« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005年11月29日 (火)

雪?ありゃぁ

niigatatennki  3日の天気,ついに曇り時々雪に。昨日まで曇り時々雨だったのに。車で行くつもりで駐車券とうの昔に入手済み。が,タイヤをスタッドレスにするの忘れた。というか,今乗っている車はスタッドレスタイヤをそもそも買ってない。新幹線ですか。費用が倍になる(泣。

 車でお出かけの方,ご注意を。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年11月27日 (日)

苔の一念

0089  弱い。弱い。決定力がない,点が取れないと思ったら,相手が点をくれた。苔の一念としか思えない。

その瞬間,ゴール裏は狂気乱舞。1点取るまで歌い続ける予定だったプライドオブウラワは得点後も止まらない。

 選手の気合いは入っていた。特に,暢久があんなに積極的だったのを初めて見た。前節,やる気ないなんて言われてたけど(私はそうは思わない。いつもの程度のプレーをしただけ),今日はそんなシーンはちょっとしかなかった。

 韓国からのプレゼントも,珍しく積極的にゴール前に放り込んだセンタリングのおかげ。いつものようにバックにパスを戻していたら,あんなことは起きてなかったはず。サイドからのパスは何が起こるか分からない,ということの典型。あの,センタリングの前にはシュート打ってました。をを!やる気ねという感じ。

0090   正直,試合の細かいところは全く見えず。特に後半のアウェイよりでの攻防戦は旗の蔭で見えず。それでも,ゴールポストにあたったFK,試合終了前のポスト際に飛んだシュートには肝を冷やしました。

 福西のレッドカードは現地では全く分からず。

 家に帰って録画見たら,いかにも福西らしい悪辣なプレー。パスを出した後,追いかけてきた長谷部にさりげなく足を出す。プレーの流れでいっちゃったわけでも,はずみもでもなく,意識的なプレー。あの状況でさりげなく,ああいう悪質なことができる福西の心根の怖さを再認識しました。それにしても上川はよく見てました。試合前,上川の名を聞いたときには嫌な感じでしたが,総じて目立たず,良い感じ。長谷部へのシミュレーションはよく分かりません。大将は「ああ」と肯定的なつぶやきをしてましたが....。

 しかし,ああ都合良く上位チームが負けたり,引き分けたりするんでしょうか?セレッソにいたっては89分で同点に引きずり落とされた。

0088  さぁ,次節の新潟は勝つしかない。優勝を狙いに行くが,1つでも上位に行くためにはとにかく勝ちたい。優勝の可能性も5位になる可能性もある。

 しかし,今のレッズが弱いのは自明の理。とにかく点が取れない。次節,永井は出られるのか,闘莉王は大丈夫か,不安材料は多い。一方,細貝,横山,赤星らがヒーローになる可能性だってある。

 いずれにせよ新潟戦も苔の一念でいくしかない。「ここまできたら泥臭くても勝てば良い」と昨日も思ったけれど,オウンゴールであろうが何であろうがとにかく相手より1点でも多く取れば良い。

05sekiwari   新潟戦はゴール裏には行けず,メイン指定2層アウェイ(赤丸部分)よりからのサポになりますが,気合い入れていきます。暢久の電池切れがないように祈ります

 最後に,sattiさんの作られた画像使わせていただきます。

acc5e4e0_thumb

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005年11月26日 (土)

今頃千葉犬戦 遠征記写真版

 今ごろ何だと言われそうですが,今書かねば,書きにくい犬戦。

0066  11時50分頃,蘇我駅に到着。駅で,「レッドデビル来襲」と銘打ってレッズグッズ売っておる。我々はデビルですか?

 肝心のグッズは、聞くと,ばったもんではないようで。さすがに駅構内でばったもんは売らないか。

0067  駅前のコンビニが異常な混み方。少し歩くと他ブログでも取り上げられていた「蘇我オープンカフェ」がある。弁当、やきそば、ポップコーンなど売ってます。えっ,と思うでしょうが。写真を拡大して見てください。そう書いてあります。

0085  巨大な製鉄所に囲まれた蘇我スタ,もといフクアリは小さく見えます。隣のJFEの駐車場,開放しないですか。土地余ってますよねぇ。

0068  スタジアムの案内板。南(左)側の「ホーム自由席」の上に「アウェイ自由席」の手書きの紙が貼ってあるところが可愛い。

0069  コンビニに寄ったり,ぶらぶら歩いてやってきたので,ゴール裏に到着したのは12時半。ありゃぁ,もうゴール裏に6列も並びができている。こんなことならもっとスタスタ来れば良かった。

 しょうがないでので、私はそこから伸びた列に入る。JEFのゴール裏の並びはこの5分の1もいなかったのに。因みにバックスタンド側の並び(東入口)もほとんどレッズサポでした。

0075  入場して席探し。ない,ない,ない。1階席をあきらめ,2階席に。ようやく1席発見。まぁ、1人サポだから何とか見つかる。とはいえ,この時点で2階席でも通路に席を確保する人も出ていました。1階はあふれんばかりの人で盛り上がっている。

0087a  私はこの辺(白丸)にいました。事務局さんかってに写真お借りしました。すんません。

0074  JEFのゴール裏は2階席にかなりアキが。きっとレッズサポがホームゴール裏買って,アウェイゴール裏に入っているんじゃないですか。ただ,一瞬で完売した割に,空き席がメインの指定などに見られたし,公式発表も1万6000人と2000人ばかりショートしたのはなぜでしょう。

0070  ゴール裏の食料事情は可もなく不可もなし。というか特長はない。焼き鳥(上)買いました。3本300円。自販機でペットボトル買えます。しかもほぼ定価。ビールは缶が400円,生が600円。生は高い。0073 売り女の子が生ビールの販売のように、焼きそば,とり唐を持ち歩いて売っていたのが少し印象的。缶ビールにはピーナッツ付き。さすが千葉ということでしょうか。

0086  コンコースは原宿の竹下通りのように混んでいて,歩くのも大変。トイレも小振り。女性のトイレは好評のようですが,男はねぇ。何かとても費用をけちった印象。

0080  コンコースからスタジアムの南を覗けば,こんな風景。工場の解体中ですか?土地は余ってますよねぇ。

0072  試合前,ありゃ,ここでも女踊りが。しかも客がまだ入っていないメインスタンドに向けて踊っていた。せっかく若いおねぇさまが頑張っているのに,どこのスタジアムより盛り上がらず(別に盛り上がらなくてもいいんですが)。

総じてJEFの運営はたんぱくというかおざなりというか。これをやりたいという思いが伝わってきません(レッズサポ的には別に着ぐるみやおねぇさんを見たいとは思いませんし,ガンバみたいに五月蠅い,がなる運営は勘弁してほしいですが)。

0079  さて,バックスタンドは7割方赤い。ホーム寄りのバックSA席はさすがに黄色いものの,スタジアム全体でも6割以上は赤かった。

 0083

 ゴール裏にも屋根があり,音響効果は最高。それにつられて,声が出る。たぶん,今シーズン最高の声だしができました。試合前のサポのテンションもえらい高い。わくわくする雰囲気,快い緊張感が走りました。

0081  試合内容は...。結果は何だかなぁですが,試合後,あれほどもめる内容とは思いませんでしたね。まぁ,シュート打たない暢久くん,ボールをためきれないトミーくんという図はありましたが,皆よくやっていたと思います。

0084  試合後,ペットボトルが投げられた瞬間,周りのサポからそれにブーイングが出たのは救い。結構歳の人が2階席から1リットルのボトルを投げたようで,信じられん奴です。

 試合後,私も周りの多くのサポも呆然と立ちつくしていた。シャムスカ大分戦の再現。心が折れそうでした。

0082  しかし,残すところ2戦。開幕時に思い描いていた状況とはかなり違いますが,ここまで上位に勝てず弱いのに上位にいるのが不思議なくらい。たしかに,それが奇跡に近い。

さぁ。今日も行くぞ,埼スタへ,そして来週は新潟へ。

(追伸:試合後,帰り道の右側の歩道しか使わせず,大混雑。あれは危ない。うまく左側の歩道を使うようにして欲しいものです。特にレッズの時はね。)

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月22日 (火)

ヴェルディ戦 勝ちましたが

0058  はい,行って参りました。久しぶりの晴天。試合前,風が少し強くチト寒い。12時に南広場でいつものごとくハートフルコンサートを聴きながらMDPを読む。前日にブログで読んだ,あやかちゃんの話が出ていた。1時,スタジアムに入る時に,あやかちゃんの募金を集めている少年に出くわす。募金したけどあれでは認知が足りなく集まらないのではと心配。

 券は指定だが,北ゴール裏へ。1人なら何とかなる。観客も久しぶりの4万超え。ビジュアルサポが,バックスタンドで展開される(写真上)。うまく写真に撮れなかったが,3色のデカ旗が陽の光に当たった輝いて見えた。美しかった。

0065  ヴェルディの皆様も思ったより多い。だが,ヴェルディブログによれば,グループごとにまだ分裂しているようで,どうするんでしょうか。それでも,結構声は出ている。コアな人たちなのだろう。だが,分裂している。

 スタメンは思ったとおり。岡野は先発。意外だったのはサブに南がいないこと。DFの誰かが怪我でもしたらどうするんだろうと思いながら,試合を待つ。北ゴール裏は陽があたって暖かい(だんだん寒くなりましたが)。

0059  試合開始。岡野の動きは素晴らしく,幻の1点の時も周りと一緒になって大騒ぎ。北からは向こうのオフサイドは分かりません。ともかく,前半は岡野の活躍につきますね。90分もつとは思いませんでしたが(本人もそう言っていたようで)。それにしてもワシントン,半袖でした。闘莉王だって長袖ですぜ。心臓は大丈夫なんでしょうか。私,ワシントン嫌いじゃないです。良い奴じゃないですか。

 レッズは,1点取った後はなかなか点が取れません。手抜きですか?いや,結構まじめにやっていたようですが,サポしながらもいやーな予感。チャンスがないわけではないし,ガンバ戦より自由にやれているが,いかんせん点が入らん。

 後半になるとジウが邪魔。どうも,不完全燃焼の時間帯。で,やっぱり点を取られた。これも北ゴール裏からは事情がつかめず。あんなトリッキーなシュートとは。

 後半,30分まで同点。少し弱気になりましたが,前半のチャンスを生かし切れなかったトミーが目の前で見事なシュート。絶叫ですよ,絶叫。ポンテの3点目も目の前でのパフォーマンス。とても長い滞空時間のシュートでした。これはあっけにとられた。しかし,トミーの1点が大きかった。

0060  ヴェルディのブログではレッズが強かったなんて書いてくれる処もありましたが,トミーのシュートが決まってなかったらどんなことになっていたやら。買いかぶり。

 勝利はとても嬉しく,試合の内容も同点になるまで追加点がとれなかった割には悪くはない。暢久も久しぶりに私の心の中の罵倒を浴びずにプレーしてましたし,三都主も頑張っていたし。闘莉王,三都主に打たせてやれよ。長谷部が怒ってるぞ。

 ただ,千葉犬に勝つにはもう一段の気合いとパフォーマンスが必要。永井,内舘が次節も出られない以上,基本のメンツは次節も同じ。もう一つ上のレベルのパフォーマンスを期待してます。一方,フクアリをどこまで赤くできるか,サポできるかが我らの役目です。

 いくぞフクアリ!

追伸,アフターバーには社長が登場。帰路の空がきれいでした。

0064

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月20日 (日)

さぁ,ヴェルディ戦

 行ってきます。

希望のスタメン。異論はあるでしょうが...。

051120

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月19日 (土)

G大阪遠征記(必勝祈願編)

 さて,G戦から一夜明けて,今日は京都に向かう。オヤジは神社が好きだから行くのではない(本当は好きだが)。レッズの必勝を願っての京都巡りだ。私心はない。

 まずは,地下鉄の西中島南方より淀屋橋へ南下。昨日,梅田で食った串かつは美味かったと思いつつ,早くも淀屋橋に到着。ここからは京阪電車。

0046  目的地は,平安時代からの定番の神社,石清水八幡宮(上)。八幡市駅に9時前に到着。ケーブルカーに乗って山頂へ。山頂駅から歩くこと5~6分で神社に到着。残念ながら拝殿,本殿は修復中。がっ!しかし,目的は主祭神の応神天皇ではない。末社にある気比神社。ここは必勝の神社。気合いを入れてレッズ残り4戦の必勝を祈願。1000円と高い必勝お守りも購入。財布が泣き出す。

 七五三の季節だけに滞在1時間もすると,幸せそうな家族が増えてくる。幸せな家族を見るのが辛いオヤジはそそくさとケーブルカーで下山。

0048

0057  さて,再び八幡市から京都へ。終点の出町柳町へ。お目当ては下賀茂神社。正式には賀茂御祖社ね。駅から10分も歩けば糺の森。気持ちの良い森。途中,河合神社(上)がある。この末社の任部社(とべしゃ)には八咫烏(やたのからす)が祀られている。言わずと知れたサッカーの守護神である。まぁ,本家は熊野だが,いいではないか。再びレッズの4連勝を祈願。芸がない。ちなみに河合神社は鴨長明が神官として生まれた神社でもある。

 さて,河合神社を出て,一路,下鴨神社(下)へ。うーん,よろしい雰囲気。ずんずん進むと,そこには下鴨神社。さすが世界遺産。ちょうど結婚式も行われていました。祭神は京都を開いた賀茂建角身命とその娘の玉依媛命(本当は巫女的霊能力のある女性を総称して玉依姫命と呼んでるんですけどね)である。で,ここも実は八咫烏を祀っている。はい,今度は天皇賞,もとい天皇杯の優勝祈願

0049

0053  さて,今度は上鴨神社(上)へ。バスで移動。ここの御祭神は賀茂別雷(かもわけいかずち)命。玉依媛命の息子ね。本来は神社の裏の神山(こうやま)が御祭神。奈良の大神(おおみわ)神社と同じく,昔は本殿は無かった。特別拝観で500円で,本殿を拝見。若い神主さんの説明が面白かった。

 さて,ここも八咫烏を祀っている。空飛ぶということで航空お守りも売っている。ということで来年のリーグ戦優勝を記念。もう,良いだろう。ここまで祈れば。3社を巡り,お守りだけで3400円を費やしました。アホです。

0054  さて,この後,素戔嗚ファンの私は,八坂神社(上)へ。移動だけで1時間かかる。それにしても四条は凄い人。京都駅も凄い人。ああ,ビックリ。

0056

 これだけやればもう安心。ヴェルディに負けたら許しませんから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

G大阪遠征記(万博事情)

0043   試合前,1時ちょっと過ぎに公園東口に到着。このとき,ゴール裏入場を待つ列は,高速道路をまたぐ陸橋の上まで伸びてました。開門は2時のはずですが,この分だと30分は早まりそうなどと思いながら,自分のチケットのSM席へ向かう。

 SM席はスタジアム西側で列を作る。到着は1時10分ころ。ちょうどその時,We are Red'sの雄叫びがゴール裏の列で起こる。カシマスタジアムのことが思い起こされましたです。2時開場の予定が1時20分に繰り上がるとアナウンス。実際は1時15分に開場。それなりにスムースに入場。(下はゴール裏の列。この辺です)

0044  SM席はこの時間の入場では余裕。好きな席に座れましたが,ゴール裏はどんどん埋まる。ガンバのゴール裏に比べて,密集度が違います。

 バックスタンドのホーム寄りは少年サッカー関係者の席と化している。アウェイ寄りのバックスタンドはレッズサポが入っているもののアキが目立つ。チケット,すぐなくなったんですけど,なぜ空いている?某ブログでは招待券席との分析。さもありなん。それでも次第に埋まりますが,いっぱいにならない。チケット完売だったですよねぇ?

 オヤジの座るSM席も少年サッカー少年が試合開始前にぞろぞろ入場してくる。勘弁ね。アウェイ寄りのSM席もいつもはガンバ席なんでしょう,いつもののりで来たらレッズサポで席が埋まっているSM席にとまどう,カップル0045 ,兄ちゃんの多いこと。そういえばサッカー少年たちも目が泳いでましたね。赤いレッズサポの姿を焼き付けてご帰宅ください。ナビスコの日本平戦を思い出しました。あのときもいつもの調子で入場した清水サポ様がレッズのサポで充満した席を見てとまどってましたっけ。

 当日はそれなりにいい天気でしたが,北風が強い。メインスタジアムは早めに日陰になって寒い。寒いっす。特に足が寒い。持参のウォッカを飲んで暖をとる。

 しかし,ガンバの式次第,エスパルス以上にぬるい。こんなやつらに負けたくないとの思いがつのる(が負けました)。選手入場前にお姉ちゃんは踊るし(上),何か知らない空気スティックを使った応援指導はあるし,選手紹介を試合開始前30分ころに始める上に,アウェイチームは電光掲示板に名前だけ表示してアナウンスしないし(その瞬間レッズサポよりブーイング。先発紹介の時間は後刻,別途ありましたが),戦闘気分で盛り上がっているレッズサポに肩すかしを食らわせること3連発って感じでした。

 一番気に障るのはアナウンスの絶叫スタイル。おまいらプロレスか。もうやめろよって感じ。お子様エンタテインメントサッカー色強すぎ。レッズ的運営でも質の良いサッカー小僧は育てられますぜ。似たようなお子様演出でもエスパルスのパルちゃん攻撃の方が好感をもてます。

0042  白旗を揚げて応援していたガンバサポの気持ちは分かりませんが,うちが負けちゃったんでネタにもできない。ああ~悔しい。

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

G大阪遠征記(試合編)

0040   行って参りました。2日間寝てましたね。結果は今更言うこともなし。チャンスは多かったけれど決定機に決まらない試合。ガンバのGKに神が降りてました。とはいえ,レッズが強いわけでもなかった。達也のいないFWに,長谷部を後ろに下げた3ボランチ。他のブログでも語られていましたが,どうせならもっと攻撃的であって欲しかった。後半の死闘は凄かったですが,ボールをもってゴール前で短くパスをしても点は入りませんぜ。ポンテのまねしてもだめ。しまいには攻撃時にでました相変わらずの中央攻め。無理だって。

0038  まぁ,負けましたが,後半は攻めこめました。でも,決められない。ここが今のレッズの実力かもしれません。が,残り4試合行きますぜぇ~。長谷部,永井が出られない件は後で嘆きます。

 しかし,セットプレーでしか点が入らないチームになるとは。遅攻のレッズって,どうなんでしょう。今の体制ではしょうがないかも知れませんが,サイドが上がれば強い。そんな状況を作ってくださいギド様。うーん。まぁ,いまさらか。

0039  で,ゴール裏は恐いくらいのぐらいの密集。ご苦労様です。Lフラッグは壮観でした。事務局さん,そばにいたんですね。写真の角度がほぼ一緒。SM席のオッサンもゴール裏よりに席を取り声を出せました。

 しかし,ガンバさん,チケットをもう少し考えて売ってくれ。バックスタンドのガンバ寄りはよく見ると少年サッカーの子供たちと関係者ばかり。本当のサポはゴール裏だけど,密度低し。おっさんのいた,メインのアウェイ寄りSM席にもにもそうしたガキどもが試合開始直前に入ってくる。涙をのんでチケット買えなかったレッズサポの事を考えると腹たつよなぁ。

 どうも,当日は,大阪の少年サッカーの決勝戦の日でもあったようで,関係者が多かったようで。だがふざけるなと言っておきます。はい。では次回は万博事情ということで。

0041

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月11日 (金)

いよいよ ガンバ戦 行くぞ!

051112  さぁ,いよいよ明日はガンバ戦。今日,1日何となく落ち着かない。

 明日は,新幹線で万博へ。スタジアムがどんなことになるのか楽しみだ。サポーターの気持ちがうまく選手に伝わってくれる事を祈りたい。そして,平常心でかつ熱く戦って欲しい。天気も午後からは快方に向かいそうで一安心。まぁ雨が降っても問題ないが,寒くなると選手が心配。明日,埼玉は雨のようですね。

 さて,先発メンバーですが,ガンバが疲労蓄積があるとはいえ,こちらも綱渡りのメンバー 。暢久がボランチ,長谷部トップ下という最近の形は変わらないのだろうが,バックに堀之内,啓太の位置に酒井が入るのでしょう。堀之内と坪井の位置はいつもの逆の方が良いかと。坪井にとっては右が良いのだろうが,三都主が攻撃的になるには後ろを好調の坪井に守って欲しい。山形戦でもそうでしたよね。

 しかし,このメンバー誰かが怪我をすると,若手が出ざるを得ない。平川,内舘が以内のは辛~い。永井は腰は大丈夫でしょうか。でも,結構腰が痛いというときに永井は活躍するからなぁ。

 それでは皆様,大阪で会いましょう。テレビ観戦組の方は念をよろしく。

 明日は帰らず,明後日帰ってきます。

追伸:sattiさんのところから勝手に持ってきました。sattiさんお許しを。

acc5e4e0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

ガンバ戦を前に雑感

 昨日の朝,会社に出勤すべく東大宮の駅に行くと,大宮アルディージャのチラシが配布されていた。こんなことは初めて。アルディージャのフラッグも用意されていました。

 お誘いの内容は次節の名古屋戦。なんと埼スタでなさるそうで。無謀でしょう。またがら空きに。その辺もう少し考えた方がよいのでは?

 Jリーグ発足からレッズファン(当時はサポではない)だっただけに,最近大宮のアルディージャ色の強まりには少し気になる。住んでいる場所から言えば大宮サポであってもいいわけだけど,そうもいかない。日常的に大宮は嫌いじゃないけど,ひかれもしない。あるとすれば元浦和選手の動向かな。ちょっと嫌なのは,大宮ホーム戦の時に両チームがかつての市章を掲げたこと。自分としては別に市単位で闘っているわけではないんだが。

 さて,ビクトリー丼。弁当の呪いを考えれば余計な事をと思うしかないよなぁ。開発の経緯を考えればこの弁当は達也丼(鶏のタツタ揚げ)だったはず?呪いは効いているってことですか。エメ丼の時も出た当初はエメの合流遅いよねって話だったけど,現実はすでに退団状態だったわけですから。ビクトリー丼も発売前から呪いがかかっていたような。

 そう,この弁当がこれからのレッズに災いを及ぼさないよねと考えたいってこと。達也には悪いけどさ。しかしFMの開発担当者は今頃恐れおののいてるんじゃないの。2回もやっっちゃったんだから。柏戦のときは血の気がひいたんだろうなぁ。

 土曜は,もうガンバ戦。参戦します。天皇杯でくたびれたガンバさん,お手柔らかに。ウッチーはやばそうですが,酒井,堀之内様頑張ってください。きっとオヤジは試合中(前かも)に泣きます。そのくらい緊張度が高まってます。

 では万博で。翌日13日は京都の神社巡りですが,高揚気分で回れることを確信しています。 

頑張れレッズ 優勝しようぜ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

ガンバ戦 最終チェック

 いよいよ,週末はガンバ戦。と週の頭から熱くなってもしょうがないので,取り敢えず冷静にに他試合の手当をチェック。

 埼スタのジュビロ,ヴェルディ戦はいつものごとくで問題なし。えらく悪い場所の指定席だが,どうせゴール裏に潜り込む。ただ,このまま行けばジュビロ戦は5万の声を聞くかもしれないので,潜り込みは大変かも。

 千葉戦は列車で行くんで問題なし。ココもゴール裏は買えませんでしたが,自由席なのでいつごろ行くかが問題。車は春の偵察時に懲りたので使いません。

 肝心のガンバ戦はホテルも予約。次の日は神社巡りの計画。問題はいかに安く行くか。とはいえ寄る年波で無理は出来ない。どうするかなぁ。

 新潟戦は馬鹿騒ぎをした結果,メイン2層アウェイ寄りで取り敢えず満足。ゴール裏,自由席に行きたかったが,鹿島戦のノリなら,ココでも声は出せる。

 新潟戦はETCの夜間割引を利用して帰るつもりなので,駐車場を確保。今日まで忘れてましたが,ローソンで無事購入。

 わすれものはないかな...。うーんもう金がない...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 5日 (土)

ひやひやのチケット獲得 新潟戦

0037  争奪必至の新潟戦。9時50分に近くのローソンへ。ん,女性がロッピの前に立っている。まさか,と思い外を見ると赤い軽自動車が,ちょっと車内を覗くと(怪しいオヤジである),レディアが!ゲーフラ用の棒もある。2番手ではやばいと思い(これが誤った判断だった),ちょっと先のローソンへ向かう。

 げっ!2人も若い兄ちゃんがならんでおる。これはいかん。ということでもう少し先のFMへ

 おっ!誰もおらん。ちょうど10時1分前。10時までぴあのボタンをおし続ける。つながる。ふふん。行動力の勝利さ。とアウェイゴール裏を指定。画面遷移ののろさが気になる。

 えっ!売り切れ?ならば自由席,えっだめ?まだ10時から数分と過ぎてない。はやる心落ち着けて,指定へ。がっっ,だめだどこもだめだ。操作しているうちにどんどん「×」印の席がついていく。

 玉砕。すべて買えん。

 ならば,ガンバ戦をずいぶん遅くなって買えた7-11へ。だが,ここもだめ。萎える。萎えました。車に乗って,新潟に行けない自分を責める。「もう10分早く家を出れば」。

 もう10時17分。だめだこりゃ。と思いつつも,帰路,最初に立ち寄ったローソンへおっ,オヤジがカンターでチケットを交換している。行けるかも。そうか,ローソンはぴあ系列ではない。行けるかも,行けるかも。ロッピに向かって突進。あわてて,ロッピのとなりのATM機のボタンを押してしまった。

 落ち着け,大丈夫だ。ロッピに向かい,とりあえず,ゴール裏,アウェイ自由席を狙うがだめ。ああ,無駄な時間を費やしてしまった。

 指定に向かう。メイン2層を狙う。端末が問い合わせモードに入る。反応が遅い!早くしろ。矢印が点滅を続け変化しない。こんなに長いのは初めての経験だ。

 おっ!行ける。ふるえる手をおさえ名前と電話番号を入力。この間にもどんどん売れているのではと気もそぞろ。

 やったー!希望とは違うがとにかくスタジアムに入れる。

 しかし,皆さんいかがでしたか?

 ここで疑問

 ぴあのチケットはFMもネット(パソコン)も7-11も一緒にプールされてるんですか?10時ジャストでも買えないなんておかしい。ネットで一斉に買われているならあり得るんですが。ゲッターもいるし。ただ普通は別に枠は設定しているはずですよね。

 結局,最初のローソンで2番手で買った方が希望の席を買えたんでしょう。これまでずっとローソンで買っていたのに,今日ばかりは浮気をして裏目にでてしまいました。ぴあは危険ということで。それでは。

追記:妖精さんの話が本当ならなんてことかという感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

気合いのなさ 実録山形戦

0033  緊張感のないまま駒場入場。スタジアム到着は12時30分という前代未聞の緊張感のなさ。山形はバス3台をしたててやってこられたようで,出島も結構人が入っている。 0511103s席はどこもいっぱい。ようやく西側の黒い人たちの後ろの段の階段にスペースを見つけすべり込む。

 スタメンは左のよう。久しぶりの晴れ(後半曇り,試合後,雨ぱらつく)で,いい陽気。いよいよ試合開始。それなりに攻め込めて,こちらサイドばかりで試合が展開してたので,安心しきってみていたオヤジにがつんとパンチ

 パスミスがらみでモンテ様が右サイドからスピードのあるカウンター。右から早めのクロスがファーサイドへ,そこでフリー(だったように見えましたが)の選手がヘッドでゴール左側へがつん。山岸も追いつけず。スタンドのサポは呆然。選手の皆さんも緊張感なかったのかしら。ヲイヲイ。

0034  まぁそれでも開始10分。攻め込まれてるわけでもないし,そのうち点をとるだろうと思っていたのに点がとれない。パスミスはするしさ。ちょっと前のレッズに戻って横パスが多くて気になる

 一方のモンテ君もあまり上手じゃない。攻めるチャンスにポカミスをしてくれる。そんな相手にもたもたしてるレッズが心配。ただしモンテ君は守りはしっかり。後はひたすらカウンター。それもアレの裏狙いばかり。これが唯一効果的だったように見えました(^^;;;;)。いわゆるJ2モードね。

 結局,おしい攻撃やCKもあったけれど入らないんだなぁ点が。この程度の守りで点が入らないのはちょっと気がかり。

0032

 後半,いつものようにギドに怒られて(と想像),前半よりラインは上がり気味,相手へのプレスも厳しくなる。オヤジもようやく緊張感が出てきました(遅い)。それでも全体的な印象は前半とそう変わらないように見えましたが,個々のプレスや球際の厳しさが効果あったのか,マリッチが続けて2点ヲ入れて逆転。2点目は1点目の余韻が残っているうちの得点。これでようやく一心地つく。

 これなら3点目もすぐかなと思ったのに入らない。三都主のFKもいいところに飛んだものの相手のキーパーが好セーブ。逆に数回危ないシーンも。特に終了前にフリーになった選手からのシュートは本当にやばかった。山岸が体を伸ばしきって防いだ時は山岸に神を見たほどです。それから終了直前のゴール正面からのFKもえらくやばい位置でした。このFKがはずれて(助かった....。)ここで試合終了。

 モンテ君は強くない。いや下手。それに苦しめられたレッズ。いつもの相手に合わせる癖がまた出た。気合い入ってないとだめね。

0036  内舘のねんざ心配。酒井はもう少し積極的に前に行って欲しかった。長谷部が交代の時にずいぶん怒ってたそうで。なんか蹴ったんですか?(浦和駅への帰り道で後ろの父子がそんな話してました) それに岡野見たかったんですが。残念。

 ともかく来週こんな試合やったら怒るよ。オヤジも反省して気合い入れ直しますから,そこんとこよろしく願います。それでは皆様,万博でお会いしましょう。

 それから1万2000人の予想に1万5000人。少ないと言えば少ないけれど,良い感じ。メイン側もきちんと入っていたし。バックの2階,アウェイ寄りが空いてましたが,1階は大混雑でした。

そういえば選手が何度も滑ってすってんころりんというシーンが多々ありましたが,なんでですかね。 (浦2-1山)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いってきます

 ただいま11時。観客1万2000との噂の駒場に行ってきます。どうも自分も緊張感たりません。まだ家にいるんだから....。今日は右サイドに入る酒井と山岸が見物。

 山形のイメージがわかないので,何とも言えませんが2年連続初戦敗退の悪夢は避けてくださいよ。このところサイド攻撃が活性化してるんで,これをもっと磨きあげてください。来週のガンバ戦時にはさらにパワーアップさせるためにも今日の試合は大事ですよ。さがったら承知しないからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »