« 首位奪還 甲府戦参戦記  | トップページ | いけません 旦那様 »

2007年8月22日 (水)

甲府戦 参戦記番外編

Conv0004 柏戦以来の国立。入ってみて驚いたのは、甲府サポの多さ。ゴール裏からバックススタンドの聖火台の下まで入っている。柏戦の時に比べても明らかに多い。バス100台、JRの特別列車をしたててきただけのことはあります。

Conv0005 とはいえ、ゴル裏もバックスタンドも上の方は空きがある。また、試合途中から聖火台下のホームよりのブロックもレッズ側に開放してました(右)。全体的に4:6でレッズの方が多い位でしょう。

気づいたのは甲府サポに中年(老)夫婦が結構いること。それに倶楽部会員のカードをぶら下げている人も多い。会員は優先入場が出来るらしいのだが、この日の優先入場は千駄ヶ谷門のスロープに並べた人だけ。

スロープが一杯になった後に来た会員サポは一般サポと同じく、門外のスロープを降りた所に並ばされていました。青山門に並ばされた会員サポも多かったようです。青山門に並んだ知り合いも、「朝早くに家を出て、会員なのに何でこんな列に並ばないと行けないの。おかさんがかわいそう」と嘆く母娘の会話を聞いています。この辺、不可解。入場ルールがどこまで告知されていたのやら。

Conv0009 もう一つ気づいたのは看板広告の多さ。山梨の企業の看板がこれでもかと言うくらい並べられている。小口の協賛企業を集める甲府を象徴していた。この看板広告を見て、甲府のホームだと感じた甲府サポも多かったようで。

Conv0007 で、入場後はブロガー仲間と、「居酒屋 酔いどれ」を開店。マスターが持参のショウガの皮を剥き、キュウリを切っておもてなし。甲府が入場記念に配っていたキャップ・ビブス・ファンバナーを入手してきたこの方(右)やこの方、さらにmixi仲間ら総勢10数名で談笑。途中、浦議SNS仲間が万博戦の録画をコピーして持ってきてくれたりしました。まだ入場出来ないこの方にゲート越しにお裾分けをしたりなんてハプニングも。

Conv0006 このときまだ、青山門に並んでいる人たちは入れずに待機状態。青山門といえば、開門が30分遅いもの、開いたら早いが身上の門。なのにこの日は遅かったようで。

とはいえ、大黒巻のミニコンサート開始が近づくにつれ、マスターがそわそわし始めたので閉店。席に戻ります。

Conv0008 大黒巻の声量は流石、しゃべりも甲府に偏らず、うまくこなしてました。●●みかんのような駆け出しとは落ち着きも格も違いますな。

Conv0012 大黒巻の後は、ガンバのようなチアリーダーの踊りもなく、甲府サポ家族のサポート宣言など、至極まじめに展開。、東京にこれだけの観客を集め、チャラつかない試合運営に好感がもてました。

Conv0015 とはいえ、サポーターの声量も今ひとつ。立ってサポする人数も少ない甲府です。謎だったのは曲がった段幕。何か忌みがあるんでしょうか。

中略

試合終了後、We are Diamondsを歌い上げ、なぜか、「東京、東京くそったれ」コール。跳ねすぎでないの。

|

« 首位奪還 甲府戦参戦記  | トップページ | いけません 旦那様 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

甲府戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/16197903

この記事へのトラックバック一覧です: 甲府戦 参戦記番外編:

« 首位奪還 甲府戦参戦記  | トップページ | いけません 旦那様 »