« 手巻き&頬骨陥没 | トップページ | いよいよ鹿戦 サッカーの試合をして欲しい(追補) »

2005年9月 2日 (金)

犬戦に考える

chibasenn
 さて,試合のことはもう書きましたので,とりあえず,周辺事情を。

 この試合,完売したとアナウンスされたのに,ふたを開けるとチケット大あまり。それに気づいたブロガーの方々が警鐘をならし,結局,ずいぶん売れたようです。とはいえ,満席とは行かず1万7000人台。結果としてはそこそこの入りまでこぎ着けました。千葉犬サポも栗鼠とは違ってそれなりに集客。形になっています。 
 
 さて,私は,この試合のチケット発売日に購入の努力はしたものの,一瞬でチケットは蒸発。仕方がないので,レッズつながりの方からチケットを入手しました。が,その席はS席。メインのど真ん中。初めてそんな席に座って少し緊張しました。

 しかし,未だもって腹が立つ,大入り満員をオフィシャルサイトが宣言し,宣伝し続けたのに(事実チケットが買えないのに),試合日2日前になって突如チケットが出てくる。どうにかして欲しいものだ。

 とはいえ,S席,おかげで試合前の素晴らしきシーンを正面から見られました(写真)。(追記:後で気づきましたが,写真を見ると,三都主と闘莉王がメインに背を向けて見入っているのが分かります)

 審判問題はこれを機に問題にした方が良い。アホ審判のせいで,苦労して手に入れたチケット,苦労してたどり着いたスタジアムまでの努力を一瞬のうちに破壊されてしまう。彼らは分かっているのだろうか,サポがどんなに苦労してスタジアムに来ているかを。

 そして,新聞はなぜ審判を批判しない。特等席でみているんだろう。なぜなのか。取材ができなくなるからか。批判にさらされない審判の技術が向上するとは思えない。

 ジャッジは神聖,選手の抗議ははねつければ良い。だが,その判断を担保するために第三者としてのメディアの責任は重い。「巻,ジーコにアピール」なんて記事しか書かない記者とデスクはサッカーを食い物にしているだけだ。犬飼社長の「このままでは興業としてなりたたぬ」というのは至極もっともだ。

 トミーは全治3週間だそうです。フェイスマスクを付けて10月に復帰ですか?

chiba2

 
 
 

|

« 手巻き&頬骨陥没 | トップページ | いよいよ鹿戦 サッカーの試合をして欲しい(追補) »

ナビスコ戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/5745665

この記事へのトラックバック一覧です: 犬戦に考える:

« 手巻き&頬骨陥没 | トップページ | いよいよ鹿戦 サッカーの試合をして欲しい(追補) »