わる。
暢久の疲れもどうなのか。
三都主は,犬戦の後半のプレーを期待。サブのFWが心許ない。エスクデロ,岡野ですか。
それと,最近,酒井を見ないが大丈夫なんでしょうか。

明日は,クルマで昼前には沼から出て,鹿島へ向かいます。国譲りを迫った神,武甕槌神をまつる鹿島神宮は出雲系の氷川神社の天敵。うち破らなくてはなりません(あっ,これ大宮の話ね,ま,いいか)。

明日は試合前のヒートアップが予想されますが,ゆめゆめチームに迷惑がかかる事だけは避けましょう。
それでは,また明日(まだ早いか,もう1回上げるかもしれませんが,それでは)。

そういえば,某選手に本日お子さまが生まれたそうで。明日は頑張って欲しいです(言ってよいものか,取り敢えず自重)

050903懐かしい作戦板使ってみました。

サッカーボールがポンテと思ってください(笑) 

                                                 追記:ということでオフィシャルにも出ました岡野~。お目でとさん。ご誕生は午前10時53分らしいす。明日は祝砲をチームメイトが打ってくれることを祈ります(本人でも可)。

追記2sattiさんのスタメン予想上がりました。と思ったら工事中?うん?調べてみます(なぜか見られなかったんですよね)。結論,同じでした。

 

追記3:クルヴァからのメッセージをここに転載させていただきます。
------------------------------------------------------------------------

明日は皆で力合わせ勝利を勝ち取りましょう。
カシマを真の赤で染める為にも
ユニ、Tシャツ、フラッグ何でも良いので赤い物を身につけ乗り込もう。

大切なのは勝つ事です。
その為に何が出来るか考え、去年以上の良い物を作り必ず勝利しましょう。

------------------------------------------------------------------------
(BLOG・サイト等お持ちの方は、多くの方にこの主旨を広めてください)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

犬戦に考える

chibasenn
 さて,試合のことはもう書きましたので,とりあえず,周辺事情を。

 この試合,完売したとアナウンスされたのに,ふたを開けるとチケット大あまり。それに気づいたブロガーの方々が警鐘をならし,結局,ずいぶん売れたようです。とはいえ,満席とは行かず1万7000人台。結果としてはそこそこの入りまでこぎ着けました。千葉犬サポも栗鼠とは違ってそれなりに集客。形になっています。 
 
 さて,私は,この試合のチケット発売日に購入の努力はしたものの,一瞬でチケットは蒸発。仕方がないので,レッズつながりの方からチケットを入手しました。が,その席はS席。メインのど真ん中。初めてそんな席に座って少し緊張しました。

 しかし,未だもって腹が立つ,大入り満員をオフィシャルサイトが宣言し,宣伝し続けたのに(事実チケットが買えないのに),試合日2日前になって突如チケットが出てくる。どうにかして欲しいものだ。

 とはいえ,S席,おかげで試合前の素晴らしきシーンを正面から見られました(写真)。(追記:後で気づきましたが,写真を見ると,三都主と闘莉王がメインに背を向けて見入っているのが分かります)

 審判問題はこれを機に問題にした方が良い。アホ審判のせいで,苦労して手に入れたチケット,苦労してたどり着いたスタジアムまでの努力を一瞬のうちに破壊されてしまう。彼らは分かっているのだろうか,サポがどんなに苦労してスタジアムに来ているかを。

 そして,新聞はなぜ審判を批判しない。特等席でみているんだろう。なぜなのか。取材ができなくなるからか。批判にさらされない審判の技術が向上するとは思えない。

 ジャッジは神聖,選手の抗議ははねつければ良い。だが,その判断を担保するために第三者としてのメディアの責任は重い。「巻,ジーコにアピール」なんて記事しか書かない記者とデスクはサッカーを食い物にしているだけだ。犬飼社長の「このままでは興業としてなりたたぬ」というのは至極もっともだ。

 トミーは全治3週間だそうです。フェイスマスクを付けて10月に復帰ですか?

chiba2

 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 1日 (木)

手巻き&頬骨陥没

 しかし,困ったゲームでした。選手入場時のだん幕に感動したのに,開始1分であれですか。現地では,レッズの選手一丸となった猛抗議(あんなの初めて見ました)しか分からず仕舞い。後ろの観客が「バレーじゃねぇんだよ」の声でおぼろげながらハンドと認識。巻も何も無かったように喜んでいたけど,ダークサイドに落ちませんか?

 しかしFKを与えた闘莉王が少し興奮していて,千葉の選手がキックした瞬間はまだ後ろを向いて味方の選手に指示を与えてましたね。後ろの席の兄ちゃんが「集中!集中」と何度も叫んでましたが,声は届かなかったようで。あの辺の集中のなさと,敵選手へのもう一歩の詰めの甘さが勝てなかった理由かもしれません。

 2点目は敵クロスへの詰めが甘くフリーで蹴らせてしまったし,3点目はカウンターに対応できなかったです。疲労のせいかもしれませんが,もしそうなら中2日の鹿戦が少し心配。鹿戦では堀之内の先発希望。このところ残念ながらウッチーより堀之内の方が良い結果がでてます。

 トミーの件も,ゴール前のいざこざが良く分からず,頬を押さえたトミーが勝手にピッチから出ていったのに唖然。レッドカードをもらったかと思いましたよ。しかし「日々“赤”探求」さんのところで紹介していた「中坊コラム」を読んで納得。しかし頬骨骨折,顔面陥没とは...。それでも切れる元気のあるトミー,恐るべし。

 救いは達也のキレキレぶり。速さが違う,裏に切れ込むタイミングも違う。早くポンテとよいコンビネーションがとれるようになることを祈ります。明後日の鹿戦も期待。千葉犬戦ではぎゃふんと言わせてください(表現が古い)。ただ,ポンテの疲れはどうかな。心配。

 しかし,千葉犬はあんなにばたばた倒れるチームでしたかね。残り時間わずか,1点差というならまだしも,2点差,時間十分でも,倒れる倒れる。決して嫌いなチームではなかったけれど,チームの意志で倒れているのを見ると幻滅。巻と同じくチームもダークサイドに落ちますか?

 さて,明後日となった鹿戦,まだ2B,2Mの席はまだあまりがあるようです。行けるかたは参戦してサポートしましょう。私も参ります。

 
 
 

| | コメント (3) | トラックバック (2)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »