« まず一兎 ゲット!万歳! | トップページ | セパハン撃破!参戦記 その2 »

2007年11月16日 (金)

セパハン撃破!参戦記 その1

Conv0007 試合後、サポからもらった「ASIAN KING」のゲーフラを嬉しそうに掲げて歩く阿部。いつまでもいつまでも掲げて歩いていたなぁ。比較的大きなゲーフラをゆらゆらさせながら歩いている。

最後の記念撮影でいち早くど真ん中の位置に座り込んだ都築のやんちゃ坊主のような表情。うれしくてしょうがないという表情がたまりませんでした。

北ゴル裏に乗り込んで、コールリーダーと共に雄叫びを上げたシトン。もうお別れかも知れない寂しさと、勝利の喜びがないまぜになった気分。

こんな時にもガムを噛んでいるものの、ACL杯を掲げて嬉しそうに笑う暢久。暢久のカップ揚げを歓声とともに迎えたサポ。カップの揚げ方も様になってきたなぁ。

そして、わき起こったマリッチコール。ここに我々を連れてきてくれたのは彼だ。

こんなシーンを堪能出来た我々は幸せ者。しかし、本当にチャンピオンになったのか。まだ実感がわきません。じわじわと来るんだろうな。もっともアウェイに参戦した方々の思いは、もっともっと深くて重いんだろうな。

そんな経験が出来たその日の朝。私は自宅からチャリで浦和美園に行くことにした。約10キロ。その足で会社へ行き、開門前に帰ってくる計画。試合終了後はチャリでそのまま家に帰れる。

朝のチャリは新鮮。犬の散歩をする人、ジョギングする人など、いつもとは違った風景のおかげで、距離を感じなかった。

Conv0002 埼スタでは、もう続々と人が集まり出している。ビジュアルサポの手伝いをする人なんだろうか。そして、南ゲートにももう並びが出来ている。美園駅側のゲートでは、チケットをもたないサポが譲ってくれる人待って声を上げている。

美園駅に行く途中、サポ仲間の女性と出会い、自転車で彼女の周りを周回。さらに進むと某サポと出会い、同じように彼の周りを周回して挨拶。けっして、なわばりを主張したわけではありませんよ。その後を歩いていたはずのこの方とはなぜか出会えず。

Conv0003 駅では、駅階段の上に垂れ幕を吊す作業をしている。

Conv0004_2 エスカレーターには横断幕が

Conv0005 構内の柱には巻ポスターが。

今は閑散としているが、夕方には多くの人たちで埋まるこの空間が、我々の参戦を待っている。なんて、感傷的になって改札を入る。

そして出社。仕事。

Conv0006 そして埼スタへ。戻って来ましたよ4時15分頃。さぁ、参戦だぁ!(続く)

|

« まず一兎 ゲット!万歳! | トップページ | セパハン撃破!参戦記 その2 »

ACL」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/17086933

この記事へのトラックバック一覧です: セパハン撃破!参戦記 その1:

« まず一兎 ゲット!万歳! | トップページ | セパハン撃破!参戦記 その2 »