« 帰宅しました セレッソ戦勝利短報 | トップページ | 噂のアクリル板 »

2006年3月22日 (水)

いよいよ 鞠戦 岡田の手口はいかに

 もう3つ寝ると土曜日。前半戦の山場となりそうな鞠戦。昨年は永井がごっちゃんゴールを雷鳴の中決めてくれましたっけ。リセット君へのブーイングも凄かったですね。あの日は敵となったリセット君を見たくなくて参戦するかどうか悩んだナイーブな私です。

そこでセレッソ戦の観戦記は後回しにして,鞠戦の展開予想。勝手な妄想ね。

 策士岡ちゃんは最初から無茶はしない。きっと引き籠もってカウンター狙い。前半は0-0で御の字くらいのつもりでしょう。それでも攻撃陣の質の高さからレッズもかなり苦しめられるはず。引き籠もりながらの攻めと来れば長距離砲の活用。嫌なところ放り込んでカウンター気味に攻めてくるはず。

 後半,攻め疲れ,長距離砲を警戒するあまりレッズのバックスが下がり始めるのを狙ってくるはず。そこで生まれる前線とのスペースを狙って攻め込むのが狙い。長距離砲は点を取るためでもあるのでしょうが,威嚇でもあり,その結果デフェンスのラインを下げさせるのが狙い。

 セレッソ戦のように後半でも早い時間に点がとれないと,術中にはまりそう。で,ポイントは守りでは三都主のうしろ,そして攻めでは右サイドの暢久のパフォーマンスでしょう。

 今年は多少引き込まれても何とかこじ開けるちからはあるように思えるし,啓太,堀之内坪井の充実ぶりから左サイドの守備も堅実。

 ただ,正面玄関から攻めても鞠もそうそう扉は開けてくれなさそう。となると攻めのバリエーションを増やすためにも暢久のパフォーマンスがカギかと。まぁ,向こうの左サイドもなかなかいいですから守るだけでも大変でしょうが,広島戦のようにはいかないだろうけど何とか攻めの突破口を切り開いてください。頼みましたよ暢久様。

(もちろん三都主にも期待しますが,ここは警戒されるはず。うまく三都主でしょう。三都主へのパスを早いプレスでつぶし,孤立させ,その上で,三都主の裏をとってくるでしょう)。

 ただこうして書いていても,勝てそうな気がするから不思議。慢心ですか。悪くても引き分けの予感。後の怖い変数は審判だけね。

|

« 帰宅しました セレッソ戦勝利短報 | トップページ | 噂のアクリル板 »

マリノス戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/9203266

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ 鞠戦 岡田の手口はいかに:

« 帰宅しました セレッソ戦勝利短報 | トップページ | 噂のアクリル板 »