« A3 城南一和戦どう闘う | トップページ | セルヒオの帰化と長谷部 »

2007年6月10日 (日)

ああ、心臓に悪い 城南戦

そこまで心配させなくてもいいのに。ああ心臓に悪い。今度はPKで演出ですか。

きっと他ブログで都築=神コールで満載になるでしょう。

しかし、いくら抑えたボールを相手選手が蹴りにきたとはいえ喧嘩うっちゃいけません

どっちかというとPKを止めた後の都築にびびった私です。相手のFWのモタが都築以上に切れて退場になった(イエロー2枚?)おかげで都築目立たなくてよかった、よかった。

ワシントン、達也の2トップは予想通り。暑さ対策で暢久に替わって岡野ですか。岡野大丈夫かと思いきや意外にもちました。

阿部、長谷部、啓太の3ボランチに左が相馬、右に岡野。岡野に暢久が入れば理想のフォーメーションですかね。坪井、伸二がいませんが。

最初こそ調子良く、厳しい戦いの中、シトンが点を入れたものの、その後は終始押され気味。後半、早めに選手を替えてきた城南一和にひたすらおしん状態。達也があわやドリブルで抜けだし、キーパーと1対1となるシュートがありましたが、その後、闘莉王の守備でゴール前のFK。それを逃れたと思ったら今度はペナルティエリア内で闘莉王ファウルでPK。城南のカウンターの厳しさのせい。

しかし暑さが効いたようでレッズの選手の動きはスローモーションを見るよう。一方の城南はコンスタントに動く。あいつらマシンか。日本相手だと違うスイッチがはいるんでしょうか。

詳細はまた後で書きますが、この試合みて体重が2キロ減りました。どんなダイエットより効果的。さぁ祝杯上げて体重を戻そう。

で、長谷部はどうなるんでしょう。今日のようにトップ下にいれば確変するのになぁ。

|

« A3 城南一和戦どう闘う | トップページ | セルヒオの帰化と長谷部 »

ACL」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/15383986

この記事へのトラックバック一覧です: ああ、心臓に悪い 城南戦:

« A3 城南一和戦どう闘う | トップページ | セルヒオの帰化と長谷部 »