« わーい ターンオーバーだ!(笑 | トップページ | 三重苦 »

2007年7月 8日 (日)

プレーで勝って、試合に負けた(負けてないけど)

Conv0001_36 中盤を圧倒的に支配し、攻撃らしい攻撃をさせないレッズ。伸二の1点目以降追加点がとれないものの、安心して見ていられる試合でしたが、1本のCKで同点にされちゃいました。サッカーなんてこんなものと言われればそうなんですが、試合を支配していただけに悔しさてんこ盛り。

先発が発表された時、内舘と堤が2人とも入っているのにびっくり。酒井が落ちてました。これは細貝はボランチかと思い、試合前のブロガー決起集会でこの方に伝えたものの...。

実際に始まってみると内舘がボランチとして入り、BKは堤、堀之内、細貝の布陣。細貝がやや上がり目で、右の暢久は否応無くさらに上がり目になる感じ。ワントップの永井の下に伸二、ポンテが入り長谷部がその下に入る。左サイドにはこのところ不動の相馬。

やってみると縦にすっと入ってパスカットを狙う内舘のプレーがアクセントとなり、ミドルシュートまで撃つ。それが伸二に当たって先制点につながる。

中盤でプレスをかけまくり、ボール奪う。ガンバの中盤と寺田、マグノのFWの連携をうまく断ち切る。一度、ゴール左に入り込んだマグノを堤が自由にさせるシーンもありましたが、総じていい感じ。前半の終盤あたりから一時攻め込まれる時間帯があり、PKもありましたが無失点で凌ぐ。

後半終盤になるとガンバは次々と選手を交代させ点を取りに来る。後半の得点の多いガンバだけにいやな感じが。それでもこの日はそんな心配もないほど押さえ込んでいたんですが...最後の最後、CKでやられました。

プレーで勝って、試合に負けた(負けてないけど)。

それでも、A3以降続いている中盤の強さ、魅せるプレーは相変わらず。堤が流石におどおどしたプレーを見せたりしましたが、フィードは正確だし判断もよい。相馬のドリブル突破、暢久の切り込み、ロングボールの競い合いに負けないプレー、萌の前を向いた落ち着いたプレー。要所要所で出るサイドチェンジやゴールに向けての早いパス回しと見せ場はいっぱい。PKの前の危ないシュートを防いだ山岸に当たりが出てPKを阻止。こうなると山岸は強い。

とはいえFWの迫力不足は否めない。ここで達也が、シトンがいればという無い物ねだりをしたくなったのも事実。一瞬、永井が永井らしい突破を見せましたが、FWにつながらないガンバ、FW不在のレッズ。伸二、ポンテがシュートをふかし、ハイタッチまでして喜んだ長谷部のシュートは不問に。この方は「あんなきれいなシュートが決まるのはおかしい」という恐ろしい判断力(笑)でハイタッチに応じてくれなかった。

さて来週は気管支炎だった家長が復帰する可能性大、さらに怪我で代表辞退した播戸も戻ってくるかもしれません。途中退場したマグノの左太腿の状態も気になります。レッズはシトン、達也の復帰が望まれます。しかしあの中盤がいれば、そう簡単に点は取られない。0-0では負けることを肝に銘じ、勝ちに行きましょう。まぁ東海アウェイ3試合ともこの方と同行し、負けなし。今のところ2人とも家庭の事情が発生しない限り、万博に行きますので勝ちますけど。

久しぶりの埼スタ。アウエィのスタジアムに比べゴールが近いことを改めて実感。気持ち良いスタジアムです。ナビスコ戦ですが4万4000人入りいい感じ。当日の並びは2列目がやっと出来る程度の少なさだったので、前抽、当抽組の関係者が多かった?私は開門40分前に到着し1列目の後ろの方に並びました。しかし、ホーム連勝記録が途絶えてから1敗6分け。いつまで続く泥沼ぞ

P.S.
昨日も凌ぎやすい気候。暢久はまだ元気。試合後、一緒に参戦したこの方といつも階段に棲息しているこの方とアフターバーの片隅にシートを敷いて一談義。アフターバー終了の9時半まで粘り、チャリで帰宅。10時に帰り着きました。

Conv0002_35 (レッズ1-1脚 ナビスコ 準々決勝 ホーム埼スタ 北ゴール裏30列173、扇谷健司 、44,609人、晴 、午後6時)

|

« わーい ターンオーバーだ!(笑 | トップページ | 三重苦 »

ナビスコ戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

万博、ナビに関しては2連勝中って、知ってました?

投稿: あかひと | 2007年7月10日 (火) 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/15689084

この記事へのトラックバック一覧です: プレーで勝って、試合に負けた(負けてないけど):

« わーい ターンオーバーだ!(笑 | トップページ | 三重苦 »