« 「呪う居留守」と揺れる阿部 | トップページ | 気合い注入! »

2006年12月15日 (金)

揺れる心

念願の優勝を果たした今、次のステップを求める選手にとって、新しい道を求める絶好の機会ですよね。

闘莉王、啓太、三都主はその典型。出場の機会を求めるというなら、都築、酒井、永井。昨年も事情は同じですが、今年は優勝したという点が違う。後、潜在的に長谷部。

闘莉王は早くても来夏でしょう。契約条項を変えるだけですむように思えます。いつでも行けるという形にするのが目標。
啓太は隠れたオファーがあるなら別ですが、次の展開が見えにくいロシア行きはないように思えます。だいたい啓太は次世代のキャプテン候補。彼ほど、チームの選手に気を遣い、まとめている選手はいません。出しては行けない。
三都主は最後のチャンスにかけるかどうか。残っても来年は今年より出場機会は減りそうですが、家族のことを考えてどうするか。レッズファミリーは居心地が良いようですから、出にくい。よって、残ると思います。

逆に怖いのは都築。GKの弱い川崎に行けばレギュラーは確実。ACLも経験できます。ただ川崎は来年はよほどの戦力強化をしないと、ACLとの二足の草鞋で相当つらい成績になるとは思います。その辺を都築がどう考えるか。普通ならレギュラー取れるなら行きます。
酒井も普通なら出てもよさげですが、彼は残るんでしょう。ACLもあるし。ただ、阿部騒動は気持ちを揺るがせる気はします。そういう意味で阿部問題は根が深い。

長谷部はもう一皮ブレークしないと本人も世界に打って出ることはないと思います。今年は攻撃面に精彩を欠いただけに忸怩たるもののはあるでしょう。

で、後はサテライトからどれだけ上がってくるか。来年こそ、選手を育ててください。●ジェックさん、エ●ゲルスさん。

しかし、なでしこはレッズに学んでなかったのか。PK練習

|

« 「呪う居留守」と揺れる阿部 | トップページ | 気合い注入! »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/13073291

この記事へのトラックバック一覧です: 揺れる心:

« 「呪う居留守」と揺れる阿部 | トップページ | 気合い注入! »