« 栗鼠戦 主審は誰だ! 恐怖の大魔王降臨? | トップページ | 栗鼠戦 参戦レポ #1 »

2006年9月10日 (日)

半病人の栗鼠をチンチンできなかった

 10時10分頃帰宅。自転車で40分で帰りました。

 とりあえず、直後の感想。

 いや~厳しい試合。前半あれだけボールを支配していたのに1点しかとれず冷や冷や。出会い頭の1点を相手に取られたらやばかった。

 2~3点はとれてましたが、最後の最後食い止められてしまいました。

 後半は得点できなかった反動で、栗鼠の反撃を喰らう。やすやす自陣営のサイドに入り込まれてクロスを上げられる。前半の様にプレスが効かず、結構やばいシーンも。最後は永井が帳尻を合わせてくれて、得失点差では上位のガンバ、川崎と並ぶ。

 でも、栗鼠は選手の怪我が多く半病人だったのに、2点とまり。連携は良くなりつつあるようですが、本当はもっとできるのになぁというのが感想。

 栗鼠の有村は意外にいい動き。はまると恐いかも。位置取りが良かった様に思えます。

 しかし現地は暑かった。というか蒸した。風がないんだもの。

 写真付きレポはまた後日(っていつになるやら)。

追伸:主審が伏兵吉田で助かりました。きまじめで、FKの位置に細かい吉田ですが、チャンスを流すこともできるようになり(それでも、何で止めるのというシーンはありました)、とりあえず試合に集中できました。それとギドが達也を休ませたのには吃驚。かなりつかれてたんですな。ポンテ、良い仕事します。

栗鼠、ゴール裏で座って団扇あおいでいるようじゃサポにならんね。たってサポしているのも2ブロック程度。数は増えましたが。

今テレビ見て気づきました。試合前のビジュアルサポートは「URAWA」の文字だったのね。

|

« 栗鼠戦 主審は誰だ! 恐怖の大魔王降臨? | トップページ | 栗鼠戦 参戦レポ #1 »

栗鼠戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/11847610

この記事へのトラックバック一覧です: 半病人の栗鼠をチンチンできなかった:

« 栗鼠戦 主審は誰だ! 恐怖の大魔王降臨? | トップページ | 栗鼠戦 参戦レポ #1 »