« 上海蟹を喰え | トップページ | 上海戦は藪の中 »

2007年4月26日 (木)

上海の空の下で

 不埒なことに、半分やけ酒で王子のおでんやで一杯。仕事中ながら10分おきに試合結果をGrafさんの中継をのぞき見る。暢久が退場、闘莉王が次節累積。あ~。久しぶりに10時前に会社をでたものの、もやもやして王子で一杯。

 まぁ、アウェイで勝ち点1を取ったのだから良しとすべきなんでしょうが、我が儘オヤジは我慢できない。決定力のなさを今日もも演じたようで。それでも紙一重だからどっちにころんでもいいはずですが、こっちに転がってこない。勝とうというひたむきさが足りないのか。

 達也が元気だったころ、他の選手は達也の異常なまでの献身的な動きを観ていたハズ。啓太もその意味では献身的だが、FWと違い、ポジション的に渋い。伸二も今は走り回ってくれるが、他の選手はどう思っているのだろう。

 王者、王者と周りはうるさいが、正直なところ今のレッズは決定力も落ち、守備力も去年の堅守のチームとは思えない。一昨年の今頃に比べればまだましですが。

 で、サポとしては弱いレッズを支え続けるしかない。シトンは調子悪く、永井は肉離れ、達也の復帰まで時間はかかる。中盤の豪華メンバーがいても、今一つのレッズ。何なんだろ。がむしゃらに敵と戦う選手が観たい。それは相馬?達也?エスクデロ?でも阿部も伸二も頑張っている。でも結果が出ない。いつか爆発するまで、後押しするまで。

|

« 上海蟹を喰え | トップページ | 上海戦は藪の中 »

ACL」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/14849398

この記事へのトラックバック一覧です: 上海の空の下で:

« 上海蟹を喰え | トップページ | 上海戦は藪の中 »