« 調整・連携不足な試合 | トップページ | 永井 重要無形文化財に指定 »

2007年9月15日 (土)

天網恢々 疎にして漏らさず

暢久、良く耐えた。雨では無く熱射。見ているだけで暑そう。中に入っているのは別人だった?

前半10分は、遅めの昼食をとりながら観戦。すいません。

しかし、あのPKは何?

寿人が勝手に倒れただけでしょ。それとも暢久が倒れた寿人の腹の上のボールを蹴ったからすか。

しかし天網恢々疎にして漏らさず。

狂犬のPKはゴールポストにあたり、はじかれる。

前半、3点取った時には、今日は5点かと思いましたが、そうは問屋がおろさず。

狂犬が恐るべきシュートで1点。森崎が都築のこぼれ球を叩いて1点。

そしてPK。どうなることかと思いました。ゴールポストに神が降りました。見たか、西村!

試合を支配しつつも、隙をつかれるとやられる。サッカーは怖いですね。

狂犬の得点の前には微妙にプレスが弱くなっていやな感じがしたんですが、案の定。シュートはプレス云々とは直接関係なかったですが見事なパンチシュートをやられました。

森崎の1点も達也攻め込んでシュートを打ちそこねて、ボールを奪われてのカウンター。

永井と交替して入っていたシトンがその直後、得意の足技の魔術で1点追加してくれたので助かりました。千金の1点。

しかしレッズの最初の3点はバラエティに富んでました。

達也のミドルシュート

堀之内&長谷部のヘッド饗宴、そして

50メートル以上走りきった末の永井のアクロバットシュート

参戦されたみなさま眼福ですな。でも反対側だったから長谷部のヘッドは良く見えなかったかもしれませんが...。

しかし、流石に闘莉王はへろへろ。達也、啓太は超人ですか。坪井は今年初のイエロー。意外だったのポンテが今一つだったこと。とはいえ、永井の得点へのアシストだけでも十分価値あるプレーでしたが。

長谷部は相変わらず縦への動きが見られない。大丈夫か。

ともかく勝ち点3を積み上げられよかった、よかった。予想よりぼろぼろでは無かった。それとも広島が脆すぎるのか。ともかく、ACL戦の前に試合勘を取り戻すことが出来て何よりです。

参戦のみなさまご苦労様でした。みなさまの声しか聞こえませんでした。広島は動員かけたんでしょうか。結構入ってましたね。それでも人が多い割に紫に見えないスタジアムは寂しいものです。

では、みなさま水曜にお会いしましょう。

追伸 西村氏ね。やはり西村は..。新御三家は奧谷、松村、西村だな。

(広島2-4レッズ アウェイ広島 お茶の間TV西村雄一、22,675人、晴 、午後2時、9月15日、土曜)

|

« 調整・連携不足な試合 | トップページ | 永井 重要無形文化財に指定 »

広島戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/16455448

この記事へのトラックバック一覧です: 天網恢々 疎にして漏らさず:

« 調整・連携不足な試合 | トップページ | 永井 重要無形文化財に指定 »