« 瓦斯、鹿の働き そのとき埼スタでは | トップページ | サッカーの街 浦和のある日 »

2006年11月12日 (日)

永井、ポンテ、暢久一瞬の閃き 鞠戦参戦レポ

Conv0004_5   ゴールが決まる予感はあった。互いに引かない試合、それだけに思うようにプレーが進まない。互いに攻めつつあるものの膠着状態が続く。が、永井のパスがきれいに右サイドのポンテにつながった瞬間にいけると思った。空いたスペースに、動いている選手へのパス。そしてスピードが落ちない展開だったからだ。そしてポンテがセンター寄りにいる暢久にこれも見事なマイナスパス。そして暢久が測ったかのようにキーパーの逆をつくゴール隅へのシュート、ゴール。

 目が覚めるような早い攻めと華麗なシュート。膠着した試合の中の一瞬の出来事でした。天皇杯静岡戦で、暢久も少し調子が落ちてきたかなというかすかな思いがありましたが、守備にも献身的だったし(後半、シュートできるチャンスにパスしてましたが(笑 )、まだまだ切れてます。またこれで調子が持続する事を願います。というか、ゴールが決まった後の雄叫びを何度も繰り返している暢久を見てちょっとびっくり。

Conv0009_1  余談ですが、MatchDayProgramの表紙は清尾さんが、当日の試合で活躍すると思った選手を選んでいるそうですが、昨日の表紙は暢久。しかも、昨日の得点直後のシーンとそっくり。特に口のあけ方が....。もう一つ余談ですが、MDPを買ったときに暢久が山瀬に見えてビビリマシタ。

 この日、雨の中、チャリでスタジアムの向かう時から、今日は勝てると思っていた。楽勝では無いかもしれないが、負ける気がしなかったのはなぜ?DFの危機、けが人の続出の中、きっと選手の気合いが違うと思ったからかもしれない。力を十分出せば負ける相手ではないのだ。

Conv0002_4  試合前のU-13のボーイズマッチも鞠新子安に2-0で快勝。さい先が良い。というか、レッズのU-13うますぎ。試合直前、クルヴァのメンバーがメインスタンド、バックスタンドを何カ所も回って、メガホンで観客をアジり、志気を高めてました。南ゴール裏にも太鼓が出たそうで、こちらの気合いも入ってくる。

 今日のビジュアルサポはバックスタンドのアッパーから「ハート12」の段幕とアッパーのデカユニ。展開するのにちょっと手間取ってましたが...。バックスタンドでのビジュアルサポは久しぶりのような記憶が。

Conv0003_4  堀之内の手術、山岸の胃痛(ってどういうこと?)で先発にウッチーと都築が出てくるだろうなと予想していたものの、永井が出てきてびっくり。平川は大事をとっての休みですかね。そして半ば予想していたようにシトンワントップで達也が出てこない。そんなに調子悪いのか。蹴るとまだ痛みが走ることもあるとの話もあるからなぁ。前回のエントリーでも書いたように達也のアーリーチェックも期待していたので、少し不安。

 試合開始早々、闘莉王が担架でピッチ外に出されたときは肝を冷やしました。

 試合前半は暢久のシュート時以外は膠着状態が続く。鞠は早めにサイドからレッズの裏をとろうとしていたようですが、そここで鞠がおかすミスプレーで救われた感もあります。それにしても、鞠右サイドの栗原(ロサンゼルス発言の悲劇で有名)のミスが目立ってました。隼磨を下げてまで出す選手ですか?

Conv0006_4  膠着状態の試合に比べてスペクタルだったのは、闘莉王と三都主のなじりあい。前半の終わり頃、オフサイドトラップをかけた闘莉王、内舘の意に反して三都主が戻りすぎて、松田がトラップに引っかからず、左サイドの大島に危険なパスが出た時のこと。闘莉王と三都主がお互いに凄い剣幕でした。なかなか見物でした。

 後半はご存知の通りレッズの怒濤の攻め。でも点取れずしょぼーん。ここで1点取っておけば楽な試合になっていたのに、そんなに苦労したいんでしょうか。案の定、今度は鞠の怒濤のパワープレー。遠くで展開される試合にこちらは冷や冷やどきどき。あれで同点にされていたら、この試合だけでなく残り4試合にあまりに大きな影響を及ぼす1点になっていたでしょう。永遠とも思える長~い、ロスタイムがようやく終わり勝利。いや~、よかった。最後の最後まで後半の前半のレッズのように点を決めきらなかった鞠に救われました。結果として、永井、ポンテ、暢久の一瞬の閃きで勝った試合となりました。
 
Conv0007_4  ちなみに、試合終了後、シトンが激高して松村審判にくってかかったのは何だったんでしょう。鞠の攻撃に耐えに耐え、ようやく反撃の機会を得たときにタイミング良く試合終了の笛を吹いたからですか?お父さんが見に来ているのに1点も取れなかったのが悔しかったんでしょう。親思いのシトンです。しかし、あの相手が松村ではなくジャスティス、香港帰りの家本、J1 100試合主審を達成したジョージだったらと思うと冷や汗です。試合終了後のイエローはいただけません。

 しかし、永井は今日は守備の意識が予想以上にあって、なかなか。でもイエローもらって次節出場できないですorz 残り3試合で頑張ってください。

 ではみなさん、豊田でお会いしましょう。
(レッズ1ー0鞠 埼スタ 北ゴール裏25列166、松村、5万2582人、曇り時々弱雨、午後3時) 

●鞠戦シリーズ

1.瓦斯、鹿の働き そのとき埼スタでは

Conv0008_2

P.S 言いたくないけど、バックスタンド側の副審、オフサイドフェチですか。何でもかんでも旗上げるんじゃない! (まぁ、シトンのシュートはオフサイドですが)。それから私の前にいたサポ?半地蔵。時々声を出し、手もちょろっと挙げるだけ。腕組みして試合選評したいなら北に来るな。

|

« 瓦斯、鹿の働き そのとき埼スタでは | トップページ | サッカーの街 浦和のある日 »

マリノス戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/12654283

この記事へのトラックバック一覧です: 永井、ポンテ、暢久一瞬の閃き 鞠戦参戦レポ:

« 瓦斯、鹿の働き そのとき埼スタでは | トップページ | サッカーの街 浦和のある日 »