« ナビスコガンバ戦遠征記 外伝 弐 | トップページ | ぐだぐだと天国と 広島戦参戦記 »

2007年8月 2日 (木)

盛田よありがとう 広島戦参戦記 短報

幻のシュート、闘莉王復帰ヘッド弾、ポンテPK、達也の執念の得点、シトンの技ありシュートと見所一杯の試合でしたが、盛田ありがとう。

ぐずぐずの前半と先制点を被弾してどうなるかと思った後半。闘莉王が点を返しいけいけになったのに追加点が取れず、少しいやな感じがし始めたそのとき、急造SBの盛田がシトンをペナルティエリア内で倒し、ポンテがPKを決めました。その後はイケイケどんどん。危うく(笑)永井、岡野も得点するところでした

4月7日、ジュビロ戦以来の埼スタホーム勝利、2点以上得点出来ない呪縛からの脱出、今期初の4得点を引き寄せてくれたのは盛田ですね。後半戦はこれで行けるぞ~。

|

« ナビスコガンバ戦遠征記 外伝 弐 | トップページ | ぐだぐだと天国と 広島戦参戦記 »

広島戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

>とびうおさん
伸久は「前半は様子をみてとのことだったので」と曖昧なことを言っていますが、明らかにお休みモード。相馬も「引きすぎた」と反省モード。達也復帰以降のノリを二人とも忘れたんですかね。まんうのときのモードになってたんですかね。

投稿: 見沼鰐 | 2007年8月 2日 (木) 18:35

こんばんは

盛田は我々を忘れていなかったんですね。
我々と苦しいJ2時代を戦った事を。

だけどこれは君のせいじゃない。
君の遅さを知りながらコンバートした監督が悪い。

我々もアジア杯で阿部ちゃん見ながら思いました。

そこじゃないんだって!

さて、我らが山田さんは前半蒸し暑さも手伝ってか明らかに不服そうでしたが後半少し風がでてきたら・・・息を吹き返し同点弾の起点になりましたね。

これで厄払いが済み、ホームの連勝記録を続けたいものです。

投稿: とびうお | 2007年8月 2日 (木) 03:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/15979404

この記事へのトラックバック一覧です: 盛田よありがとう 広島戦参戦記 短報:

« ナビスコガンバ戦遠征記 外伝 弐 | トップページ | ぐだぐだと天国と 広島戦参戦記 »