« シトンの穴を埋める 因縁柏戦 | トップページ | 死中に活を求める ガンバ戦 »

2007年8月13日 (月)

闘いすんで日が暮れて 勝ち点4差

昨日から妻の実家(郡山)に寄生虫、もとい帰省中。速度の遅いピッチカードなので書き込みがうっとうしい。何せ250kbpsですから。ちなみに昨日の東北自動車道では3回も事故渋滞に遭遇。あ~。

Conv0003 新調のチャリで初参戦。20%ほど所用時間が短くなる(当社比)など、メリットはありましたが、あまりの暑さに熱中症の初期症状が。

Conv0001 体が火照って仕方がない。チャリ移動中に十分水分補給をしていたのと北ゴル裏の並びの列が日陰だったので、鰐の干物にならずに済みました。ちなみに待機中、北門に設置された大型霧吹き(右)に頼ってみたものの、これがぬるくて...。

さて、面子はシトンの帰省&出産ポンテがFW登録。永井ではありませんでした。

試合前、ストレートな攻めをしてくる柏だから試合はやりやすいはずなんて思っていましたが、その反面押し込まれるとただでさえ引きやすいうちのチームのこと、やっかいかなとも思っていました。

案の定、前半は休養&練習たっぷりの組織力を見せつけた柏にしてやられました。レッズのプレスが効かず、結構肉薄されます。とはいえ、ゴールは割らせなかったんですが。その意味でやや不満は残るものの、先制点がとれればいい感じになると思う程度の戦況。

タリーも良いとは言えないが、前節よりはまし。前目に張っているのですが迫力がない。

相馬も前節の反映からか突っ込んでいくのですが、その後の連携がうまくいかない。しかも2トップを期待していたポンテはFW登録ながら、下がり気味なので達也が1トップ状態。ここにクロスが入ってもボールが収まらない。達也は2トップでこそ効いてくる選手。うまくかみ合わないのがもどかしい。

こんな時、期待したいのは長谷場の縦への攻撃ですが、それもほとんど封印状態(後半、シュートチャンスはありましたが)。ドリブルしてくれよぉ。特にシトンのいないメンバーではクロスを上げるよりドリブルで突っ込んだ方が効果的。シトンがいないなら、いないなりの攻略法をとらないとねぇ。

Conv0002_2 とはいえ、飛ばしすぎた柏が後半落ちてくると、攻めに転じるレッズ。で、闘莉王の得点。で、もう1点と思うもののこれが取れない。シュートの決定力に泣いた試合です。チャンスは生まれるが最後が決まらない。あそこでとれないとねぇ。結局、柏のセットプレーで古賀に同点にされ、結果として反撃出来ずthe end

しかし、柏のサポ多かった。季節はずれの菜の花を見るようでした。

Conv0006 試合後、ガンバとの勝ち点が4に開いたことの悔しさと、こんな戦い方ではガンバには勝てないという思いで、お仲間とのせっかくのアフターバーでも落ち込んでいました。

新調した自転車が快適。いい感じで乗り込んだわけですが、帰りはなぜか自転車のライトぶっ壊しちゃいました。気に入っていたのになぁ。

まぁ、いつまでも下を向いていてもしかたないので、次節ガンバ戦も参戦して頑張ります。それまでに、チームの戦術を選手にはっきり浸透させておいて下さいオジェック様。

次節は初めてのSBでの参戦です。凄く大事な試合になってしまいました。

Conv0005 (レッズ1-1柏 ホーム 北ゴール裏22列162、穴沢努、47,359人、晴 、午後7時2分、8月11日、土曜)

|

« シトンの穴を埋める 因縁柏戦 | トップページ | 死中に活を求める ガンバ戦 »

柏戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/16093533

この記事へのトラックバック一覧です: 闘いすんで日が暮れて 勝ち点4差:

« シトンの穴を埋める 因縁柏戦 | トップページ | 死中に活を求める ガンバ戦 »