« 天皇杯レポ 杞憂は余計でした | トップページ | 瓦斯、鹿の働き そのとき埼スタでは »

2006年11月11日 (土)

最終5戦 いかに戦うか

さて、いよいよ残すところ5試合。どの一戦も落とすことのできない大事な試合。

ただいま帰宅しました。午前2時。

明日はキチンとサポします。

DFの厳しさが伝えられる試合ですが、ウッチーと萌にもう身を任すかありません。こんな時期に風邪をひくネネは許しません。えっ、山岸も風邪ですか。出るかでないか知りませんが、なにしてたんでしょう。

ポンテの復活の噂も流れてますが、ポンテを使うなら、達也を落とすしかない。そこをギドはどう見るのか。明日の結論を待ちます。トップ下にはきれきれの暢久、ボランチ長谷部、啓太。急造DFのサポートを考えると、この2人が攻撃的に出るチャンスは少なそう。となると、FWと暢久の責務は重い。個人的には中盤から献身的な守備をする達也が出た方が、長谷部や啓太の負担を減らし、攻撃に厚みが出ると思っています。ポンテは好きだけどなぁ。ともかく今年DF初陣の萌を考えるとポンテより達也です。さて、どうなるか。

 いずれにせよ、明日はサポも必死の覚悟が必要。埼スで勝てないなんてジンクスはどうでも良い。へたれの鞠との実力あは十分ひらいています。しかし、好事魔多し。妙にレッズ戦に燃えるやつもいるので、要注意。山瀬が中盤を切り裂いてシュートするなんて悪夢は見たくありません。悪い芽は早めにつぶすが一番。中盤の攻防がすべて。ここが崩れるとサイドからいいようにやられます。どうなるか。ともかく明日は、6万人とともに。サポします。

|

« 天皇杯レポ 杞憂は余計でした | トップページ | 瓦斯、鹿の働き そのとき埼スタでは »

マリノス戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/12638831

この記事へのトラックバック一覧です: 最終5戦 いかに戦うか:

« 天皇杯レポ 杞憂は余計でした | トップページ | 瓦斯、鹿の働き そのとき埼スタでは »