« 鯱戦遠征記 其の壱 偽りの先発発表 | トップページ | 鯱戦参戦記 其の参 豊スタの屋根は開いているか »

2007年5月20日 (日)

鯱戦遠征記 其の弐 四銭憎し

其の壱より続く)
  もう1点が欲しいところで押せ押せだったにも関わらず、中盤でボールを奪われ、自陣で鯱にボールを回され始めた時、レッズの選手が積極的にボールを奪いにいくのではなく、引いて守りに入る。

 その守備ゾーンがどんどん縮んでいくのが良く分かる。プレーゾーンがゴール前に近づいていくのは危険な徴。と思っていたら、レッズからみて左中央寄りより右サイドにボールが振られる。その右サイドからフリーで低い弾道のクロスが入る。「やばい」と思った瞬間、ぎりぎり飛び込んできた選手が触れず、一安心した次の瞬間、ネネと四銭が絡み合って、ボールがゴールに。

 ネネのオウンゴールかと思いました。ネネの方がボールに近づいてましたからね。ところがオーロラビジョンのリプレイを見ると、四銭のつま先がちょっと先に出てた。

 四銭憎し。思うにゴール前の四銭ってマリッチに芸風が似ている。いい場所にとびこんでちょっとさわってゴールを決めてしまう。プラス小ワシントンというところなんでしょうか。マグノのような迫力はないですが、いやな感じで決める選手です。

 絶妙のセンタリングをしたのは阿部翔。前節、不振の中村直志に替わって出てきた若手。いい仕事をしたということでしょう。中村、ますます出場危うし。頭のでかいサンダーバード直志は好きなんだが。

 これで前半はこのまま終了。同点にされたところで流石に気落ちしましたが負ける気はしはしませんでした。ただ、引き分けが続いているだけに確信が持てない。

 そして、後半、相変わらずレッズが試合を支配する。ゴール前でファウルを何度か取られ、本田のフリーキックショウを献上しましたが、都築のナイスセーブもあり、いずれも決まらず。

 後はご存じのようにポンテからゴール前のシトンへのパスからの決勝点。何も見えませんでしたが...。とほほ。

 その前のポンテ、シトンへの縦へのパス、楢崎との1対1のプレーは良く見えましたけどね。最後の一蹴りがもう少し弱かったか、ちょんと上げれば決まってたんでしょう。

 ちなみに決勝点の前に疲れの見えた相馬に替わって岡野が入り右HSへ、暢久がHSからボランチへ。その後、ポンテに替わって長谷部。

 なかなか長谷部が早い時間に出られませんね。ポンテ、伸二のパス交換が熟成の様相を呈し始めているだけに長谷部を使いにくいんでしょう。縦への動きなら長谷部の方が魅力的なのになぁ..。阿部への信頼が強いオジェックの元では伸二、長谷部の競い合いとなるわけで、ツライところです。本当の4バック体制になって、左阿部、右暢久となれば先発の目もあるんでしょうが...。

 ともかく、勝ち点3をもぎ取った試合。この勢いで水曜のACLの勝利もがっちりつかみましょう。5万は無理でも4万人以上が集まって、サポしたいところです。

P.S. ポンテは相馬の師匠?

どうもポンテは相馬の先生のようで

「中を見て上げろ」とか「落ち着いて入れろ」と言われていたらしいですが、「中に人がいない」と不満顔。前節でも「勝負するときとそうでないときを考えろ」と言われてたのに「全部勝負に行った」といい放ってましたね。ちゃんと忠告は聞きましょう(笑

 (鯱1-2レッズ 豊スタ南ゴール裏 、岡田、34,347人、晴、午後2時2分)

|

« 鯱戦遠征記 其の壱 偽りの先発発表 | トップページ | 鯱戦参戦記 其の参 豊スタの屋根は開いているか »

グランパス戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/15135665

この記事へのトラックバック一覧です: 鯱戦遠征記 其の弐 四銭憎し:

« 鯱戦遠征記 其の壱 偽りの先発発表 | トップページ | 鯱戦参戦記 其の参 豊スタの屋根は開いているか »