« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

山瀬の3点

伸二が正式に行ってしまいますね。活躍を祈ります。

ただ何度も書いたけれど、本当に足は大丈夫なんだろうか。あせって渡独したんではないことを祈ります。

そして、その前に長谷部。彼の選択は正しかったと思う。これも活躍を祈るのみ。

で、今日はハンドボールとサッカーの代表戦。

会社のテレビを背にしながら仕事。最初はサッカーを見てましたが、ハンドにチャンネルを変えたら、わらわら人が集まってきてしまいました。やはり気になるよな。

ということで、ハンドの試合を最後まで流して(仕事してましたよ)、その後、チャンネルを切り替え。得点機はすべて見ることができました。

1点目は中沢だが、きっかけは山瀬のシュート。その後、縦への飛び出しで1点、バンドからのパスでもう1点。山瀬の独特なフットワークを見られたわけではありませんが、特徴である縦への動きを多少とも堪能。色々評価は分かれてますが、あのややこしい性格を除けば、山瀬は好きな選手。こうした選手が活躍することは正直嬉しい。

ハンドは最後、追いつけそうで追いつけず残念でした。

27日のKICKOFFにも行きましたが、そのときのことはまた。

ちなみにエジミウソンの眼が可愛いのが印象に残りました(笑

GMへのブーイングも笑えました。千葉でなくてよかったよかった。

(報道ステーションの録画を今見てますが、福田がレッズのコーチ就任ということで、番組はお別れ。そうなんだよなぁ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

岡田色じわり 日本代表

伸二の移籍同行が不明なまま
代表の発表。
予想通り、山瀬が残りましたね。当然ですか。
岡田の好みや山瀬との関係はともかく、縦にズバッと切り込んでくる動きは他の選手にはない特徴。長谷部のドリブル突破とも違うこの動きは、今でも愛しています。
後はそう波乱もなく。

元千葉からは水本、羽生、山岸、巻。水野を除いて残留。
巻以外は別のチームになっちゃいましたが。
で、鹿の田代落ちたねぇ。本当はばしばし使ってもらって疲労することを期待してたんですが(笑 特に4月のレッズとのホーム戦ではACLもあるし、疲れるだけ疲れてください。

で、内田はのこったけど小笠原がいなくて活躍できるのか。内田を使う選手のイメージがわかない。中村?うーんよくわからん。

後は、徳永、西川、青山、安田が落ちです。

GK:
川口能活(磐田)
楢崎正剛(名古屋)
川島永嗣(川崎)

DF:
中澤佑二(横浜FM)
坪井慶介(浦和)
加地亮(G大阪)
駒野友一(磐田)
岩政大樹(鹿島)
水本裕貴(G大阪)
内田篤人(鹿島)

MF:
橋本英郎(G大阪)
羽生直剛(FC東京)
遠藤保仁(G大阪)
中村憲剛(川崎)
鈴木啓太(浦和
阿部勇樹(浦和)
山瀬功治(横浜FM)
今野泰幸(FC東京)
山岸智(川崎)

FW:
高原直泰(浦和)
播戸竜二(G大阪)
巻誠一郎(千葉)
前田遼一(磐田)
大久保嘉人(神戸)
矢野貴章(新潟)

この面子をみると、MFの競争が激しそう。啓太の出番が減る恐れも否定できませんが、報道によれば(ほんとかどうかしらんが)、練習試合で「抜群の統率力を見せ」だそうですし、岡田の覚えもめでたそうですから大丈夫でしょう。

それより阿部ちゃんの方が気になる。BKに水本を残し、4バックを狙っている岡田としては、阿部ちゃんはボランチ要員(いざというときはBKでしょうが)。となると今野と橋本と競わされそうな予感。どうも岡田の好みは今野のような気が...。

BKは、今のところ中澤、水本。闘莉王が帰ってくれば中澤、闘莉王。ツボには厳しい状況です。

FWは高原中心でしょうが、高原、代表にあまり入れ込んでリーグ戦に悪影響をださないようにして欲しいな。頼むよ。

さぁ、24日はいよいよ日程発表。飛行機のチケットと宿野確保に注意!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

08年 レッズ試合日程 予想(個人用)

今期の予想日程が色々なところから出てますが

個人的にスケジュールをたてるためにまとめてみました。

改訂080122

空白の所もあるし、情報が食い違うところもありますが、まずはご参考まで。

ただし、木曜には正式日程が出てきますからそっちを見た方がいいんですがね(笑

  第1節                        3月8日   A  横浜  日産
 第2節                      3月15日   H 名古屋  埼スタ
 ナハイ第1節     3月20日 木・祝  H  名古屋  埼スタ
 ナハイ第2節      3月23日   A 京都キョウト 西ニシ京極キョウゴク
 第3節                        3月30日   H  新潟  埼スタ
 第4節                        4月2日   A  清水  日本平
 第5節                       4月5日   A  磐田  エコパ
 第6節   4月12日   H  鹿島  埼スタ
 ナハイ第3節 4月16日   H  京都キョウト 埼スタ
 第7節  4月19日   H  札幌or大宮 埼スタ
 第8節  4月26日   A  京都 西京極
 第9節  4月29日 火・祝 H  札幌 埼スタ
 第10節  5月3日   A  神戸 神戸
 第11節  5月6日 火・祝   千葉 埼スタ
 第12節  5月10日   A  川崎 等々力
 第13節   5月17日     ガンバ  埼スタ
 ナハイ第4節 5月25日   A  名古屋 
 ナハイ第5節 5月31日   A  神戸コウベ
 ナハイ第6節 6月8日     神戸コウベ 埼スタ
  第14節   6月28日   A  国立
 ナハイ準々決勝 7月2日      
 第15節  7月5日     FCor東京V  埼スタ
 第16節  7月12日   A  大分  九石ド
 第17節  7月16日       埼スタ
 第18節   7月20日     川崎  埼スタ
 第19節   7月27日   A  鹿島 カシマ
 ナハイ準々決勝 8月6日      
 第20節   8月9日       埼スタ
 第21節   8月16日   A   
 第22節  8月23日       埼スタ
 第23節   8月27日   A  ヴェルディ  国立
 ナハイ準決勝ジュンケッショウ 9月3日      
 ナハイ準決勝ジュンケッショウ 9月7日      
 第24節  9月13日       埼スタ
 ACL準々決勝 1st.Leg  9月17日      
 第25節  9月21日   A  大宮 NACKor埼スタ
 ACL準々決勝 2nd.Leg  9月24日      
 第26節  9月28日   A   
 第27節  10月1日     京都 駒場
 第28節   10月4日   A   
 ACL準決勝 1st..Leg   10月22日      
 第29節  10月19日       埼スタ
  ACL準決勝 2nd.Leg  10月22日      
 第30節   10月26日   A  新潟 東北電力
 ナ杯決勝  11月1日       国立
 ACL決勝 1st.Leg  11月5日      
 第31節   11月8日   A  札幌 札幌ド
 ACL決勝 2nd.Leg   11月12日      
 第32節   11月22日     清水 埼スタ
 第33節  11月29日   A  ガンバ  万博
 第34節   12月6日     横浜 埼スタ

●個人的感想
 ・ナビスコ
 今更ですが ナビスコの予選 名古屋、京都、神戸ですから、この短期間に3回遠征せねばなりませぬ。3/23が近い名古屋でありますように。平日はホームということでよろしく。

 ・リーグ戦
 4月2日の平日清水は参戦者少なそう
 4月5日 磐田 東海アウェイまた連ちゃんですか
 4月26日 京都アウェイは1泊だな 問題はチケット
 5月3日 連休中の神戸は辛い
 7月12日 土曜の試合 大分へ久しぶりに行けそうな予感
 8月27日 平日のヴェルディ戦 国立なのがありがたい
 9月21日 アウェイ大宮戦 埼スタ?噂と違いますねぇ。どうなのか。
 10月26日 前泊して海の幸堪能?雪は降りそうもないのが救い。土曜説もありますが..。
 11月8日 寒いが、参戦を楽しみます
 11月29日 ガンバのホーム最終戦 チケットがとれるのか
 
 ということで大宮アウェイ戦が埼スタで開かれるか怪しい。泣くスタではないのか。
 行けない試合は神戸くらいですかね。後はチケット次第。
 ホームで困るのは駒場の京都戦。チケットがなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月14日 (月)

3連休の雑感

柏、強いねぇ。元紀の話ばかりだけど、あの守備の堅さには脱帽。これまでの対戦相手のシュートを封じる力は並ではない。

ロナウド、別人でしたね。あんなに人は変われるもんだと痛感。え~、私も(ry。

で、長谷部はボルフスブルグでほぼ決まりのようですな。やはり行ってしまうのか。まあ、イタリア方面ではないことが救い。これで阿部ちゃん、啓太のボランチコンビとなるのか。

高原の入団会見。可もなく不可もなく。背番号7ですか。まだ友ちゃんのにおいがする番号ですが、自分のものにしてください。いずれにせよプレーで成果を見せるのみ。

それより気になったユニのデザイン。背番号の書体が細いことと、首回りの処理が個人的にはあまり好みではない。それに八咫烏もないし(これはしょうがない)、ACLのらしい☆の入れ方がなんかカッコ悪い。ま、どうせすぐ慣れるんですが(笑。

そして、今年の衝撃は千葉の崩壊。水野(22歳、セルティック)、水本(22歳、ガンバ)、山岸(24歳、川崎)、勇人(25歳、京都)、羽生(28歳、東京)が抜けてしまった。隊長坂本(29歳、新潟)が戻っても選手がいない...。千葉サポのブログが静かなのが不思議。

続きを読む "3連休の雑感"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

ますたにラーメン 田町店

Dc010505_3 1月4日、机の周辺を片づけるためだけに出社したような日。

2時過ぎに会社を出たとき、急に歩きたくなって田町まで歩くことにする。

正月の街をゆったり歩く。20分ほど歩いて、慶應大学をやり過ごして、田町の商店街に入る手前にこのラーメン屋がありました。

この日は、昼食抜き。ちょうど腹が減ったのでこれ幸いと入店。

とんこつ系のラーメン屋らしい。とりあえず普通のラーメンを(680円)を注文。

出てきたのが写真のラーメン。やや醤油色をしたスープに背脂が浮いている。

旨そうです。でスープを一口、旨味のあるいい感じの味。とんこつではなく鶏ガラでした。しかしスープは濃厚でやや甘口(といっても甘いというより旨いという感じ)。堅めで頼んだ麺は中太で私好み。あまりもっちりとせず、美味しい。

で食べているうちにスープが醤油味が強くなり、味が変わって来る。そして最後にぴりっと辛いスープに変化。これが旨い。この変化のおかげで最後まで飽きずにラーメンを楽しめました。

となりの客が注文する時に麺の堅さの他に、「辛みなし」と言っていたのが気になっていましたが、このことだったのわけね。最後のぴりっと辛いのが苦手の人もいるでしょうから、そのために辛みの有無を言うとわけ。注文はネギ、背脂の量、麺の堅さ、辛さ、味の濃さ尾を指定できるようです。

食べ終わって、店内を良く見ると、雑誌に紹介された記事の切り抜きが貼ってある。で、出るときに気づいたんですが「京都銀閣寺ますたにラーメン」という張り紙がある。

京都のラーメンなんですな。知りませんでした。しかし、フランチャイズという感じの風情ではなく個人営業のような感じなのが不思議。他の店もこんな感じ何だろうか?

ふらりと入った割には中ヒットの店でした。

港区芝5-25-9

続きを読む "ますたにラーメン 田町店"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

4バックへの憧憬

赤星が水戸へ期限付きレンタル。レンタルとはいえ、片道切符の様な予感がしてならないのは杞憂でしょうか。

06年の天皇杯で見せた得点に絡むワンツーパスのプレーに痺れたものの、その後、出番がほとんどありませんでした。

若いのにレギュラーで出続けていた梅崎に対し、厚いレギュラーに阻まれ、トップチームに食い込めなかった赤星。もっとつかってやりたかった。

赤星のゲーフラを掲げ続けたこの方の思いやいかに。水戸で成長して、是非戻ってきてください。

さて、補強も一段落。もう一押しも期待しますが、まずはこんな所なんでしょう。

で、このままなら、DFの補強はなし、今野は取れませんでしたが、今期のシステムとして気になるのが4バック。

去年、オジェックは当初4バックを狙った節があったのに、選手のサポタージュで3バックに戻りました。

今野を取りにいくという話を聞いた時、4バックの意志を感じたのは私だけではないでしょう。

坪井、闘莉王を中心に据え、右サイドに暢久(平川)、左サイドに相馬。こういう体制なら、今野が必要です。

MFは阿部、啓太のコンビの前に梅崎とポンテ(三都主)。BOX型。FWはエジミウソン、高原(達也、永井)。

4バックなら、DF専門職を増やさなくてもOK(ただし闘莉王の移籍があれば、リスクは残ります。そのときは、夏以降外国人DFの獲得?)。

リスクはもう一つ。MFの誰かが怪我をしてしまえば、薄い中盤(伸二、長谷部は海外移籍と想定)。萌だけで大丈夫なんでしょうか。

ともかく、攻撃的な4バックを期待したいですね。左サイドの相馬、その前の三都主を見てみたい気がしている私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

阿部をボランチに 

なにか、新聞は今期のレッズの補強はもう終わりと決め打ちしてます。

代表のコメントだけなら、高原取りは決着ついたとしか読みとれませんが、コメント外のニュアンスから、これで補強は終わりということを感じとったのでしょう。

しかし、以前も書きましたが、DFが不足です。阿部はボランチで使うべき。DFで使い回すのはやめましょう。長谷部がいなくなる中盤、攻守に優れた阿部がいることは大きい。

そのためにこそ、DFの強化が必要。闘莉王もいつまでもいるわけでなし。水本をという話もありましたが、どうもそういう話はなさそう。となると、闘莉王、坪井、堀之内、近藤、堤で凌ぐしかありません。若手を成長させる必要もあるので堤、近藤に頑張って欲しい。ですが、夏までには、外国人の助っ人がやはり必要に思えます。どうするのか。ナカタコ説もあるようですが、個人的には若い選手を育てるか、外人選手の獲得が希望。

トップ下どうするんでしょう。ポンテがいない間、梅崎を使うのか。常勝を要求されるレッズとして、それが出来るのか。この辺が結構大きなポイントかと。

そして、FW。高原、エジミウソン、永井、達也&セルヒオ。どう絡むのか。怪我がちの高原と怪我上がりの達也は調子に応じて使い、エジミウソンはフル回転。達也と高原が代表に選ばれれば、永井、エジミウソンですか。セルヒオの成長も期待したいなぁ。

まだ、ストーブリーグは終わっちゃ居ませんが、早く確定メンバーが見たい。

そういえば13日の日曜日は永井の2度目の結婚式です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

必勝祈願 調神社

Conv0001 正月2日のこの日、調神社に参拝。元旦には氷川神社に行きましたが、こちらにも参拝せねばツキが落ちるということで、行って来ました。

何度か、行ったことのある神社ですが、正月は初めて。だいたい例年正月は大宮にいませんから..。

Conv0002 調神社は良く知られているように租庸調の調を蓄える集積地として設けられただけあって、歴史は古い。延喜式の式内社でもあります。鳥居がないのは荷物の出し入れにじゃまにならないようにという説もあるくらい。ある意味ユニークな神社。レッズの選手が優勝祈願に来ることでも有名です。

後世、「調(つき)」が「月」につながり、月待信仰とつながって、今の兎だらけの神社になりました。狛犬居ません。本殿の東側にある江戸時代(1733)に建立の小振りな旧本殿には兎の彫り物があります。手水舎に水を注いでいるのも巨大な兎。

で、それだけの神社ながら、何というか、古びた感じのする神Conv0005 社です。古びていい感じというのではなく、手入れがなされていないという感じ。神社の境内も凛とするというより雑然という感じ。そういう意味であまり触手が伸びない神社です。

Conv0004_2 とはいえ、だるま売りの屋台にもレッズの旗が掲げられている場所、思う存分、レッズの活躍を祈って参りました。これで、今年はCWC優勝だな..。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

氷川神社参拝&打倒栗鼠!泣くスタ下調べ

Conv0006 08年元旦。

久しぶりの在さいたまの年末年始なので、久しぶりに初詣に。

チャリで午前1時過ぎに家を出発。約30分で到着。

参拝渋滞を横目に自転車はすいすい。電車で行くより楽で早い。

大宮公園東側の駐車場に自転車をとめ、氷川神社に向かう。

そこで見えた...。

Conv0002 そう、野球場の隣に新築された我らの「栗鼠スタ=泣くスタ」の勇姿。

屋台の赤い灯を前景にライトアップされたスタジアム。

そのこぢんまりとした姿にやや感動。思わず写真撮影。

今年こそ、強いさいたまのみかかチームに勝ってやると気合いが(昨年は1敗1分け)。

真っ赤なサポでスタジアムを埋め尽くして、レッズがさいたま1のチームになるのだ!と、いう興奮を抑えつつ、氷川神社へ向かう。

野球場とサッカー場の間の細い通路を登って大宮公園に。左手にはサッカー場、フト見ると、バクスタの裏手に当たるスタジアムの壁はメッシュ状になっている。近づくと..、ピッチが見えます。

Conv0003_2 懐かしい。改築前も、ここからはただで試合が見られました。ふと、10年以上も前の思いでが脳裏をよぎる。あのころ、私は...。いかん、いかん。正気に戻らないと。そしてそのすぐ横がゲート1。ホームゴル裏のゲートですね。

しかし、本当に栗鼠は噂とおりレッズ戦をここでやるつもりなんでしょうか。恐ろしいチケット争奪戦を一瞬想像し、鳥肌が..。そうなったら、きっとレッズサポは(ry

Conv0004_2 大宮公園内に入るとそこは屋台の嵐。こんなところに客が来るんだろうかという場所まで屋台が。

クレープ、たこ焼き、大判焼き、焼きそば、お好み焼き各種、じゃがバター、たこ焼き、唐揚げ、トウモロコシ...何でもあります。

Conv0007 懐かしい射的の屋台も出ています。こんな屋台が参道だけではなく、神社の裏手、東側、大宮公園の中と点在しています。流石武蔵の国一宮。

Conv0008 さらには、花見の頃に大活躍する常設の飲食小屋も開店中。中ではお客さんが、酔っぱらってます。

ま、どの店も、残念なことに年越しそばを食べたばかりの私には触手が伸びない(ちなみに鰐に触手はありません)。

Conv0010 そんな屋台を横目に見ながら、神社境内へ。

初詣に来る前、カップルを見つけたらぶっ飛ばしてやると思ってきたものの、ほとんどカップルじゃないの。ちなみに1人で参拝している人はほとんどいない。

Conv0005_3 このルートで神社に入ると、氷川神社の長い参道を歩かずに氷川神社にすぐ着く。まず、某神社で購入した破魔矢とお札の回収場所に寄り、参拝の列に入る。ほんの10分待つ程度で本殿前に入れる。いつだったか、午前0時過ぎに参拝したときの押すな押すなの大混雑が嘘のよう。らくらく参拝。人に押されたり、蹴られたり、殴られたりせず、ゆっくりとお願いごとを。まずは控えめにレッズのCWC優勝を祈願。そしてリーグ優勝を強く祈願。

参拝を終え息子にお守りと破魔矢を購入。まったりと帰路に付きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ああ、広島散る 酔狂国立観戦記

Conv0004 他チームの天皇杯決勝に行ってどうするという感じもしますが、年末、mixiで話しをしているうちに、ムラムラしてきてしまい、観戦に傾き始めるオヤジの心。脆いもんです。

しかし、31日にそんな決断してもなかなかチケットは手に入らない。

ローソンは売り切れ(もちろんゴル裏しか買いません)、チケットぴあはあろうことかメンテナンス中、券を余らせているマイミクは熊谷まで取りに来いと無理難題。今時熊谷にいったら、凍え死にます。

しかし、捨てる神あれば救う神あり。これまでつき合いはあったものの、31日にマイミク登録をしたばかりの某氏が声をかけてくれて、チケットを譲っていただく。31日、午後7時45分のことです。

さて、国立へはまったりおでかけ。試合開始30分前に到着。レディースの試合から見ていたマイミクさんのおかげで、席を確保。計6人で観戦。当然、広島側に着席。29番ゲート左上あたり。あちらこちらに赤いことを誇示するファッションの方が多数おられたのは笑えます。

Conv0005 ピッチを挟んで反対側のゴル裏にはどす赤い集団が。遠隔地からご来訪?の広島よりは多いものの、こんな程度というサポの数。ゴル裏は埋めたものの、バックスタンドにかけて色が黒くなっていく。バックスタンドまで埋め尽くすってことはないわけね。

2冠を狙う舞台にしては、少し寂しい。近年囁かれるサポの減少は1回のリーグ優勝では巻き返せませんか。

それに、声も出てない。

一方、広島サポは、仕方ないとはいえいかんせん少ない。他チームの試合を見るとレッズサポであることの幸せを感じる(色々問題は抱えてますが)。

で、国家斉唱、両チームのビジュアルサポを経て試合開始。鹿のビジュアルは各種デカ旗の虫干し(トップの写真)、広島のビジュアルは配布された青いボードを掲げるのと、紫のデカ旗掲示。ちょうど旗の下でしたので、どんな旗は分からず。こちらでようやく確認。しかし、この旗の下のエリアもまったり観戦組ばかりというのが少し悲しいところ。

Conv0003 結果、経過はご存じの通りなので詳しくは書きませんが、柏木のいない広島の迫力のなさにはトホホ。真ん中からは崩せないし、左サイドも不発。かろうじて(特に後半)、駒野を使った右サイドの攻撃が形になるものの、決定的仕事は出来ず。

寿人や平繁の2トップにほとんどボールは供給されない。あわやのシーンもななかったわけではないのですが、崩しての得点というわけには行かず。高萩には荷が重すぎた。前線で鹿をかき回す選手がいないので、鹿も楽だったのではないでしょうか。

一方の鹿島はすごみこそ感じませんが、やるべきことをきちっとこなしてゼロ封。田代、小笠原は五月蠅い。後半、一瞬バタバタしたシーンもあり、そこにつけ込めなかった広島のチャンスはここで消えた感じでした。

帰路、秋葉原で懇親会。最近のレッズのサポートのあり方で少し議論。後は、色々な話(笑)で盛り上がる。08年の最初の1日はこうしてくれていきましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »