« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月25日 (日)

拉人 大宮

0004_6  拉人と書いて「らじん」と読みます。見沼区東新井の交差点にあります。昔は、ラーメンフランチャイズのラーメンとん太が合ったような記憶があります。それから水餃子などを扱うラーメン屋「たち花」になったような。いい加減な記憶ですが。

 Jリーグが中断中の上、息子が試験前期間中なので部活がなく、さらに妻も卓球の練習後の食事会がなかったということで久しぶりに3人で昼食をとることに。実は昨日も3人で昼食。我が家としては珍しい土日でした。

0003_12  店の外見は個室系の飲食店のような感じ。実際、中はテーブルごとに仕切られています。カウンターもあります。駐車場は広いので気軽に行けます。みそ、醤油、塩とあります。スープには豚骨、鶏ガラ、野菜など30kg以上の量になる素材が使われ、サバ節などの魚介系ダシも使ったダブルスープ方式だそうです(と店に置いてあった「ラーメンマップ埼玉9」に書いてありました)。

 丼は小振り。黒い有田焼だそうで。通常の一玉を「小」と表示してますが、普通の一人前です。餃子と、肉のつまみ、ビールを頼みました。

 妻と息子は味噌ラーメンを頼みます。目立った特徴があるわけでないですが、妻は麺が美味しいとのこと。650円。息子はバターと煮卵をトッピングしてました(いずれも100円)。

 私はネギ味噌ラーメン。ところがこれにはネギしか入っていなくて、息子の味噌ラーメンに入っているチャーシューも姫竹もなし。ありゃりゃ、えらい単調なラーメンになってしまいました。これで750円。よほどのネギ好き以外はお薦めできません。

拉人

(さいたま市見沼区東新井295-4)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

オシムの件

川渕発言、あれって確信犯だね。千葉とすれば難題でしかない。クチが滑った形にして、公にしてしまえば追い込めるとの判断?オシムはそういうの嫌いなんじゃない。怒って破談とかありそうだけど。それから、日本人らしくなく千葉が反発するかどうか。千葉にとっては良い迷惑。ギドにも話は来たようだけど、その時点では浦和愛の方が高かったようで。

もちろん、日本代表のためにオシムという選択は良いとは思います。恐いのは途中交代。オシム、健康管理にガンバってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

皆さん寝てますか 新潟戦

ぼけていたのか。チケットの発売日だと言うことを9時に自覚。事情があり、ネットを使ってぴあで購入。恒例のつながりませんが続いた後、無事アウェイ自由席を購入。

まぁ、平日ですし、優勝のかかった昨年の最終戦のようなことは無いと思っていましたが、それでもチケット購入時は頭にに血が昇ったりしました(笑

久しぶりの興奮ね。いよいよですね。といいながらまだ時間はある。
まだビジター自由席、余ってますしね。N自由が売り切れてます。さすが新潟ですか。レッズサポも踏ん張らないと恥かくなぁ。 下の図が席割り図。
05sekiwari

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

花月 風渡野

0002_19  え~また、息子の部活が昼まででしたので2人でラーメン昼食。妻は卓球の試合で不在。

 家から車で10分ほどの風渡野の花月へ。花月は言わずと知れたFC展開の店。会社名はグロービートジャパンね。一応ラーメン専業。で、風渡野って読めるのは旧大宮市民くらい。「ふっとの」と読みます。

 まぁ、個人的に花月の味は嫌いじゃない。特にニンニクを頼むと無料で持ってきてくれること。これをつぶしてラーメンに入れます。

 メニューが豊富な上、来るたびに期間限定のメニューがあるのでいつも息子は券売機の前でしばし悩む。これがおかしい。心の葛藤が透けて見えて面白い。

 花月はいつも何らかのキャンペーンをやっているのだけど、皆今ひとつ。今回は10回以上店に通わないとメリットのないキャンペーン。それほど来るほどの余裕はないので、我が家には意味がない。1日1食花月に来ても良い人向け。

 この風渡野店はこざっぱりしていて、スペースにも余裕があって嬉しい。6人は座れる座敷テーブルを2人で占有出来るのがメリット。駐車場も広いので、来やすい。

 いつ来てもそれなりに満足して帰っているお店です。

 え~頼んだラーメンの名前覚えてません。

 

花月 風渡野店

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二代目丸源 岩槻

0001_11  国道16号線を岩槻IC側から進み、元荒川を渡った右手にあるラーメン店。チェーン店で、中華、焼き肉、和食をフランチャイズしている物語コーポレーションが運営している。

 ちなみに二代目丸源のある場所は、昔、永谷園のアンテナショップがあって、お茶漬けを1500円で食べさせていたところ。美味かったけど1500円はねぇ。

 ということで、今回も息子の部活が昼までだったので(6月11日)、2人で食べに行く。醤油とんこつと銘打っているが、そのままの味。醤油の分だけあっさりしている。

 2人が頼んだのは黒とんこつ。私は辛ネギをトッピング。息子はいつものように半熟煮玉子。餃子も頼む。

 あっさり味の方が好みになった私としては、こってり系より相性が良い。全体にバランスは良い。その分とんがった特徴はありませんが。餃子は8個で294円。安いけど1個が小さい。後気になるのは価格が外税で書いてあること。ちょっとせこい感じ。セットメニューもセットにすることで安いのかと思えば、実はただ定価を組み合わせただけ。それに気づかす「頼もうか~」と息子にいったら「値段は同じだぜ」と笑われた。とほほ。

 駐車場は広いので心配なし。岩槻IC側からアプローチする際は店の手前を右折して駐車場に入りましょう。直進したら入れません。

35/56/46.097,139/43/14.353

今回はアルプス社の地図を使いましたが、概して、アルプス社の地図は縮尺が大きいので、細かな地点を示せないのが弱点。地図上の情報も昭文社の「ちず窓」の方が多い。下に昭文社の地図を載せてみます。 ただ、アルプス社の地図はブログ画面内で拡大縮小が出来て気持ちよい。ちず窓はクリックすれば別ウインドウで地図が開き、ここで拡大縮小できますが、すこしまどろっこしいです。

丸源

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

日立台 岡山劇場 ルポ 

0023 中断期間の長さを少しでも緩和しようと日立台のレイソルvsヴェルディ戦へ。今話題の岡山が前回のホーム試合で言った「1万2000人来たら、絶対勝つでぇ~」と、岡山のパフォーマンスにつられての遠征。日立台はえらい久しぶり。去年も一昨年も行ってない(そもそも去年はレッズ戦は開催されてない)。

0001_10

柏駅を出ると、レイソルの試合への勧誘が行われていて、そこでチケットを買う父子も。

で、日立台に入ったとき、こんなに近かったけと、改めてピッチとの距離の近さを再認識。アップをする選手が目の前(MR指定3列目)を通り過ぎる。「グラウンドには絶対に降りないでください」という警告も説得力がある。テレビ中継のカメラも目の前。子供が物珍しそうにカメラをのぞき込む。

指定の0007_2 席は、左がレイソルサポ、右が緑虫サポという微妙な位置。しかし、日立台は知らないうちにお笑い劇場と化してました。選手のアップ中に意味もなく合成音の笑い声を流すし、緑虫の選手紹介中には「タブー」を流す。

0006_5

そうかと思えば「柏 バカ一代」(空手バカ一代の替え歌)を歌い出す。さらには、デカフラを掲げてのビジュアルサポの後、旗の下から裸になったサポが出てくるという趣向。その裸族をレイ君がリードしてサポートを盛り上げる。

0011_2 0012_3

レイ君といえば、ヴェルディのゴール裏前に行き、試合前のコール真っ最中のヴェルディサポを様々な姿態で可愛げに煽る(?)レッズサポの前でやったら火だるまですよ。

0008_2 0009_2 0010_4

見物はやはりゲーフラ。「岡山 柏に家買っちゃえ」「岡山の完全移籍に必要な20億俺出す」「岡山 庭に芝生」「岡山 3LDK」「岡山 柏に犬飼っちゃえ」と岡山ネタが増殖中。「お笑いでは負けない」というゲーフラも。ダークサイドへ落ちる覚悟は出来ているようです。0024 レンタル移籍中の岡山への愛?が噴出しています。

1時間ほどですが、試合前で十分楽しませてもらい、いよいよ試合開始。で、わずか10分で3得点。しかも、最初の点はCKからのボールを岡山がフリーでヘッド。見事に決まった(というかフリーにさせすぎ)。ちなみにこの得点の前に、ベルディ平本の幻のゴールがあり、あれが入っていたら流れはどうなっていたか分からず。90%がたボールはゴールに入っていたような感じのシュートでした。

ただ、レイソルも3点とってからは点が入らず。ヴェルディが中盤をそれなりに支配する。ただ、最後のフィニッシュ至る前にミスをして、シュートに結びつかない。結構、レイソルの左サイドに切り込んでいたのにレイソルを崩せず。特に30分過ぎごろは攻勢をかけたものの結局点が取れず。それでも、リカルジーニョが2枚目のイエローで退場になったため、優位にたてるかと思いきや、それもならず。

0014_1 そして後半。開始早々に4分にまたセットプレーから岡山が見事な飛び込みでヘッドでゴール。8得点はJ2第二位タイ、チームでは一位です。闘莉王のような働きぶり。

どちらかというとレイソルの攻撃はシンプル。ヴェルディはオールを回しているうちに自滅していく。結局、試合はヴェルディが1点を返したものの4-1でレイソルの勝ち。

0017_2 試合後のパフォーマンスも凄い。サポへの挨拶が一段落した後、岡山がゲーフラをもってピッチ上で踊り出す。岡山はバックスタンドまでゲーフラ持って走っていき、サポを盛り上げる。持っていたのは「岡山 柏で犬飼おう」というゲーフラ。たぶん今回の新作。

0019 0020

挨拶が終わったら、今度はお立ち台。岡山がマイクをもってサポに話しかける。
「1万1000人、あとちょっとやなぁ。1万2000人来てたら俺ハットトリックしてたかも。でも今日は選手みんな日立台の力知りました。 みんな感動して、絶対前半から点取ろうって言ってて3点取れちゃいました。 そしたらちょっとみんなサボっちゃって、ちょっとだるい試合やったかもしんないっすけど…。 どきどきはらはらしてもらいましたか? この1万1000人が…次どこやったっけ??(スタッフに聞く)
水戸の柏の葉にそっくりそのまま行きましょう! 一人ひとり顔覚えたで!! 柏の葉でまた会いましょう!! 」(「Startingover」から引用させていただきました)。

笑いをとって、次回の営業もこなす岡山。頭が下がります。

0002_18 いわば大衆劇場の役者のような立ち位置、レッズの選手は今や大劇場に出る役者になってしまい、こういう距離感ってなかなかもちにくい。緊張感とともに闘いに挑むレッズが好きですが、たまにはこういう試合と雰囲気も良い物だと感じました。ずっとだとつらいですが...。レイソルがもっと動員力を高めて進化していくことを期待します。

しかし、ヴェルディサポも頑張っていたけど、コールが単調すぎて辛そう。ロングコールも効果的にやるのは良いが、変化なさ過ぎに感じました。


0016_2 そして、今回のサプライズは主審が西村だったこと(右は活躍される西村さま)。2試合続けて見てしまいましたよ。基準の曖昧なジャッジ。まぁ、それでもレイソル大勝でそれほどとげとげしくなりませんでしたが...。ヴェルディもラフプレーが多かったこともありますが、イエローは10枚。さすがというべきか。

35/50/45.688,139/58/36.611

続きを読む "日立台 岡山劇場 ルポ "

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年6月10日 (土)

W杯がどうした 川崎戦 今ごろレポ

0001_8 W杯も始まり、RHBのタイトルもW杯ネタが多くなってきた今頃なんですが川崎戦のレポです。悔しいの一言。

前半、川崎得意の速い動きと、ゴール前(結果として)左右にグラウンダーのパスにレッズのDFが着いていかず、点を取られる。

0002_17 どうもレッズはゴール前を左右に振られ、そのボールに後ろから縦に突っ込んでくる攻撃に弱いようにみえる。千葉戦でもボールを左右に振られてやられてます。デジャブー感がありました。

放り込みサッカーや、下手なクロスには強いレッズのDFだが、グラウンダーのパスへの対処が課題かも。

後はワシントン頼みはやめましょう。7割頼っても良いけど3割は全く違う攻撃をして欲しい。緑虫の陥った陥穽に落ちるのは避けたい。

それでも、後半しばらくは動きも良く、今日は行けるんじゃないかと思った時間帯があったのも事実。暢久のシュートも運が無かった。ある意味、ギドが言うように皮一枚の差だったかもしれないが、頭を使えば、もっと楽に試合ができたハズ。

以下参戦記メモ

当日は新丸子から徒歩。途中、あまり店がないのが難点ですが、15分ほどでスタジアムに到着。ここから入ると、ゴール裏の列に並ぶのには便利。開門は始まっているが、長い行列がゴール裏に続いている。

しかし、会社の最寄りの駅から30分足らずで新丸子に着けるのは僥倖。会社が引っ越したおかげ。意外と近いね川崎。その分、味スタが行きにくくなったが。

当日は、mixiで知り合った「さとゆみ」さんに前の試合のDVDをいただく約束。ホーム自由席に陣取ったさとゆみさんと2番ゲートで無事ランデブー。ありがとうございました。

開門後に入っただけに1階席は余裕なし。そこで、前もって電話をもらっていた浦議SNSのレッズ横浜倶楽部さんのお言葉に甘えて、2階席のメイン寄りに席を確保。ここで夕食のパンとビールを食す。レッズ横浜倶楽部は横浜在住、しかも友人に川崎サポがいるので、結構等々力に来るとのこと。

天気は良いし、気温もちょうどよい。思わずビール500mlを3杯痛飲。そんなところに、今回のチケットを譲ってもらったVERON23さんと遭遇。この方も浦議SNS仲間。しばらく雑談。

さて、レッズ横浜倶楽部さんは前日にこめかみ近くを縫う怪我をされていて、あまり暴れられないとのこと。そこで私1人でより中心部に近い席に行くことに。席はなくても2階席なら通路にたてるだろうし。

0003_11 と、とぼとぼ歩いていると、たかはし(with yamaさん)、あかひと妖星さんという濃い~ブロガー様たちと遭遇。前回の宴会から3日しかたってませんが、また会ってしまいました。これ幸いと紛れ混ませていただいてサポ。

と、結構、いろいろな人に会えた試合でしたが、結果が伴わず。次節頼みますぜ。今日は、リハリビを兼ねて日立台の柏vs緑虫戦を見に行きます。一応柏に肩入れしつつ、緑虫寄りのメインで見ます。では。

35/34/53.883,139/39/21.363

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

ゆけレッズ 勝つのみ 改

(前回 あまりの書き流しに少し文を整理。とはいえ、あまり変わってませんが...。)

もう今日ですね、川崎戦。

で、ポンテの出場が危ういとの報道。

今日は、引き分け狙いなどと言っていたらずたずたにされます。

ここは中盤をきっちり押さえ、両サイドから攻め続けて欲しい。それが川崎の両サイド、FWを押さえることになる。

ポンテが出られない状況となればワシントン下に暢久、永井。その後ろに長谷部、啓太を希望。攻撃はワシントンだけでなく、ワシントンをダミーで使い2列目や闘莉王、堀之内がゴールという手も期待したいぐらいですね。左右は相馬と平川。

ちなみに、2トップ妄想も。エスクデロなり横山を2トップの相方に使いませんか。裏をかく動きを交えれば、攻めのバリエーションは百花繚乱だぁ。

とはいえ、ギドはそうそう横山、エスクデロは使わんでしょう。結局、ポンテの代わりに長谷部、長谷部の位置に酒井の線濃厚。でも、ちょっとこじんまりとまとまりすぎか。酒井好きなんですけどねぇ。または暢久。そうなると、スタメンに平川が入る。酒井でないかなぁ。そういえば黒部も出るチャンスがないなぁ。

ともかく、明日、サポも踏ん張りましょう。海豚サポはホームAの赤の多さに驚くでしょう(と妄想)。それから不良外人覚えてけよ。ああ、しつこい私。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

狂乱 悩乱 混乱の試合

0003_10  はい、遅れに遅れた川崎戦レポです(決して、試合後の飲み会,飲み会のせいではありません。写真は選手入場時のデカ旗。)。

 しかし、レポするほど記憶がありません。あれだけ殴り合うと脳がダメージ受けて、得点経緯を覚えていません。西の黒い人のそばにいたこともあって、余計試合内容が分からん状態。スカパー!未契約なので録画もみれません。確実な事実は、のどの痛みのみ。

 川崎強いですね。得点はいずれも完全に崩されていたように見えました。ボールが右へ左へと良く動く。速い。千葉ほどの走りのイメージはないですが、攻撃パターンが出来上がってます。得点者を見ても取るべき人が取ってるし。

 ただ、レッズも苦労しながら、相手を自由にさせていなかったように見えていましたが、あっけなく1点返されてしまいました。この時点でまだ18分ですから、本当に押さえ込んでる時間は短かったんでしょう。

0001_7  しかし、川崎のサポ元気いいし、きれいでした。埼スタでどのくらいサポが集まるか見てみたい。

 それに比べて川崎のジュニーニョ、マルクスのレッズサポへの挑発行為の品のなさ。自分のサポのところへ行けよ。スタンドからはついにモノが投げ込まれました(紙くずですが)。清水の某外国人選手も似たような事をエコパでやってました。

 思うに、あれはやはりレッズのサポが気になっていることの裏返しでしょう。“強いレッズ”に一矢報いたという思いもあるんでしょう。日本人に比べ感情が素直に出るんでしょう。可愛いもんです(なんて心は広くないからな。覚えてろ)。

0002_16  ただ、別に我々は横綱でもなんでもないので、タリーなんていってられません。ギドも言っているように、前半でちょっとリードしているだけですから。後半戦気合い入れてサポせねば。

 そしてこの試合、川崎とともに成長株ぶりを見せつけたのが奥谷。埼スタでの栗鼠戦の時と同じく見逃し、基準のブレ、サポを逆なでするジャッジとてんこ盛り。「ハゲ」関係のヤジが凄まじかった。

 上川がまともになり、ジャスティスが控えめになり、ジョージがこじんまりとしてきた中で赤丸上昇中。家本のような天災(天才)とは違うタイプですが、危険なかほりが...。主審に引っ張られるのか線審もぐだぐだでした。

 それにして、あの展開で良く勝てました。その辺が底力ですか(そんな底力見せなくてもいいから普通に勝ってください。お願いだから。年寄りの心臓に悪い)。選手は「速く、激しく、外連中味なく!」やってくれました。

 サポも久しぶりのロングコール。出し惜しみなくメジャー級?コールが続く。「PRIDE OF URAWA」をあれだけ続けたのは最近は無いはず。昔は良くありましたが。

 ともかく水曜は気持ちを引き締めて参ります(だが、本当に行けるかは当日の運次第)。

(レッズ4-3海豚 駒場 西1階17番ゲート前、魅惑の奥谷、1万9292人、晴、午後3時)

0004_5  P.S. 1万9000人の観客は、売り切れでも空席ありの最近の駒場に比べれば多い方ですが、2万超えはしませんでした、ナビスコだからしょうがないとは思うけど、チト寂しい。東の密集度は凄かったですが、西は普通でした。

P.S.2

北浦和の飲み会たのしゅうございました。お誘いいただいた皆様に御礼まで。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

甲府チケット売ってたんですか?

てな感じで、どのルートも瞬殺。電話はやってませんが。FMはどうでした?

これで通常の販売ルートは全滅。やふうおうくしょんでは77件、300枚以上のチケットが出品中。ゴール裏を1万で売っておるやつがいる。とほほ。

ちなみに甲府まで言ってチケット入手した方もおられるようで。キャパの少ないチームはそれだけでレッズサポに貴重な先生先制攻撃できるわけね。Jリーグ全体の動員力が上がり、スタジアムの規模が大きくなることを期待します。気の長い話だ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

いよいよ明日 海豚を叩け

 いよいよ明日、準々決勝。2週間試合がなかっただけで、なんとなく開幕気分のような高揚感があります。

 明日の川崎は個人的に千葉犬に次いで嫌なチーム、最初様子なんかみていると、あっという間に相手のリズムになってしまいますよ。

 だが、クレバーにかつ熱く、試合に入ってくれれば負けることはない。練習でもシュート練習を多めに、「打ち勝つ」準備をしているようだから、その路線で行ってください。

昨日、闘莉王が怪我で練習を途中で切り上げたのが少し気がかりですが。
どうなったんでしょう。
後、相変わらず願望モードですが2トップ希望。エスクデロ、横山?
さらに永井を右サイドに使って崩してください?となると暢久でれません。
ということでこの案は没なんですが、そろそろ1トップの惰性から抜け出したいですね。とはいえ、それを試みるにはあまりに重要な試合です。
昨年の千葉犬との屈辱の戦い。駒場での手巻き頬骨陥没骨折雨の臨海での同点ゴール、闘莉王の幻のシュートを思い出します。雨に打たれながらバックコーナーから声を出したことは忘れません。
明日はサポも選手も
速く、激しく、外連中味なく!

追伸 明日、闘莉王は微妙なようです。近藤が帯同するようです。昨年、わずか5分の出場を思い出します。

続きを読む "いよいよ明日 海豚を叩け"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後期サポ計画

 ということで最終戦までの日程が発表になりました。

個人的には10月28日(土)のジュビロ(ヤマハ)、11月18日(土)名古屋(豊田)が注目です。アウェイの楽しみは旅を計画するのに似ています。同時にレッズのサポが出来る(うん、順番は逆ですね)。遠征アウェイのゴール裏の結束も楽しみの一つです。

 いずれの試合も14時開始ですから終電を気にせずいけます。車派の私としては名古屋に車で行くかがポイントです。

 豊田は久しぶりですからぜひ行きたい。ヤマハも久しぶりです。

 前期に比べ遠距離アウェイが大分しかないので比較的、余裕な感じ。しかし、大分を平日ってだれが決めた! 今年こそ大分で1泊してこようとおもっていたのに、平日では厳しい。

 後、気になるのは8月23日(水)、埼スタの新潟戦。平日、19時からです。遠距離の相手サポ、平日の埼スタという条件を考えると、かなり動員は厳しそう。これこそ駒場でよいのではと思ってしまいます。ちなみに私の職場は南北線沿いなので1本で行けますが、行けるか?

 ちなみにPSMの日程は最悪。大丈夫ですか。これが犬飼社長退任の結果だと困るんだが(タイミングとしては社長手動でしょうが、そうなると何を考えているのか。レギュラー下げて興業ですか?本気モードでやってリーグ戦二の次ですか。後者はありえないから、手抜き興業ね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

駒場へチャリでGO

 浦議SNSで書きましたが、今度の土曜の駒場は自転車参戦目指します。東大宮や会社から駒場に行く場合、素直に電車+徒歩で行くことになるのですが、12キロと想定される駒場まで走れそう。ちなみに埼スタは10キロ。

 埼スタに3度ほど自転車でいってから、その気持ちよさに、今は自転車参戦プチ禁断症状。天気は崩れないようですから、自転車で行ってみようかと。1時間ちょいでつくかな(Map Fan Netでは73分と予測)。

 行きは良いけどサポ後に飲みの予定が入った(これは楽しみ)怖いのは帰りかも。気をつけねば。
Komaba

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »