« 鯱戦遠征記 其の弐 四銭憎し | トップページ | 鯱戦参戦記 其の四 挙母神社で必勝祈願 »

2007年5月21日 (月)

鯱戦参戦記 其の参 豊スタの屋根は開いているか

あかひとさんに運転を押し付けて豊田参戦してきました。

 いろいろあった今回の鯱戦。備忘録として振り返ってみれば..。

 自宅を午前3時30分に出る予定が、諸事情で40分発に..。この後、K.TAKAさんを筆頭に、3人の方と待ち合わせして、あかひとさんの駐車場にいく予定だったので、皆さんに見事迷惑かけました。

 K.TAKAさんの家の住所をカーナビに入れる暇もなく慌てて出発。事前に確認していた記憶を頼りに、とりあえず行って見る。で、この辺かなとクルマを停めたら、K.TAKAさんが登場。おお、間違いなく着いてたのね。これでひと安心。

 浦和駅、南浦和で同乗のお仲間をピックアップ。浦和駅の方は、寝過ごさないように一睡もしなかったという猛者。南浦和の方は某セブンイレブンのはす向かいにマスクと帽子、手提げかばんを持ってうつむき気味に佇んでいた。その姿はコンビニ強盗の見張り役そのもの。よく職質されずに済んだもんだ。どうもメンバーが珍道中の雰囲気をかもし出す。

 結局5時前に、最終集結地に到着。全員あかひとさんのクルマに乗り換えて、一路、豊田市へ。渋滞なしの走行。カーナビは午前9時前にスタジアムの到着と表示。早い。

 途中、トイレタイムを海老名SAを取る予定だったのに、栗鼠話で盛り上がり通過。つらかった。足柄SAで用をたす。

 静岡県内で断続的に豪雨に見舞われる。

 浜名湖SAで朝食を摂る。頼んだチャーハンの量が値段の割に少ないと文句をいっていたら、K.TAKAさんに「朝食でしょ」とたしなめられた。そりゃそうだ。

 食後、外で立ち話をしていたら、怪しげなおばさんに捕まる。いきなり「サッカーかい、野球かい、テニスかい」と聞いてくるのでサッカー通かと思いきや、適当に話しているようで、ついには「展示会かい」とくる。さらにはガソリン代がこの夏急騰するだの、そのせいでバスの運転手の給料が下がり、生活苦で万引きをするだの、大地震がやってくるだの話がどんどん飛躍する。どう見ても観光客でもないし、SAの従業員でもない。後で、SAに住んでいるんじゃないと、車を走らせながら冗談めかして話していたら...。帰路に再び寄った浜名湖SA(上下線共通)であかひとさんがこのおばさんに再び遭遇。怖いことに「サッカー勝ったかい?」と声をかけられてびびったそうで。

 話を元に戻して、その後は順調に走行。豊田東ICを抜けスタジアムへ。9時過ぎ到着。いろいろ用事を済ませて、10時には並びに加わる。前々日、東京発豊田行きというトヨタ社員のためにある夜行バスで豊田入りしたこの方とも落ち合えた。風邪をひいていたから、同乗したトヨタ社員に染してきたハズ。アウェイ先例ならぬ、アウェイ逆攻撃

 面倒なので、これからは箇条書き。
・スタジアムに着いたらまずは屋根の確認。明け方雨が降ったとのことで案の定閉まっている。直接陽射しが差し込まないからかえっていいのか。これで蒸したら、暢久が走れないと心配。 「パリは燃えているか」ならぬ「豊スタの屋根は開いているか」が同行者5人の関心事でした。結局、屋根が閉まっていたものの、吹き抜ける風が涼しくて杞憂に終わりました。しかし天候・気温の心配までしてもらえるなんて、暢久は幸せものだ。
・豊田スタジアムは何かに似ていると前々から思っていたが、そう分かりました。カブトガニ。黒川紀章の設計だそうだ。鯱サポのブログのいたるところで自慢している。
・1年ぶりのスタジアム。専用サッカー場はやはり良い。ゴールが近い。近すぎて試合中人垣で手前が見えん。みんな座ってサポしようよ。無理か。
・噂のグラン巻(200円)を購入。チーズと餡が渾然一体となって旨いこと。鯱(敵)を喰うということでも理にかなっている。他のアウェイでも作ってくれ。鹿の生肉、イルカの刺身、カモメの焼き鳥、熊の手、栗鼠の佃煮、犬の肉(甲府産と、千葉産あり。体が温まるよ)etc.... さすがにパルちゃんは喰えません。
・珍しくイベントが少ないと思っていたら、ゲーフラコンテストなるものが始まる。3組の自作ゲーフラを観客の拍手で選ぶ趣向だが、鯱サポがほとんど反応せず、結局、グランパス着ぐるみが優勝者を決めていた。きわめて盛り上がらないイベント。
・これで終わりかと思っていたら、KO1時間前から子供のジャズ演奏始まる。まぁ、このくらいはと気を許していたら、1曲、2曲、3曲、4曲と続く。GKの練習時間に食い込み、ついに都築登場。おかげで5曲目はまったく聞こえなくなりました。子供に申し訳なかったが、進行がまずすぎ。
・試合前、鯱のビジュアル始まる。慣れないことをするもんだから大旗をうまく広げられず。練習しときましょう。といっても練習できるほど観客が入るのはレッズ戦だけか。練習のしようがない。
・試合開始前にFORZA REDSをひとしきり実行。いつもは跳ねずに手だけ動かしてましたが、どうも今年から?手は動かさず、跳ねる仕様になっていたようで。それに気づかず、跳ねて手を動かしてバランス崩しそうに。きつかった。
・コールリーダーが2階席に登場。いつの間に移動したのやら。引田天功か。2階にいた夫婦参戦のマイミクさんはここが爆心地になるかと思ってびびったようで。
・いつものこととはいえ爆心地周辺は階段にも人がびっしり。おかげでだんだん暑くなってくる。この熱気が暢久の走りに影響せねば良いがと、少し心配する

そして、いよいよ試合開始。先は長いなぁ。今回はこれまで。
 

|

« 鯱戦遠征記 其の弐 四銭憎し | トップページ | 鯱戦参戦記 其の四 挙母神社で必勝祈願 »

グランパス戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/15152912

この記事へのトラックバック一覧です: 鯱戦参戦記 其の参 豊スタの屋根は開いているか:

« 鯱戦遠征記 其の弐 四銭憎し | トップページ | 鯱戦参戦記 其の四 挙母神社で必勝祈願 »