« 凍えた体 不完全燃焼な試合 後が怖い | トップページ | デジャブ 暴風雪! »

2007年3月 9日 (金)

ペルシク・ケディリ戦参戦雑記

Dc030954  平日の夜という社会人にとって辛~い条件の参戦でしたが、スーツを着た仲間が数多くいたのには勇気づけられました。帰りはほとんどの人がマフラーをしたままスーツを着込んでいたのはご愛敬。

Conv0004_11 ・日頃はチャリ参戦なので、噂の改札上のフラッグを初めて見ることに。栗鼠サポはまだ見てないわけだけど、見たら怒るんじゃないの?

・駅前のマンションはほぼ完成。モデルルームもできていました。あそこに住む人はどう考えてもレッズファンが多いだろうなぁ。前抽も当抽も楽々。マンションの自治会はレッズサポ集会に。などと妄想。レッズのことを知らずに入居すると辛いかも。

Conv0002_12 ・ACLとはいえ屋台村は健在。浦和美園駅の売店は「この先お店はないよ~」と平気で嘘ついてましたが。

・MDPはなぜか薄くなってましたけど?藤口社長、それでいいの?

・MDPの先発予想ページ、ペルシク・ケディリのところが白紙。「スタメンを聞いて書き込んでください」と書いてある。あーん?スパイ送り込んで調べてたんじゃないの?

・6時半過ぎ、スタジアムに入ったら早くも都築とギシが入場。早い展開に少しとまどう。いつもはGK練習まで2時間くらいスタジアム内にいるからねぇ。

・北ゴール裏で席を探す。結構埋まっている。いつもの210ゲートそば上段をうろうろしていたら、裏議SNSのマイサポU5さんが声をかけてくれた。席をとっておいてくれた。感謝!相方さんと当抽だったそうで。噂では当抽選は300番くらいだったそう。

・ペルシク・ケディリとの境界線見えず。サポも見えず。某情報では20人くらいいたとか。またバリケートなかったので周回できたよう。

・ペルシク・ケディリの選手の登場とともにいつもより執拗なブーイング

・ペルシク・ケディリの選手あっと言うまに練習終了。寒かった?

・試合開始前あかひとさん到着。ワイシャツの上から今年のユニを来たのはいいが、腕まくり。それは寒いですぜ。

・選手紹介は英語と日本語で。選手のことが分からずブーイングできない。レッズサポ迫力なし。

・オーロラビジョンは青が基調。ある意味新鮮。

・ゴールのネットも白。レッズ仕様ではないのね。

・選手入場時のデカ旗掲示の時間が長くて、ピッチが見えない時間が長く少しじれる。その一方、熱気で暖かくなって嬉し悲し。

・試合開始。(内容は前の日記をご覧ください)

・前半、暢久のこぼれ玉押し込みゴール、分け分からず、オーロラビジョンで確認。

・向こう側のピッチでばかり試合をしているので、よく見えない。都築は暇そうで寒そう

・得点したのに、なぜかタリーモードが見え隠れする。やはり右サイドはいやなのか。

・永井、難しい角度でシュート。

・ネネにボールが回ると周りの女性が、「ネネ~」と声が上がる。サポしていると言うより「ネネ、ミスしないでよ~」の懇願。案の定、危ういボール回しが発生、一瞬周りが凍り付く。

・何度も、あわやのチャンスが続くが点にならない。フラストレーションがたまる。

・シトン、調子悪い。ボールが落ち着かない。シュートも決まらず。

・ペルシク・ケディリ、初シュート。しかし大きくはずれる。

・思ったより当たりは厳しくない。バスを取り囲まれるのを恐れたか

後半

・後半、圧倒的にボールを支配。しかし点取れず。

・簡単に相手のボールを奪うが、ゆっくり上がるのでカウンターにならない。

・ネネ、味方の横パスを股間に当て痛がる

・ネネ、次第に上がり放しになる。啓太が「ネネも次第に帰ってこなくなった」と言わしめる。ネネロングシュートを撃ちGKがこぼす。

・相馬のクロスは開幕戦ほど精度がなく、精彩を欠く。暢久のクロスも低い弾道でニヤでくい止められる。

・と思ったら、暢久がミドルシュートを撃つ。ゴールポストに当たり点にならず。

・と思ったら、ゴール前、シュートコースが見えたのに、横パス。アボーン

・パスミスが目立つ暢久。「正直右じゃなくて前でやりたい気持ちはあります。去年のいいときのイメージがあるので前でやりたい」アピールの伏線か。

・ペルシク・ケディリのGK、ブーイングに対し振り返り北ゴール裏を挑発(怒。

・ゴール前でチャンスが何度もアルがシュートはことごとくペルシク・ケディリの選手の体に当たる。体を張ってます。

・再三のチャンスの得点を決められないシトン交替(怒りのユニ、グローブ投げつけに気づかない私)

・岡野が入ると縦の攻撃が活性化(誉めすぎ)。CKからのゴール前の混戦で左サイドから岡野がゴール!皆、大喜び、ハイタッチ。と、見たらオフサイド。ショボーン。

・相手のGKのキック下手すぎ。レッズにダイレクトパス状態。

・伸二、こぼれ球にカーブをかけてシュート。美しい軌道を描いてゴール

・相馬に変え、平川。しかし体が重そう。

・なぜかCKはファーに流れる。しかもそこに人がいない。

・試合終了。体が寒さで凍えて、やばい。伸二が相手チームに記念撮影のため拉致されていることを知らず。ちなみにインネシア代表が4人いたそうで。

・なぜかペルシク・ケディリは監督ではなく団長が試合後会見に臨む。敗戦の原因は「寒さ」「選手がレッズを恐れた」と表明。レッズはやさぐれ軍団ですか?「赤い悪魔」を乱暴者チームと誤解してる?ちなみに、川崎とやったアレマ・マランの監督は「風に負けた」「技術が違いすぎた」。インドネシアは寒さと風に弱いようで。

・NHKBS1で金曜午前1時にダイジェストを放送。観客を4万人超と誇大放送。言ったことは録画でも取り消せなかったようで。一瞬、相手サポ5人が映る。

おまけ:浦和レッズ参戦便利マップ作ってみました。どうぞ投稿してください。

|

« 凍えた体 不完全燃焼な試合 後が怖い | トップページ | デジャブ 暴風雪! »

ACL」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/14197944

この記事へのトラックバック一覧です: ペルシク・ケディリ戦参戦雑記:

« 凍えた体 不完全燃焼な試合 後が怖い | トップページ | デジャブ 暴風雪! »