« パル戦 現地で見えたこと感じたこと | トップページ | なぜか楽しくなってきた »

2006年4月23日 (日)

エコパ遠征記羅列書き 富士山三昧

 どうも、文章をまとめる気力なし。ということで、だらだらと遠征記を書く。自分の備忘録のようなものなので、だらだら感はお許しを。

 朝、8時半に家を出発。岩槻ICから高速に乗って、走る。途中首都高から富士山がきれいに見える。結局、この日は富士山日和の1日でした。中央環状線経由で板橋にきて、ここで渋滞。

 去年の教訓から高速を降りることをせず、辛抱。そのおかげか、板橋付近ではべったり止まっていた高速が、だらだらとではあるが動く。おかげで首都高の渋滞も45分くらいで脱出。しかーし。ついていない。東名に入ると川崎あたりから渋滞。町田の先で事故があったようで、東名川崎から渋滞が始まる。せっかく調子良かったのにねぇ。

0005  渋滞は町田当たりで解消。これで40分ほどのロスでしょうか。ふと前を見るとレッズのステッカーを貼ったオデッセイが走っている。しばらくすると12人目の選手マークをつけたバスが前を走っている。何のツアーでしょう。浦和の観光バスでした(10時44分)。しばらくぬきつ抜かれしつつ走る。しばらくすると、富士山が進行方向にどかんと見え始める(下、11時7分)。いや絶景かな。この後、足柄SAで休憩。ここでも富士山がよく見える。

0006_1  昼飯は三島のうなぎはやめて沼津港へ。海が見たかったもんで...。沼津港へは12時過ぎ着。有料の立体駐車場(1時間200円)に車をとめる。駐車場からも富士山が見える。土曜は市場が定休日らしく、それほど活気はないが、食事処には多くの人が並んでいる。

0007  12時15分ころ適当に選んだ寿司屋に入る。先客で並んでいるのは2人。名前を書いてしばし待つ。10分ほどで順番が回ってくるが、その間にどんどん人が入ってきて十数人の待ち状態に。ちょっと遅く店に入ったらやばかった。注文は地魚にぎり。普通の握りより、少し趣の違う寿司。あら汁着きで1300円なり。

0009  1時過ぎに沼津港を後に一般道で富士ICまで行く。途中、田子の浦(右、午後1時38分)に寄ってみました。和歌で有名な場所だから少しは期待したのだが、護岸工事ばりばりで風情も何もあったもんじゃない。そういえば、子供のころ(40年も前ね)、田子の浦って公害の代名詞だった。港のそばの「富士と港が見える公園」に行きゃよかったと反省。富士ICは2時過ぎに到着。

 高速では富士川SAに立ち寄り、絶景の富士山を見る(下)。ここのパノラマはなかなかのものですよ。東名を走っていて富士山が良く見える時は富士川SAにお寄りください。0010_1

 次に由比のパーキングエリアでまた富士山を撮る(下、午後2時24分)。ここからは右に海、左に富士山が見える良い場所。ただ、展望台に乗らず写真を撮ったので、少し写真がしょぼい。ちなみにここで富士山が見えたのは初めて。そういえば、新幹線から富士山が見えると清水に負けるというジンクスがあるそうで。このジンクス、また生き延びましたね。クソッ。 0011

 後はひたすら走って掛川ICへ。市内で給油。このころになると天気も崩れ、いつ雨が降ってもおかしくない感じに。掛川城を見学するつもりでしたが、もう3時を回っている。まぁ、良いかと駅前の駐車場(30分100円、最大いくら止めても1000円)に車を止め、少し街をウロウロし、3時56分の列車で愛野駅へ向かう(180円)。ちなみに1時間に4本程度しか列車は来ないので要注意。シャトルバスもあるが片道320円だしなぁ。

 駅に着いたところで浦議SNSで知り合ったレッズ横浜倶楽部さんにメール。阪急バスでの参戦のようで、まだ並んでいるようなので、入場する前に合流することに。1年前に比べ家やスーパーが立ち始めているのにビックリ。だらだらした登り坂を20分ほど歩いて、スタジアム着。スタジアム前のテント売店で食料を調達。レッズ横浜倶楽部さんと連絡をとって、なんとか列が動き出す前に合流。合流直後に列が動き出す。これが4時半過ぎ。

 中はいつものエコパ。ゴール裏1階、ホームよりにボーイズが陣取る。我々は通路上、ゴール裏左よりに席を確保。ほぼ満席だが、ちょっと頑張れば席は取れる。埼スタのゴール裏よりは楽。当然か。

 席も確保し、各自トイレ、ビール仕入れと思い思いに行動。その間、ピッチを2分して計4チームの子供たちがサッカーの試合をやっている。5時15分ころからパルがボーイズの目の前、ゴール裏コーナーよりでパフフォーマンスを始める。芝刈り、イナバウアー、階段プレーと芸は多彩。但し、レッズ側でしかこの芸は披露せず。レッズさぽ和む。去年より和んでる。

0012  6時には冷凍みかんの演奏が始まる(上)。適当にブーイングし、その後選手紹介、選手のウォーミングアップ。選手紹介の時間帯がやけに早い。7時4分から試合開始。

 試合が終わりました。しばらくスタジアムでまったりして、エスパサポの合掌(合唱)を聞きながらスタジアムを後にする。場内のアナウンスがサポをリードして歌ったり歓声上げたりしているのに、今更ながら違和感が。花火が上がるなかレッズ横浜倶楽部さんと分かれて、愛野駅へ。愛野駅9時37分(たぶん)発の臨時列車(たぶん)に乗って掛川駅に。ほとんどがレッズサポ。中にエスパルスの家族連れがいて、勝った勝ったと騒ぎながら駅で走っていた。危険を感じないのかなぁ。駅前のローソンに寄って駐車場へ。10時掛川出発。

 IC前で渋滞に遭うのもいやなのと(昨年はそれでもたいした渋滞はしませんでしたが)、知らない道を走りたいとの思いもあって菊川ICまで一般道で向かう。途中、線路際のローソンでトイレへ。眠気覚ましのドリンクと水を購入。しかし、夜って暗いのねということを改めて感じる。都会に住んでいると夜中でも道路は明るい。それに比べ闇が深く、ちょっと自然を感じた。菊川ICは10時30分過ぎ着。

 高速に乗ってすぐの牧之原SAで軽く夕食。といっても桜エビかき上げうどん。軽食コーナーはレッズサポばかり。お土産にも人が並ぶ。かごいっぱいに買っている人もいる。相変わらずの風景。私も控えめに3点ほどお土産購入。

 11時過ぎにSAを出て、富士川SAまで走る。ここで休憩。ここの軽食コーナーもレッズ色。お土産屋はレジが一つで長蛇の列。ここでフランクフルト買いました。

 後はひたすら走るだけ。御殿場を過ぎて道路の舗装で片側1車線制限。厚木当たりでも同じく1車線制限。ここで、行きに出会った浦和観光のバスにまた遭遇。ぐうぜん?それとも何台もあるのか?ちなみに海老名SAにレッズの選手が立ち寄ったそうです。そこにいたレッズサポはあえて、気づかないふりをしたそうで(無理あるなぁ)。私だったら握手を求めて「次、頑張って下さい。いつまでも応援します」って言ったろうに(妄想)。

 厚木を過ぎて、今度は首都高で何度も車線規制。霞ヶ関で結構詰まる。底を抜ければすいすいと、浦和ICに2時到着。なぜか岩槻ICまでいかず、122号線を北上し、家に2時15分に到着でした。レッズ横浜倶楽部さんは東京までバス、東京駅に止めた車で横浜は帰着。3時過ぎたようです。

みなさんお疲れ様でした。 ちなみに、浦議SNSのにしざくさんは同じように9時45分に掛川駅を出発し、0時20分には南浦和の自宅に着かれたそうで。立ち寄りなしの安全運転爆走。早いなぁ。

|

« パル戦 現地で見えたこと感じたこと | トップページ | なぜか楽しくなってきた »

清水戦」カテゴリの記事

コメント

tankさん
コメントありがとうございます。テレビを壊さないように(笑 しかし、今になってですが、あいう負け方をすると、なおさらレッズをサポしなくてはという気持ちが沸々と沸いてきます。俺たちの愛するレッズを勝たせたい。変な話ですが、ずっと勝ってきたレッズはもちろん好きですが、負けたレッズを愛してサポする。大げさでしが、これが原点でしょう。そういう意味では何か楽しくなってきました。頑張りましょう。

投稿: 見沼鰐 | 2006年4月23日 (日) 21:47

現地参戦お疲れ様でした。
今日はやはりみなさん、エントリーのペースが
遅いですね(無理もないですね)。
久々の敗戦、しかも笛吹童子審判のふしぎな
笛に踊らされ、納得のいかない敗戦。
アレックスのシュミレーションまでとられ
(あのときは思わずテレビの画面の家○を
殴りつけました。こたつ蹴飛ばしました)、
坪井&ポンテの退場というオマケ付き。

試合後に映った、エスパルスサポの
まるで優勝したかのようなドンチャン騒ぎぶりと、一点目でゴール裏を挑発した、腕に入れ墨
入れた柄の悪い兄ちゃん(○キーニョス)、
ホームでは絶対許しません。
次はダービー、熱いゴール裏を期待しています。

投稿: tank | 2006年4月23日 (日) 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/9726478

この記事へのトラックバック一覧です: エコパ遠征記羅列書き 富士山三昧:

« パル戦 現地で見えたこと感じたこと | トップページ | なぜか楽しくなってきた »