« レディーズ土橋が鹿戦に思わせたことは | トップページ | 千葉犬粉砕のカギは暢久にあり? »

2007年4月30日 (月)

鹿を粉砕 鹿サポはアホ 鹿戦参戦記

Conv0002_23 鹿の右サイドに進入してきた啓太がゴール前のどこにボールを放り込もうと何度か迷い、左サイドに大きく振る。そこに駆け込んでいただ暢久が素早くゴール前に折り返しをいれ、そこにゴール正面に走り込んだロビーが...。

 その時の爆発的な喜び。拳を突き上げ顔を空に向け雄叫びを上げた私。スタンドが狂喜の歓声に包み込まれました。2連勝で意気上がる鹿、久しぶりに客が入る試合で燃える鹿サポをぶっ潰せて良かった。

 いやぁ しんどい試合でした。前半は一進一退、いい感じで攻めているものの、鹿にキーパーと1対1となる、血の気が引くような決定機を作られたりして、体に悪い。左サイドからのゴール前の危険なクロスなど、点を取られてもおかしくない展開。興梠、無理に活躍するな。

 後半早々、都築・闘莉王のミスで危うく鹿に点を取られそうになったり、暢久や阿部の軽いパスでカウンターを食らうなど危険な臭いがどうしても消えない。そんな中、決まった1点。その後はボールを支配したものの、何度もCKやFKが数多くあって安心できない。ゴールポストに当たるシュートには肝を冷やしました。

Conv0006_19  シトン欠場、セルヒオベンチ入り(右は練習中のセルヒオ。たくましくなりました)。レッズ4-3-2-1なのか3-4-2-1なのか分からないフォーメーション。まぁ、フォーメーションなんて試合展開によって流動的に変わるものですが(byオジェック)、小野・暢久は4バックだったと言うものの、実際はBKは3枚のことが多かった(by堀之内)というのが実状でしょうか。

 後半が始まる時、選手がきれいな3-2-2-2-1のボックス型に並んだのがおもしろかった。坪井-闘莉王-堀之内、暢久-阿部、啓太-長谷部、ポンテ-伸二、永井です。

 実際は暢久は右サイドの高めで控え、阿部がボランチ、啓太はBK前のフォロー、伸二と長谷部がペアを組んで左サイドから攻め込むって感じ。

 いずれにせよ、鹿も引きこもることなく、レッズも攻めあぐねるということもなく、いい試合。中盤のボールを奪いに行く気合いと迫力はありました。ポンテもキーパーにプレッシャーを良くかけていたし。

ただ、レッズの攻めは相変わらず遅攻。カウンターでボールを奪っても、ボールをもった選手以外の上がりが遅い。速攻カウンターをしていた鹿の方がその辺は良かったのでは。

 
 終盤、ボールを放り込み始めた鹿に対し引き気味になって(しょうがないですが)、セカンドボールも拾えず自陣での闘いを強いられたのは厳しかった。それでも何とか乗り切りました。しかしオジェックの時間稼ぎでしかない交替はチト不満。常道といえば常道なんですが、かなりへばっていた永井に替わり岡野なり、セルヒオをもう少し早めに出しても良かった。と、願望を書いておきます。

 ゴル裏は階段も埋める超密集状態。このスタジアムは屋根に声が響くし、ちょうどよい広さで一体感を作りやすい。それにしても、後半のレッズサポのブーイングは凄かった。耳が痛くなるほどの大音量。流石の鹿選手も強烈ブーイングを受けてパスミスをする。こんな経験は初めてのこと。

 心配なのはシトン。帯同もせず不出場。怪我という話しは聴いていないので、はずされたのだとすると、今後が心配。一方、セルヒオ惜しかったねぇ。最後、いい感じの位置でパスをもらって、前を向いた瞬間に終了の笛。後、10秒あれば1点取れてたな(と妄想)。わずか数分のプレー時間でしたが、興奮した私です。走り方がエメに似てきたのもわくわく。

Conv0004_18  それから、鹿サポのアホさ加減にはあきれた。発煙筒をたかないと思ったら試合中に大量の紙吹雪を2度にわたって撒く。一時、曽ヶ端の姿が見えなくなるほど。鹿の選手のじゃましてどうする。ピッチに入り込んだ紙吹雪でボールが見えにくくなるし、選手が滑るんではないかとハラハラ。ハーフタイムにジュニアユースの子供たちに紙吹雪拾いをさせておきながら(プレマッチで、鹿と浦和のジュニアユースの試合がありました。うちの選手も拾わされたらしい)、後半になったらまた紙吹雪を撒く!あほか。おかげで控え選手の練習ができない。紙吹雪を撒くなとは言わないが、時と程度を考えろ。やはりあいつらは珍走団

 段幕に「鹿島のために俺たちはいる」と掲げていたがどうみても
 「俺たちのために鹿島はいる」だね。

Conv0003_24   さらに、ビジュアルサポで人文字にチャレンジしたのはいいが、最後の3文字は判読不能。キリル文字かと思いましたがあれな何だったんでしょ。もう少しチャント準備しましょう。判読できた方、お教えください。試合後もグラウンドに飛び降りて騒動起こしてたし。本田をゴールに押し込むよりましだが。こんなことが起きるのは鹿島だけ。

 扇谷は下手だと言うことを改めて実感。今年の御三家はジョージ、家本、奥谷ですが、扇谷と西村がその後を追っています。

Conv0005_21 (鹿0-1レッズ 鹿島南ゴル裏Lゲート真上、扇谷、36,146人、晴れ、午後4時) 

それから都築のイエローの理由は何?

|

« レディーズ土橋が鹿戦に思わせたことは | トップページ | 千葉犬粉砕のカギは暢久にあり? »

アントラーズ戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

人文字の正解は、事務局まで。

投稿: あかひと | 2007年4月30日 (月) 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/14895607

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿を粉砕 鹿サポはアホ 鹿戦参戦記:

» 疲労困憊レッズが鬼門砕いた [れみいまるたん]
 かつての忌まわしい記憶を、今日だけでなくこれからもきっと時間の経過と共に払拭さ [続きを読む]

受信: 2007年4月30日 (月) 12:35

» 世界で一番不幸せなスタジアム 〜鹿島遠征記〜 [事務局だより]
ちょっと前まで鹿島にはどうしても勝てなかった。日本代表選手が揃っているチームとサンバをベースにした組織だった力強い応援に、何度悔しい思いをしたことか。 でも、ここ最近の鹿島には悲哀さえ感じる。選手を使い切れないチームと、選手ではなく相手チームサポに向けら....... [続きを読む]

受信: 2007年4月30日 (月) 13:02

« レディーズ土橋が鹿戦に思わせたことは | トップページ | 千葉犬粉砕のカギは暢久にあり? »