« 「東方体育日報」が見たレッズサポ | トップページ | 鹿を粉砕 鹿サポはアホ 鹿戦参戦記 »

2007年4月29日 (日)

レディーズ土橋が鹿戦に思わせたことは

Conv0001_28  息子と妻のアッシーとして忙しい今日このごろ。埼スタにアッシーの隙を狙って参戦。結構、入場列ができてましたが、チケット当日売りだけだから列ができちゃうのね。
 並んでいる間に、色々な方と遭遇。1000円払って入場。クルマできているので酒が飲めないのはツライところ。

 試合は4-1の圧勝でしたが(本家も0-6でぼろ負け)、最後の1点はアッシーの責務のためスタジアムを出た直後で見られませんでした。アナウンスだけ聞いて帰りました。

Conv0002_22  さて4バックのレッズですが、右サイド日本代表の土橋は前掛かりで、チャンスがあればどんどん上がる。前にいる党首と前後しつつ敵陣を崩すのは魅力的でした。ミスがあったせいか、前半3-0で終えたせいか土橋は後半交替。党首もいい感じだったのに交替。レッズの右サイドが入れ替わってから、なぜか新潟ペースに。考えるに土橋&党首のアグレッシブな上がり&圧力が無くなって、新潟に余裕ができたんでないの。交替はより攻撃的にするものでしたが、結果は逆に。攻めこそ最大の防御なりの言葉が思い浮かびました。

 で、思いました。土橋、党首コンビのように暢久、永井または暢久、長谷部が絡んでくれたらなぁということ。左サイドなら阿部、伸二、または相馬。やはりサイドからの突破力のないレッズはつまらん。

 ドリブル突破のないレッズもつまらない。達也~、エスクデロ早く帰ってこい。また例のごとく叫びます。

 そして、相馬~、早く戻ってサイドからしかけてくれー。今は長谷部に期待。最近のパフォーマンスは凄い。

 いずれにせよ、元気のいい選手入れてください。オジェック様。常勝を求められる軍団のつらさがあるけれど、変化を付けようよ。野沢と内田が戻ったものの、岩政と柳沢のいない鹿には負けられません。気合い注入!

追伸:柏原 鞠vs新潟戦で 意味不明のPKを与えたようで。流石。で、明日は出てこない。最近、怖いのは奥谷、西村だが、どうなるか。イエモツが出てきそうな気も。他試合チェックしてませんが...。(家本ヴィッセルの得点を無視するジャッジをしてました。研修だな)

Conv0003_23山瀬、兄弟で活躍だそうで。

|

« 「東方体育日報」が見たレッズサポ | トップページ | 鹿を粉砕 鹿サポはアホ 鹿戦参戦記 »

アントラーズ戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/14878736

この記事へのトラックバック一覧です: レディーズ土橋が鹿戦に思わせたことは:

« 「東方体育日報」が見たレッズサポ | トップページ | 鹿を粉砕 鹿サポはアホ 鹿戦参戦記 »