« 決勝リーグ行き決まったのに 鬱陶しい | トップページ | また風邪だよ 追記 »

2007年5月25日 (金)

「板子1枚下は地獄」な試合 シドニーFC戦

P1090604_1   「板子一枚下は地獄」な試合でしたね。前半の落ち着いた試合運びを見るにつれ「負けないよ」とは思ったものの、残り時間が無くなるにつれ、まさかの一発を恐れてました。その1点を取られてしまえば海のもずく。

 だいたい最終戦でことが決まるというのが、演出しすぎ。ケディリの1点が無ければ、上海で1点取っておけば、こんなにハラハラしないのに(シドニーで2点とったことは忘れてますが)。昨年のリーグ優勝も、最終戦だし、わざと1点取られてみせるし。うーん、おちゃめ。何か盛り上げるために勝ち惜しみしてませんか

 もっとも昔のレッズなら、板子を踏み抜いて有無を言わさず海のもずく。板子1枚残して生き残ったのは地力がついたおかげ。ありがたや。

 試合開始前、シドニーサポが入ってくるだけでブーイング。大人げない(私も精一杯ブーイングしましたが)。某新聞で80人のサポと書いてあったんですが、隣の某yama嬢と某K.TAKA氏は「200人と聞いた」と言い張る。そこで数えました。181人ね(野鳥の会調べ)。

 入場してきたサポが段幕を張る。どれどれ読んでみましょう。「シドニーに餌をあげないでください」。???? どういう意味でしょう。誰かいい加減な日本語を教えませんでした? どうせ言うなら「鰐にビールをあげないでください」でしょう(身内ネタですいません)。

 シドニーの選手のユニは爽やかなブルー。ふと、爽やかやくざを思い出しました。
 レッズの先発は、ついに偽装4バックをあきらめたオジェック。面子より現実を受け入れたようです。阿部はちゃんとMF登録で先発。メンバーは名古屋戦と同じ。

 試合開始前にビジュアルサポ。北ゴル裏でやっている身としては何が起きているかしばらく分からなかったものの、オーロラビジョンに映った映像に思わず涙が。赤いバックに白地のハートを風船で作り、その中に赤い「12」の文字。年は取りたくありません。涙もろくなってます。

 前半は6:4で押し込まれつつもばたばたする風もなく、時折チャンスを作る。恐れていた右サイドからの攻撃も、奏功せず、落ち着いてる。らしくないなぁ。シドニーの攻撃的MFは現旧オーストラリア代表ですよ。キーパーも代表選手。暢久がFKで少しお茶目なことをしてましたが、まぁご愛敬。

 それより相馬がポンテ先生の教えに従って「中を見てクロスを上げろ」「勝負するときと、そうでないときを考えろ」とブツブツ言いながら(真偽は不明)上げるクロスがなかなかのもの。あわや伸二が美技でゴールしそうでした。状況に応じては阿部を追い抜いて下がり、守備もする。守備もする。守備もする。うーん感動。

 ちなみに、この試合のマッチコミッショナーは放送コードに引っかかる名前。主審は中東の人なのに結構細かいファールを取ります。まぁ総じて不満はありませんでした。

 しかし、鯱と違って点は取らせてもらえません。守備陣の安定感もあって不安は感じませんでしたが、頭に浮かぶは「好事魔多し」の言葉。

 後半16分に相馬に替わって長谷部が入る。ここで、阿部が下がって4バックに。自分の判断だったらしい。うーん凄い。前半に比べ疲れが見えるものの、怖いのはロングパスや裏をとられるパス。引きこもるわけではないが、うまくシドニーの攻撃を抑えるフォーメーション変化。この辺、凄い。実は鯱戦でもやっていたそうですが、まだちゃんと確認してません。

 そういえば後半のFKのチャンスで阿部が当然のごとくキッカーとして振る舞う。そうそう、遠慮しないように。でも、当たり所が悪かったようで。

 その後、シドニーはMFをFWに変えて攻撃モードになっただけに4バックの判断は正しかった。 一方、レッズは伸二に替わり永井、時間稼ぎも含めてポンテに岡野。この交替は攻めの姿勢を見せることで相手の攻撃を封じるのが狙いでしょう。いい交替です。

 最後、長谷部経由シトンのシュートこそはずれましたが、攻めて防御する態勢はすばらしかったんでないでしょうか。次節、鞠戦でも同じ姿勢で臨んで欲しいものです。

 試合後、監督に続いて選手のインタビュー。マスコミ的には絵になる、活字にしやすい伸二が最初に呼ばれる。周りではなんでーの声。ここはキャプテンでしょ。

 そのキャプテンは2人目に呼ばれ、みんな期待のインタビュー。案の定、色々聞かれて最後にレポーターが振った質問は「キャプテンとして今のお気持ちは」。この瞬間、スタジアムに残っていた3万9000人(野鳥の会調べ)は、「キター」と思ったことでしょう。このレポーター分かって聞いたのか、分からずに聞いたのか。暢久から期待された大所高所にたった答えが返ってくるハズもなく一言。「嬉しかったです」。スタジアム大喜び。決めてくれましたキャプテン。愛してます。

 相馬、安っぽいスリッパで場内一周するのは止めようよ。ポンテに怒られるよ。

 試合後、某先生の車で浦和付近の某cocosで夕食&祝勝会。23:57分の終電で帰路に就きました。レッズよ幸せな1日をありがとう。

ああっ!このブログを書いて、昨日のCLを見ようとしたら、BSで昨日のシドニー戦やってます。涙。後1時間半寝られませんね。ただいま、25日、01:15 あっ ダイジェストだ。放送開始10分でもう37分。

 追記:シトンがボールに手を出してイエロー。ACL準々決勝出られません。で、ここ数試合シトンはFKなどの壁を作っている時に手を出してたんですよねぇ。癖になってます。いつからそうなったのか、原因は何か。誰か教えて。
 

P1090622_1 (レッズ0-0シドニーFC 北ゴール裏、7列70、アル マルゾウルキ、44,793人、晴、午後7時30分)

|

« 決勝リーグ行き決まったのに 鬱陶しい | トップページ | また風邪だよ 追記 »

ACL」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/15192280

この記事へのトラックバック一覧です: 「板子1枚下は地獄」な試合 シドニーFC戦:

« 決勝リーグ行き決まったのに 鬱陶しい | トップページ | また風邪だよ 追記 »