« 闘莉王欠場 そのときオジェックはどうする | トップページ | 2夜明けて  »

2007年5月13日 (日)

4試合連続引き分けの毒をはく

Conv0002_30   4試合連続引き分けです。正直飽きた。得点力がない。なんて口が裂けても言えません(言ってますが、もっともケディリ戦は入れちゃいけないか)。

 1位のガンバにけちょんけちょんにされてもおかしくないほど、レッズの戦術は固まらず、選手はけが人だらけ、海外遠征の疲労が蓄積し、フォーメーションも試合ごとに変わる。こんなチームが、型ができているガンバに勝てるハズもなし(まぁ、当のガンバもこのところ勝てないようですが)。

 で、その通り、先制されました。あれだけ攻め込まれていれば、いつか何かが起きると思いましたが、その通りバレーに一発。

Conv0001_31  レッズのフォーメーションは阿部-ネネ-堀之内ー坪井の4バック。とはいえ、実質はネネ-堀之内ー坪井の3バック。阿部が上がり気味で、ポンテ、阿部、伸二の3ボランチ、両サイドハーフが相馬と暢久というのが現実。きっとこれがオジェックの考える定番フォーメーションなんでしょう。個人的に、このフォーメーション好きです。

 でも、フォーメーションがまだしっくりいかないのか、なかなか崩して点が取れない。相馬が左サイドに切れ込んでくれたり、途中交替の長谷部がドリブルとはいかずとも、ゴール前まで踏ん張って同点機を招いたりとこれまでにない動きは見られたけれど、2点以上取れる迫力は感じない。

 ゴールポストに救われた2点とシトンがはずしたPK1点は実質チャラですが、負けておかしくなかった。

 そしてつまらない試合。全然相手を崩せません。千葉戦以来のべ14万人以上に1点以上取れないレッズの姿をさらしました。

 ただ救いは後半、結構ガンバを押さえ込み始めたことです。もちろんゴールポストに救われたシーンもあった訳ですが、前半に比べ後半、力を出せたようにも思えます。しかし、それが最初からまだできない。またパスを待って受ける悪い癖も随所に。動きながらもらう姿をあまり見られなかったのが残念です。

 サポとしてやるべきことはやり続けるし、それしかやることはない。来週の名古屋もそのつもりで乗り込みますが、今日の試合で選手が何かを感得したことを祈るばかり。四銭頼みの鯱には勝つしかありません。

 P.S.オジェックの選手交代少しずつ早くなっていますが、最後の時間稼ぎの交替はなんだろう。点を取らなくていいと宣言したこの交替。それでいいのですかね。私は理解できませんでした。(ネネが足を攣ったという話もあるようで。スカパー見られない今年は不便だ)

(レッズ1-1脚 北ゴール裏、40列96、西村、55,258人、晴、午後4時3分)

Conv0003_28

|

« 闘莉王欠場 そのときオジェックはどうする | トップページ | 2夜明けて  »

ガンバ戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/15058677

この記事へのトラックバック一覧です: 4試合連続引き分けの毒をはく:

« 闘莉王欠場 そのときオジェックはどうする | トップページ | 2夜明けて  »