« 鹿国遠征記(食料事情編)改 | トップページ | 大分戦 先攻部隊予測 »

2005年9月 9日 (金)

大分戦  同じ過ちは許されない

 早くも明日は大分戦。本来なら,鎧袖一触(最初にエントリー上げたときには間違っていました恥ずかしい)してしまうべき相手ですが,今年の(いつもの)レッズは,良い試合をした後の格下チームに苦戦,いや負けているという情けない状態。

 さすがに,今度は気合いを入れていくとの談話が選手から出ていますが,これもいつものこと。そう言っていてやる気が見えなかったりする。しかし,今度は負けたら本当にやばい。

 大分は天候も経営状態も大変な状態にありますが,しゃむすか新監督が「お前らは頑張ればできるんだ,いけっ~」てな具合で元気。なんか永井にもかけて欲しい言葉だったりして。

 ともかく大分は超攻撃的なようで,これを最近のレッズの合い言葉のようになっている「引いて受ける」なんて言ってたら危ない。確実にナビスコ犬戦,神戸戦,柏戦,大宮戦のようになっちゃうよ。

 もともと引いて受ける目的は前線と中盤をコンパクトにすることにあるハズ。高い位置で相手をつぶしていく浦和の芸風が度を過ぎて,中盤と前線の間にスペースができてしまうのを避けるためだったはず。

 ところが最近は引いて受けていたら,がんがん押し込まれ,かつサイドから自由にクロスやパスを打たれ,あっけなく点を取られる,というパターンが多い。

 そうこうしているうちに中盤がDFに吸収されてしまう。犬戦でも5バックになってたよなぁ。鹿戦でさえ前半はその風があった。相手がひいてなかなか出てこないならまだしも,攻撃的になっているときに「受けて立ってちゃ」まずいでしょう。

 しかも次節のDFは互いに慣れない相手との組み合わせ,ポジションになることは必至。相手の攻撃に混乱する中盤にDFが巻き込まれると危ない。

 で,結局,相手をなめてかからず前がかりでガチンコでぶつかって,相手の攻撃を早い段階でつぶす,という昨年のレッズの姿勢で行って欲しいなぁ。長谷部も言っていたけど,これって気持ちの問題でもあるので,そうした気持ちでかかっていって欲しい。

|

« 鹿国遠征記(食料事情編)改 | トップページ | 大分戦 先攻部隊予測 »

大分戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/5852907

この記事へのトラックバック一覧です: 大分戦  同じ過ちは許されない:

« 鹿国遠征記(食料事情編)改 | トップページ | 大分戦 先攻部隊予測 »