« あわててセレッソ戦参戦記 | トップページ | ギドへ送る言葉 »

2006年8月31日 (木)

フリーズした夜

昨夜、試合後フリーズ。ようやく今頃解凍。

先発メンバーを見て、懲りない人だなぁと思っていましたが、ついにほころびが。

代表組の疲労を考えると昨日のスタジアムの環境は最悪でした。
先発の固定化、選手交代のタイミングの遅さ、この辺がずっと気になっていましたが、何とか勝ってきた。ところがこの試合で釜の底がみえたというか。自分をだましてたってこともあります。

個人の頑張りでできることとできないことってありますよね。
次の試合も、疲れはててかえってくる代表組を同じように使うんでしょうか。その間、大宮はめいっぱい休んで、戦術練習をしているんでしょうね(大悟を除いて)。
ギドの硬さが気になります。

この試合結果が気になるのは、若手の育成の遅れ、後手後手の采配、改善されない選手間のコンビネーションの悪さが長期的にレッズをやばくするという危機感からです。まぁ相手の監督ができすぎ君だから余計そう見えるのかもしれませんが。

(シャムスカ2-1ギド 九石、NHKBS録画再生、山西、2万7843人、曇、午後7時)

|

« あわててセレッソ戦参戦記 | トップページ | ギドへ送る言葉 »

大分戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/11698390

この記事へのトラックバック一覧です: フリーズした夜:

« あわててセレッソ戦参戦記 | トップページ | ギドへ送る言葉 »