« 桂花ラーメン 末広店 新宿 | トップページ | 雨が降ろうが雷が鳴ろうが »

2007年5月 5日 (土)

さぁ、オジェックどうする ある意味山場の栗鼠戦

4月14日に見に行った鯱戦(@駒場)以来勝ちのない、栗鼠。天候不順が予想される中、ただ券で集めた観客が集まるかどうか不安の今日このごろです。降格鉄板と早くもささやかれていますが、こうしたチームにふがいない闘いをするレッズ。そんなことのないように、千葉戦での悔しさを思いっきりぶつけましょう。

 試合結果はともかく、攻めの体勢がようやく整ってきた感じがするレッズ。不幸なことに前節では追加点を決め切れませんでしたが、いい感じになってきています。

 不安なのは連戦の疲れ、これは相手も一緒。それより、シトン、伸二の造反?による不協和音が気になります。

 それもガツンと勝てば雲散霧消、万一引き分け程度に終わると不満が噴出しそう。どうもギドほど人望のないオジェックにとって、チーム掌握の山場かと。点取っても誰もオジェックのところにはいかないもんね。そもそも引っ込んでることが多いし。先発をはずす時は、ギドのように切々とお話をしないといけないようです。それも情けないが...。

 で、不協和音のもとの先発。どうするんでしょ。今度は伸二を入れて堀之内下げますか?堀之内も試合勘が戻ってきていい感じですからもったいない気もします。ここは2人ともだしましょう。連戦のことを考えると永井を休ませてもいいし、啓太や長谷部を休ませる手もある。

 ただ、啓太は調子出てきてるからなぁ。調子だけを考えれば長谷部を休ませるべきでしょう。長谷部は深く考え込みそうで怖いけど。酒井はいつでてくるんでしょう。これで、相馬や達也、エスクデロが復帰してきたらどうさばくんでしょう。オジェックどうする?

ということで、ここは広い心で伸二を出して長谷部休み。
栗鼠戦は

---シトン-永井---
-----ポンテ----
-伸二--啓太--阿部-
坪井-闘莉王-ホリ-暢久
-----都築-----

ということで。たぶん最近の例にもれず、暢久は上がり目になるでしょう。

早くわだかまりを消すために重要な試合です。
それより、私は参戦できるか、体の具合次第です。情けない。

|

« 桂花ラーメン 末広店 新宿 | トップページ | 雨が降ろうが雷が鳴ろうが »

栗鼠戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/14963525

この記事へのトラックバック一覧です: さぁ、オジェックどうする ある意味山場の栗鼠戦:

« 桂花ラーメン 末広店 新宿 | トップページ | 雨が降ろうが雷が鳴ろうが »