« まずは良かった。で、24日どうする | トップページ | 警報!大分に負けるわけにはいかん! »

2007年10月 6日 (土)

駒場大分戦、ユース準決勝、ガンバは柏 てんこ盛りサッカー3連休!

今日はユースの高円宮杯の準決勝が国立で開催。
ガンバと柏がリーグ戦。
明日は駒場でトップチームの大分戦。
明後日は、高円宮杯の決勝が埼スタ。
しかも明け方には、UEFAのチャンピオンリーグの中継まである。

まとめてやりすぎ。

これで、その後2週間はサッカー飢饉になる。もう少しバランス考えてよ。

代表の親善試合とナビスコ杯を見ればいいんでしょうが、あまり触手は伸びず。
結局見るんだろうけど。

ともかく、このサッカー連休
家族持ちの身としては、そして妻が休日出勤を繰り返す身としては、そうそう遊んでばかりはいられない。

掃除・洗濯、風呂掃除、ゴミ出し、新聞紙だし、夕飯の用意、妻の自転車のパンク修理、駐車場契約の更新などなどやることはてんこ盛り。

どっかのお仲間は子供の運動会だそうで、まぁそういう季節ですね。
うちは、もう卒業ですからいいけど。

さて、残り試合が少なくなったJリーグ。
日曜の大分戦は分の悪い試合が多い。
アルパイ、ネネと一発レッドを喰らったあの試合を皮切りに苦い思い出がてんこ盛り。
あのころもマグノが五月蠅かったなぁ。

そういえば、マグノまだ怪我休ですか。
ゆっくり治してください。今年は、もう出てこなくて結構です。

ちなみに今日のガンバはアウェイの柏戦。
J2落ちから逃げた明神、追い出された西野が柏と闘う。
さらにJ2落ちの試合で引導を渡したバレーがあの狭いピッチに立つ。

スペクタクルですね。

敵情視察に行こうかとおもったらとっくの昔に完売。

甘かった。

そういえば、フクアリはチケット瞬間蒸発でした。

0003_6  昨年、アウェイのバックアよりにある「コーナー自由席」と「ホーム自由席(アウェイゴール裏のバック寄り半分)」をレッズサポに「アウェイ自由席」として割譲した(右)悔しさの反動か、今年は、本来の「コーナー自由席(アウェイバックより)」を「ホーム自由」として復活させ、挙句にアウェイ自由とホーム自由の間に緩衝帯を設置。アウェイサポの流入を防ごうとする千葉のフロントの意思がミエミエ。アウェイチケットが瞬間蒸発するはずです。ホーム側も事前発売の嵐。

「どうやったって、チケットは完売する。そうならレッズサポには蹂躙させないよ」という姿勢。

あげくに「アウェイ自由席以外でアウェイグッズを身につけた応援をご遠慮いただく場合もあります」と脅し付き。偉くなったもんだ。6連勝で鼻息荒いねぇ。もうそろそろ負ける頃でしょうが。

まぁ、ホームだから好きにして。

バックSA自由席とアウェイ自由席(ゴール裏)に挟まれたホーム自由席がどういう状態になるのか見物です。

さて、話は戻って日曜の駒場。

負けられないが、疲労困憊の選手、相性の悪い相手、荒れたピッチ。
これをオジェックがどう差配するのか。

いよいよ手腕が問われますね

と言われ続けて早6ヶ月ですが。
どうせ鉄板ガチのスタメンなんでしょ。
それなら、せめて交替のタイミングを考えてくださいな。

まだチケット入手出来てない鰐でした。まだねばるぞ。

そうそう、その日は浦和駅近辺の某所でレッズサポの決起集会
60人超って...。
狂乱の世界に巻き込まれないように、自重します。
チャリ参戦だし。

追伸 本日のACLホーム戦 チケット販売お忘れなく!

まじめな話、城南のバックに誰がついているか。04年、マリノスが城南と三沢で戦ったときのことを忘れないように。韓国からではなく日本からサッカーに関心のない人が動員される。レッズのオフィシャルが城南の6000枚チケット要求に3000でこたえた(らしい)ことは懸命だった。6000渡したら6000来ます。

だから、大事なチケット。ゴル裏には来ないかも知れないが、それ以外の席種は正直危ない。韓国のサッカーファンが来るなら結構。そうではないのだから、気をつけないと。

|

« まずは良かった。で、24日どうする | トップページ | 警報!大分に負けるわけにはいかん! »

大分戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/16672929

この記事へのトラックバック一覧です: 駒場大分戦、ユース準決勝、ガンバは柏 てんこ盛りサッカー3連休!:

» 聖地でトリニータ凌駕PREVIEW [れみいまるたん]
 7連戦のハードワークもいよいよラストゲームとなりました。アジアチャンピオンズリーグではセミファイナルに進出、アウェーで2得点ドローを導き、ファイナル進出に完全に王手をかけました♪城南一和に対し、勝つか1−1以下の引き分けで世界への扉に手をかけることができます!浦和レッドダイヤモンズのこの状況に対して、オシム日本代表監督もエジプト戦に向けてスタートする合宿に、レッズ勢の参加免除あるいは帯同期間短縮の「特例」を認める意向を示してくれました。  「アジアのチャンピオンになる重要なチャンス。日本..... [続きを読む]

受信: 2007年10月 6日 (土) 07:51

« まずは良かった。で、24日どうする | トップページ | 警報!大分に負けるわけにはいかん! »