« 気合いの足りない熊戦 | トップページ | 一夜明けて 暢久様~ »

2006年9月16日 (土)

熊戦 攻めこそ最大の防御なり

 さて、お天気も良く絶好の酒日和。もとい絶好の観戦日和。今期初のベストメンバーとなるはずが、やはりシトン、啓太が出場せずということで、どんな布陣にになるのやら。

060916a_1  GGRの予想は右の通り。もっともな布陣。「大人の布陣」。寿人へのパスを断ち、狂犬と駒野に対応するには中盤を厚めにするとともに、伸二、ポンテから達也へのパス、機を見て二人のシュートも狙うということですかね。この二人の攻守の攻めがポイント。受けにたつと、攻撃チャンスも少なくなり、辛くなる。気がかりなのは2人とも間を詰めた攻撃的なプレスをするタイプではないこと。酒井、長谷部の役割が大事ですが、2人が下がり目だとプレスも効かず結局寿人への裏パス、狂犬のつっこみに対処できなくなり、防戦一方に。そうなると攻撃もしょぼくなる。攻撃的であることが最大の防御だと思うんですが。

060916b_1  そこで、フォーメンションで攻撃的にするために平川のところに最初から岡野を入れて相手陣内をかき回すというのも良いと思うんですが。直線的攻撃なら平川ですが、岡野も敵陣深く入り込んでのクロス、ゴール前へのつっこみなどバリエーションはあります。ついでに相馬を左に。これ「かき回し布陣」。かき回しているうちに達也、伸二、ポンテが絡んで得点という願望。大人の布陣で点が取れないと最後はこういう布陣になるかもですが、そんな状況では見たくないですね。

060916_2  さて、バランスは悪いものの、より前がかりの布陣にして、全体のラインを押し上げるというのが右の案。妄想案に近いですが...。この場合、永井、ポンテの組み合わせが意外に魅力的だと思うんですが。ポイントはポンテと永井の連携。2人がパスもシュートもすれば、達也も含め3トップ的な様相を呈して面白い。「3段がかりの布陣」。もっともこうすると、誰が起点になるのという不安が。長谷部、酒井が攻撃的にならないといかん。ただ、そうなると中盤の守備が不安。特に手薄になる左サイドを駒野が攻め込み、三都主が好きにやられちゃう感じに。

060916_1  そんな不安を振り払い、さらにいけいけどんどんで右に岡野、左に相馬で、かき回しまくる。まぁあり得ない布陣ですが、これでがんがん前ががりになるのを見てみたい。「特攻大作戦の布陣」。そうなれば酒井、長谷部も中盤で早いプレスができるし、点を取られても取り返せる。昔、ギドが言ってたチームになれるんですが。ほんとか?

 まぁ妄想はここまで。ただ達也のワントップって面白くない試合になりそう。レッズはみんなでワーって攻めるのが魅力だと思うんですが。いかがでしょう。

|

« 気合いの足りない熊戦 | トップページ | 一夜明けて 暢久様~ »

広島戦」カテゴリの記事

コメント

コメントどうもです。

応援弁当ですが、これが結構不味くはなかったりしました。

投稿: ただの赤いいおじさん | 2006年9月20日 (水) 17:09

こんにちは。
いいですね、みんなでワーッ。
缶けり大作戦ですね。

投稿: no | 2006年9月16日 (土) 16:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/11915110

この記事へのトラックバック一覧です: 熊戦 攻めこそ最大の防御なり:

« 気合いの足りない熊戦 | トップページ | 一夜明けて 暢久様~ »