« 栗鼠戦 参戦レポ #1 | トップページ | 家本は矯正できない なぜなら »

2006年9月13日 (水)

栗鼠戦 参戦ルポ #2 レッズ連勝展望(改)

0008_3  さて、試合開始。驚きは達也が先発からはずれたこと。相当疲れてたんだね、達也。永井の調子も良かったのだと思う。

 前半は一方的にボールを支配する。こちらサイドのピッチでしか試合をしていない。だのに、点が入らない。永井やシトンのシュート、ゴールポストに当たるアレのフリーキックを初めとしてあわやのシーンが続出。だからといって絶好調というイメージはない。プレスが厳しく、高い位置でボールを奪うところまでは良いのだが、その後が続かない。密集したゴール前で華麗なパス回しを試みるがうまくいかない。まぁあれだけ人口密度が高ければ、ねぇ。

 しかも遅攻なので、攻撃する段には栗鼠の選手も用意万端。これを崩すは苦しい。縦の突破が信条の平川もゴールが近づくと急ブレーキをかける。ヲイヲイ。まぁ最近のデフォルトですが。

 結局いくらボールを支配していても、これでは点にならない。とはいえ、ちょっと前の「点の臭いがしない」状況でもない。少しは良い感じ。結局、酒井の縦の突破・シュートでこぼれ玉をワシントンが得点。この位縦に切り裂かないと、ダメでしょ。ともちゃん素敵。

 主力がけが人だらけの栗鼠だからボールを支配できたという感が強い。ふと、これは意図的にボールを持たされているのかと思ったが、試合後の三浦監督のコメントではそういうつもりではなかったようだ。となれば、単純に実力の差。もし、相手が栗鼠でなければ、ボールの支配もままならなかった感じがする。

 それだけに前半終了間際の1点は重かった。あれで点が取れなかったらどういうことになっていたのやら。結局、縦に早く切れ込み、相手が防戦体勢が不十分なうちに攻め込むことがいかに大事か。そうでなければ点はなかなか取れない。個人的には04年の1stステージと2ndステージの前半の速攻をまた見たいところ。あのときよりもバリエーションのある攻めもできるはずだから,もう少し早く攻める意識が高まると強いと思うんだが。

0012_7  後半。今度は相手側のピッチで試合が展開するかと思ったら、栗鼠が大攻勢。おかげで目の前でサッカーみれましたけど。冷や冷や。

 レッズの足が止まり、ラインがずるずる下がる。早めのプレスもできず、サイドから自由にバイタルエリア付近まで進入を許す。これも最近の定番。これでは優勝は難しい。

 再度深く進入されてもプレスがないに等しいので、好きなようにクロスを上げられる。まぁ、この日の栗鼠も桜井が抜け,決して速攻ではないので、DFの準備はできるし,危ないシーンでも坪井が冴えわたっていたので決定的な危機にはならない。ただ,この手のクロスは一つ間違えると出会い頭の交通事故のように点が入ってしまう。スピードのあるチームだったら確実のどこかで1点取られていた感じ。

 特に右サイドから自由にクロスを上げられてしまうのが問題。この点についてはアレは確かに機能しない。闘莉王以下鉄壁のDF陣のおかげで点は入らなかったが、こういう心臓に悪いプレーは勘弁して欲しい。

 こんな調子だから当然、後半は点を取れる感じがしない。逆にスピードのある桜井,有村が入ってきて危険度が増す。しんぼうたまらんでギドは内舘を入れる。それでもポンテ、相馬が入ってきて何となく活性化。チャンスは逃すものの、少し点の臭いもする。最後はポンテのいいタイミングのパスを受けて、永井が難しいシュート。良く入りました。さすがポンテ。決定的パスを出よなぁ。

 結果、オーライですが、これが清水相手なら負けてた。加入間もないもののスピード感のある有村に結構いいポジション取りをされ、あわやのシーンも。清水レベルなら、みなあんな感じだろう。

 それでも、今月は代表戦はない。試合間隔も1週間ある。ポンテ、ネネも戻ってきて、代表選手も疲れが取れれば、チームの力は向上するはず。嬉しい事に広島、清水、京都という順番。気を抜いてはいけないが広島で調子を戻し、清水に最高の調子で撃破、京都をチンチンさせるのがシナリオ。累積イエローも闘莉王を除いて精算済。レッズの速攻、コンビネーションの復活を祈って、次節を待ちます(10月はまた連戦ですが)。シトンが怪我という情報も流れてますが,大事にいたらないことを祈ります。ようやく役者揃い踏みになりそうなんですから。

 あっ、忘れてた。久永、いい加減にしろ。テクニックのないところを足払いでごまかすのはもうやめましょうね。そんなことやっているといつか土屋になるぞ。次いでに、暢久、パスはいいからシュート打って良いんだよ。酒井のようなことが起きるんだから。

 それから、熱いサポのできた今日の場所の楽しかったこと。兄さん絵になりますね。

(栗鼠0-2レッズ 埼スタ、北ゴール裏28列152番、吉田、3万5059人、晴、午後7時)

0009_5

|

« 栗鼠戦 参戦レポ #1 | トップページ | 家本は矯正できない なぜなら »

栗鼠戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/11874582

この記事へのトラックバック一覧です: 栗鼠戦 参戦ルポ #2 レッズ連勝展望(改):

« 栗鼠戦 参戦レポ #1 | トップページ | 家本は矯正できない なぜなら »