« 鞠戦を前に 「まちぼうけ」の呪い | トップページ | 明日はどっちだ レディスvsユース »

2007年9月23日 (日)

山瀬のいないマリノスは~ 鞠戦参戦記

Conv0002_2 アウェイガンバ戦を見るような展開。
正直厳しい試合でした。

結果ははドロー。駿介(たぶん)の華麗な技もチラリとしか見えなかったのは残念。

違う違う。

前座のジュニアユースではなく、メイン試合の話。

先発で意外だったのは達也がはずれてシトン、永井コンビだったこと。
達也の疲れと、永井の調子、そして日惨スタジアムでの相性の良さを配慮したんでしょう、きっと。流石オジェック!オジェックが雷雨の中の決勝弾を知っているとは思えませんが...)。

Conv0005  鞠のこのところの調子の良さを多少割り引いて見ていましたが、試合を始めて見ると、意外に鞠がしぶとい。それともレッズに疲労の色が濃いのか。

早いプレスも相まって、レッズのサイド攻撃がほとんど不発。全体的にはむしろ押され気味。とはいえそれほど怖い攻撃もなし。なかなか最後のフィニッシュまでたどり着けない。

その点、ガンバの方が怖かった。

後半、15分ほどたった位から疲れのせいか、レッズの攻撃が形になり始める。そして、永井のゴール。アレをはずしてたらどうなってたんだろと、思わせるばかりのお膳立ての中のシュート。直前にあわやのシュートがあっただけに点が決まるまでドキドキもんでした。

その後交替して入った達也もあわやのシュートがあり、イケイケと思ったら、鞠のパワープレーもどきで、試合がピッチの反対側で終始展開。

鞠は試合全体を通して、最後のフィニッシュの精度が悪く、その点は救われた。攻め口も分かりやすいし、裏をとられたり、一瞬の隙をつかれるシーンもほとんどなし。そこそこ強いが決めきれない。

鞠に何かがたりない。そう山瀬。彼が縦へ切れ込んだり、相手陣営を攪乱したり、自らシュートを狙ったりという要素がなかった。あったら結果は違って板かも知れません。
某ブロガーさんが使ったフレーズ

山瀬の恩返し

がこの試合を象徴する言葉でしょう。

もうひと声、マリノスにエールを送っておきましょう(fromかなりあ 西条八十

 山瀬のいないマリノスは後ろの山に棄てましょか
 いえいえ それはかわいそう
 山瀬のいないマリノスは背戸の小薮に埋けましょか
 いえいえ それはなりませぬ
 山瀬のいないマリノスは柳の鞭でぶちましょか
 いえいえ それはかわいそう
 山瀬のいるマリノスは象牙の舟に銀のかい
 山瀬が戻ってこぎ出せば 忘れた歌を思い出す 

次節は05年以来勝ちのない栗鼠戦。ジンクスを破れるか。

さて、試合のジャッジは家本、試合直前、主審紹介を聞いて、一瞬凍り付きましたが、最近の家本はそれほど悪くない。案の定、落ち着いた判定。それよりサイドの副審がきになる。やはり今年の御三家は奥谷、松村、西村で決まりだな。

しかし、昨日の試合はこれまでになく疲れた。帰宅後、祝杯を挙げる気力もなく、倒れ込みました。ここしばらく弱い鞠との対戦でしたが、ようやく昔を思い出しました。気を抜けない闘いに気の抜けないサポが必要だったということでしょう。

Conv0006_2  ちなみに、観客数は鞠オヒサル予想の3万7000人を上回る4万8166人。席割りもバックスタンドの3分の1までアウェイに開放。これでダンマクトラブルも起こりようもなく、レッズサポをまとめて収容するのに効果があったようです:写真右。

ACL賛歌もなじんできました。あれ、意外と泣ける曲かも。

ともかく中3日で韓国での試合に臨むレッズ。選手には相当厳しいスケジュールでしょうが(そのために達也を休ませたと思いたい)、勝利を願っています。

Conv0008_3 (鞠0-1レッズ アウェイ日惨南ゴール裏2階6列354?、家本政明、48,166人、晴 、午後2時、9月15日、土曜)

Conv0001_2 追伸:久しぶりに地下鉄で新横浜に入ったら、こんなものが(右)。見たくもないが改札を出ると良く見える位置にあるので、仕方なく写真に撮りました。まぁ、霊験はなかったようで。

|

« 鞠戦を前に 「まちぼうけ」の呪い | トップページ | 明日はどっちだ レディスvsユース »

マリノス戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/16542143

この記事へのトラックバック一覧です: 山瀬のいないマリノスは~ 鞠戦参戦記:

« 鞠戦を前に 「まちぼうけ」の呪い | トップページ | 明日はどっちだ レディスvsユース »