« 川崎-駒場行きバスツアー | トップページ | イオンスタジアム与野 »

2006年5月28日 (日)

ダークサイドに落ちた娘

0006_7   タイトルを見て何だろうと思われた方すいません。要は鞠戦のレポです(今頃)。この試合、前も書きましたが、3姉妹姪っ子の一番上の娘と初観戦。しかも、バックアッパー初体験(SA席、最前列)という初物づくし。しかし、消化試合に良く、これだけのサポが集まったものです。

 バックアッパー、結構いけますね。予想通り、全体が良く見える。確かに距離はあるが、展開を把握するには絶好の位置。両ゴール前での攻防戦も良く見える(とはいえ、さすがにハンド・マイクは分かりませんでしたが)。

0002_15

 点数がばんばん入ったので初心者の姪っ子にも分かりやすかったはず。楽しんでくれてました(実はオランダでサッカー見たらしい。私より猛者かも)。試合前に、ビールを飲ませ、ハートフルコンサート(埼大)を見ながら昼食をとり、入場。アクリル板から始まり、北ゴール裏まで解説して案内した甲斐があります。レプリカは昨年のを貸し、タオマフを買ってあげました。試合後、茨城に帰る時に、向こうから、「また、ぜひ見に行きたいです」と言ってくれた。浦和ダークサイドに落ちましたね。フフフ。

 しかし、駒落ちとはいえ、鞠は歯ごたえが無くなりましたね(まぁ向こうは2枚落ち、こっちは5枚落ちでしたが)。しかも途中からマイクが出てくると、マイク頼みなのが見え見え。とはいえ、結局、余計な2点は結局マイク絡みですから、頼りたくなるのは分かりますが、つまんない攻撃です。
 
 老婆心ながら思うのは、マイクが“師匠ダークサイド”に落ちるんではないかということ。何か芸風が似ている。ペナルティエリアに入り込んで、ハンドで点を入れた点、ペナルティエリア前で転んで見せてFCを獲得(これが点につながる)。変な才能ありそうで気持ち悪い。

 相馬の初ゴール、シトンのハットトリックは最高でしたが、永井がいろんな形でゴールに絡んでいたのが嬉しい。足下ではなく、ここに走って球をとれっといった形でのパスが絶妙でした。これがワシントンに渡って3点目。

 そんなパスを受けて、平川がペナルティエリアまで切れ込んだ攻めにも興奮。あそこまで入って相手を切り裂けば相手もバタバタします。

 岡野も短い時間でいい仕事しますね。センタリングの旨さ、巧妙さには脱帽でした。

 あっ、加藤良かったですね。2点摂られましたが、フィードがなかなかのもの。山岸より良いんじゃない?

0001_6

 久しぶりに外から見た北ゴール裏も美しい。ただ、バックスタンド寄り前列当たりは、選手のウォーミングアップになっても席に戻ってこない奴がいるのには驚いた。あの辺、花見客ですな。それからwe are dimondsの歌詞の段幕触ってきました。頭下がりますね。制作者の方ご苦労様です。

0005_4

 南ゴール裏最上段で毎試合、1人でフラッグを振っているサポにも頭が下がりますが、鞠戦ではお仲間が増えたようで(写真上)。

 まだ、鞠との試合は残っているので気を抜くわけに行きませんが、鞠、鹿島より結果から見ると、千葉犬、川崎海豚、ガンバが相手として嫌な感じ。その海豚と来週試合です。気を抜くなよ私、サポ、そして選手(特にタリーさん)。

(レッズ4-2鞠 埼スタ SAバックアッパー1列187、穴沢、4万3129人、晴、午後3時)

0004_4

|

« 川崎-駒場行きバスツアー | トップページ | イオンスタジアム与野 »

ナビスコ戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/10269784

この記事へのトラックバック一覧です: ダークサイドに落ちた娘:

« 川崎-駒場行きバスツアー | トップページ | イオンスタジアム与野 »