« 新しい体制の臭いがする 栗鼠戦現場で(改) | トップページ | 天災に襲われた好試合  »

2005年10月29日 (土)

川崎戦 撃ちてし止まむ

 ああ,更新のできない日々が続きます。毎日,午前様で,会社でも時間がとれない。昼休みなんて概念ない会社だし。

 そんなこんなで,試合当日,しかもこんな時間にエントリーしてます。天気,どんよりですねぇ。ここんとこ土曜になると天気がよろしくない。別に雨降ってもいいけど,そろそろ寒いですからねぇ。皆様,お風邪を召さぬようお気をつけ下さい。試合中の雨は屋根やポンチョでしのげます。が,試合前,南でハートフルコンサートを聴きながら,ビールを飲むのが楽しみのオヤジにとって雨では楽しみが一つ減ります。

 さて,毎度,大事な試合。3-3の劇的同点試合がはるか昔のように思えます。前回はわからないうちに点が入ってた。集中!集中!

0510229s  先発はもう皆様お書きになっているとおりでしょうから,今更何をいわんかですが,先取点をとられて,ずるずる引くのが一番いやな展開です。

 川崎のジュニーニョ・我那覇を機能させないためには,トップ下のマルクスと左のアウグストを押さえねば。酒井,暢久の役割はその点で大事。三都主が守備に気を使い出したら攻撃力ががたんと落ちる。永井には申し訳ないがアウグストに対する守りと攻撃両面で頑張ってください。

 ともかく,攻めでは両サイドの三都主と永井,そして切り込み隊長の長谷部が攻めていく事が大事ですね。マルクス,アウグストに守備に専念させましょう。永井の今のポジションがはまってるとの話がありますが,個人的には長谷部の今のポジションもかなりはまり役のように思えます。

 昔からトップ下をやりたがってましたけど,1人トップ下より司令塔としてポンテがいて,長谷部が攻撃的な遊軍トップ下として縦横無尽に動くというのが一番よいような気がします。長谷部と三都主,永井が長谷部からいろんな形でボールを供給されれば,相手はこまりまっせ~。長谷部が目立てばポンテのマークがゆるみ,最近目立たないポンテも活性化します。

 ただ,専任FWがトミーしかいませんから,トミーへマークを集中させないためにも三都主,永井もシュートは打たないといかんですね。こうやって考えるとサッカーって微妙なバランスの上にたったスポーツだと改めて思います。良い流で行けばどんどん良い感じになるし,悪い展開になると(たとえば先制点を取られると),どんどん手ずまりになる。そういう意味でその辺から超越した1人で展開を変えられるFWの存在は大きいわけね。エメのような...。

 ともかくアウグスト,マルクスを自由させない!入りの段階での高い攻撃意識と高いポジションでのプレスが試合の流れを決めるでしょう。 と,あたり前の結論を行って終わりにします。さぁ,埼スタへ行くか。

 神風(かむかぜ)の 伊勢の海の 大石にや い這ひ廻(もとほ)る 細螺(しただみ)の

 細螺の 吾子よ 吾子よ 細螺の い這ひ廻り 撃ちてし止まむ 撃ちてし止まむ

 伊勢の海の大石に這ひまわる細螺のように、わが軍勢よ、わが軍勢よ、細螺のように

 這ひまわって、必ず敵を撃ち負かしてしまはう、撃ち負かしてしまはう。

そういえば,サブの1枠,セルヒオでしょうか。岡野も最近見てない。足はもう回復したんですよね。

|

« 新しい体制の臭いがする 栗鼠戦現場で(改) | トップページ | 天災に襲われた好試合  »

海豚戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/6715787

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎戦 撃ちてし止まむ:

« 新しい体制の臭いがする 栗鼠戦現場で(改) | トップページ | 天災に襲われた好試合  »