« すまん暢久 | トップページ | ぐれてやる »

2006年10月22日 (日)

1分1敗の不完全燃焼 さぁ次へ向け

Conv0001_2  優勝へ向けての天王山を勝ちきるはずが、まさかの引き分け。U-13のボーイズマッチ浦和ー川崎戦は0-1で負けてしまい、この日は1分1敗に終わってしまいました。

 全体として、いい試合運びのように見えたのにPKと数少ないチャンスを生かされて2失点。試合開始間もない海豚のハンドを見逃した片山の働き、わけのわからないオフサイドコールもあって勝ちきれず。シトンの先制、ポンテの追いつきゴールを見たときには勝てると思ったものの、それもかなわず。海豚のチャンスを最小限に抑えたけれど勝てない。片山のジャッジも含めこれがサッカーということか。それとも関塚の呪いか。しかし海豚は体質がどんどん鹿に似てきている。気持ち悪いなぁ。片山はまじめなんだろうが優勝争いのプロの試合を仕切る能力はありませんね。逆家本効果で海豚よりに笛を吹きすぎ。関塚攻撃にナイーブになっているのがありありでした。

 試合後の食事会(本当は祝勝会の予定でしたが)で、2失点目直前のアレの守備に不満をもらしたら、あれはだれでも同じと言われた。だが、あそこではもっと激しく詰めて欲しかった。アレひいきの私にしては珍しい愚痴ではあります。

Conv0005_3  しかし、選手入場時のビジュアルサポはすごかった。メインや、南ゴール裏から見た人は幸せ者。白い風船で拍動する心臓どうでしたか?そこから伸びる心拍パルスが赤地に白く描かれる。シトンが心臓を見つめていたのが印象的でした。自分の心臓を思った?入場前のウォーリアや早い時間帯でのPride of Urawaと、いつもと違う展開のサポにいやが上にも気合が入る。

Conv0002_2  ちなみに、海豚もアウェイながら一文字を作ってましたが、その文字が「F」では芸がないよなぁ。まぁ、ここ最近の試合の中では一番多くサポが来ていたことは評価したい。
 ちょうど開場の12時に到着したものの、なかなか前に進まない北ゴール裏の並びの列をあきらめて、南ゲートから入場。おかげでボーイズマッチをキックオフから見られました。しかしボーイズマッチは目の前でゴールを取られちゃいました。上の写真はボーズマッチ開始直前、円陣を組む選手たち。南ゴール裏最上段からのものです。

Conv0008  そんなこともあって、南ゴール裏最上段に陣取る旗男さん、ゲンさん、南も熱くさんたちを訪問。みな浦議SNSのマイサポ仲間。同じマイサポのレッズ横浜倶楽部さんも旗をもって参加してました。奥さんは指定席で観戦とのこと。さらにodakyuredsさん、ともさんらmixiのマイミクさんとも会いました。後で話を聞くと事務局だよりのたかはしさんも来てたらしい。なんかSNS仲間の社交場のよう。話は変わりますが最上段からの眺めは想像以上に良い。試合中なら選手の動きがよく見えるだろうなぁ。

 勝ちきれない試合でしたが、海豚との勝ち点差は変わらず、今日の瓦斯の働きに期待します。今日は、大勢のSNS仲間がレディースとサテの試合のサポしに熊谷に行ってます。ここで勝って勢いをつけ、来週のジュビロ戦に臨みたいもんです。

(レッズ2-2海豚 埼スタ 北ゴール裏30列157、片山、5万0134人、晴、午後4時)

Conv0007_2
 

|

« すまん暢久 | トップページ | ぐれてやる »

海豚戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/12373310

この記事へのトラックバック一覧です: 1分1敗の不完全燃焼 さぁ次へ向け:

« すまん暢久 | トップページ | ぐれてやる »