« いざ 出陣 南無八幡大菩薩 | トップページ | 犬戦に考える »

2005年9月 1日 (木)

手巻き&頬骨陥没

 しかし,困ったゲームでした。選手入場時のだん幕に感動したのに,開始1分であれですか。現地では,レッズの選手一丸となった猛抗議(あんなの初めて見ました)しか分からず仕舞い。後ろの観客が「バレーじゃねぇんだよ」の声でおぼろげながらハンドと認識。巻も何も無かったように喜んでいたけど,ダークサイドに落ちませんか?

 しかしFKを与えた闘莉王が少し興奮していて,千葉の選手がキックした瞬間はまだ後ろを向いて味方の選手に指示を与えてましたね。後ろの席の兄ちゃんが「集中!集中」と何度も叫んでましたが,声は届かなかったようで。あの辺の集中のなさと,敵選手へのもう一歩の詰めの甘さが勝てなかった理由かもしれません。

 2点目は敵クロスへの詰めが甘くフリーで蹴らせてしまったし,3点目はカウンターに対応できなかったです。疲労のせいかもしれませんが,もしそうなら中2日の鹿戦が少し心配。鹿戦では堀之内の先発希望。このところ残念ながらウッチーより堀之内の方が良い結果がでてます。

 トミーの件も,ゴール前のいざこざが良く分からず,頬を押さえたトミーが勝手にピッチから出ていったのに唖然。レッドカードをもらったかと思いましたよ。しかし「日々“赤”探求」さんのところで紹介していた「中坊コラム」を読んで納得。しかし頬骨骨折,顔面陥没とは...。それでも切れる元気のあるトミー,恐るべし。

 救いは達也のキレキレぶり。速さが違う,裏に切れ込むタイミングも違う。早くポンテとよいコンビネーションがとれるようになることを祈ります。明後日の鹿戦も期待。千葉犬戦ではぎゃふんと言わせてください(表現が古い)。ただ,ポンテの疲れはどうかな。心配。

 しかし,千葉犬はあんなにばたばた倒れるチームでしたかね。残り時間わずか,1点差というならまだしも,2点差,時間十分でも,倒れる倒れる。決して嫌いなチームではなかったけれど,チームの意志で倒れているのを見ると幻滅。巻と同じくチームもダークサイドに落ちますか?

 さて,明後日となった鹿戦,まだ2B,2Mの席はまだあまりがあるようです。行けるかたは参戦してサポートしましょう。私も参ります。

 
 
 

|

« いざ 出陣 南無八幡大菩薩 | トップページ | 犬戦に考える »

ナビスコ戦」カテゴリの記事

コメント

僕も中坊コラム読みました。
生き物として、トミーに惚れ直しました。

投稿: 浮間赤人 | 2005年9月 1日 (木) 23:48

こんにちは。
この前はコメントありがとうございました!

昨日のマリッチは遠くでよくわからず退場したかと思いました。
怪我心配です。
達也の動きは本当に良かったですね!
鹿島戦ではゴールしてもらいたい!

またよかったらコメントお願いします!

投稿: ちぃ | 2005年9月 1日 (木) 23:03

こんばんは。TBどうもありがとうございます。
昨日は西にいましたが、ゴール前で倒れて
たトミーが立ち上がって、ジェフの選手に詰め
寄る…何が起こっているのかまったくわから
なかったのですが、びっくりしました。

鹿島戦はバスツアーで参ります。頑張りまし
ょう!!

投稿: kochi | 2005年9月 1日 (木) 21:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/5735614

この記事へのトラックバック一覧です: 手巻き&頬骨陥没:

» 浦和vs千葉 試合詳細・参戦記 [sattiのサッカー・スポーツ総合コラム]
★浦和vs千葉 19:00 駒場スタジアム  ナビスコ準決勝の日が来た。この日のチケットが売れていなかったので、このブログでも訴えていた。14:40ぐらいに駒場に到着した。それからチケットが売れていたみたいだ。16:00に入り、試合が始まるまでくつろい....... [続きを読む]

受信: 2005年9月 1日 (木) 18:12

» 前を向いて歩く。 [日々“赤”探求]
心配していた天気もどうやら大丈夫そうな埼玉の夕方。原チャリにガソリンを満タン にして*聖地*駒場への道を急ぐ。やっぱり平日…思った以上に渋滞でつくのに時間 がかかりました。(この渋滞ではなかったようですf^_^;) ワタシには1年に1回の確率の駒場参戦。。。慌ただしく到着して『駒場ラーメン』 食べそこねた、がっくし。。。orz ジュニアユース、日本クラブユースサッカー(U-15)選手権優勝... [続きを読む]

受信: 2005年9月 1日 (木) 21:01

« いざ 出陣 南無八幡大菩薩 | トップページ | 犬戦に考える »