« 雨が降ろうが雷が鳴ろうが | トップページ | お知らせ »

2007年5月 6日 (日)

ドリブルを忘れたカナリアは... 栗鼠戦参戦記

 最初の5分間の攻撃を見て期待を持ちましたが。いつの間にか、いつもの癖が。降格候補に引き分けてどうするんでしょう。上位陣のチームがまた仲良く、引き分けてくれて助かりましたが、病気は根治されていないようです。

 5分過ぎたら相手に合わせて省エネモード。全く好機が無かった訳ではないのが却って良くなかった。そのうち、右サイドの裏をとられてゴール前パスされたボールを都築の重心と逆方向に蹴られて1失点。その後は浮き足だって、ようやく落ち着いたところでで前半終了。

 後半が始まると前半のもったり感がなくなり、前節のリプレイを見るようなプレーで栗鼠を圧倒する。できるなら前半これで先制点を決めて欲しかった。波状攻撃で1点を取るのに時間がかかり、結局、そのまま、試合終了。

 確かに、後半は良く攻め込みましたが足下にもらうパスの交換と放り込みだけでは、密集した相手選手の間を抜けてゴールを決めるのは至難の業。走り込んで裏をとっての速攻や、ドリブルで縦に攻め込むようなバリエーションがないと相手の守備は崩れません。攻撃にガンバや鞠、川崎のような迫力がありません。
 
 ドリブルが魅力だった長谷部はどこへ?縦へのドリブル、スペースへの走り込みはどこへ行ったの?シトンの調子が今一つの今、相馬や達也が早く帰ってきて、縦への動きを織り交ぜてくれないと、得点力は高まらないように思えます。

 これで当分「大宮いらね」なんて言えませんね。

(レッズ1-1栗鼠 北ゴール裏、32列56、松村、33,162人、雨、午後4時)

|

« 雨が降ろうが雷が鳴ろうが | トップページ | お知らせ »

大宮戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/14976258

この記事へのトラックバック一覧です: ドリブルを忘れたカナリアは... 栗鼠戦参戦記:

« 雨が降ろうが雷が鳴ろうが | トップページ | お知らせ »