« 闘莉王欠場 マゾな気分のホーム開幕戦 | トップページ | 悪い女にだまされてぇ~ ナビスコ神戸戦 »

2008年3月16日 (日)

ワシントンの呪い「後は任せた症候群」そしてテクニカルノックアウト

Conv0001
相馬や永井の頑張りに光明を見いだしたものの、チームはほとんど機能せず、結果は0-2の完敗。深刻な状況ではありますが、もうサポをあきらめたようなブロガーが居ることを知って、そっちの方が悲しくなりました。もっとも、この程度でスタジアムに来なくなる奴は早く居なくなればよろしい。こちらも席取りが楽になる。

さて、このどつぼな状態、いろいろ原因はあるでしょうが、個人的に気になるのは「後は任せた症候群」パスの受け手にボールが渡ると、お役ご免とばかりに動きが緩む選手。しかし、受け手の選手はアッという間の相手に取り囲まれ、孤立する。すでに動きを緩めているため、その選手へのサポートに遅れる。そして、ボールを奪われる。

ボールを渡してしまえば後は何とかしてくれるワシントンはもういません。そしてボールを受けたら、さぁ攻撃だと他の選手が前に動きだす、攻撃の起点ポンテも居ません。フォローがないから高原、エジにボールを渡した後に、2人が孤立するシーンもたびたび見られました。

もっともその2人ともボールをもらうべく待っている。まるでワシントン仕様。右へ左へ動く玉田や四銭とある意味対極。強烈なキープ力と強引なシュート力をもつワシントンが居る時と同じ攻め方、受け方。ワシントンの呪い にかかっているように見えます。ポンテに替わりトップ下に入った暢久がボールを持っても誰も攻めかかりません。単に暢久からボールが回るだけ。

それに対しての攻めの連動性の高さ。特に鯱左サイドのマギヌンと阿部?の2人はパッケージのようになって、レッズの右サイドを切り裂いていく。相手にパスした後も、相手の動きやパスコースを予測して、走り抜け、早いスピードでパス交換しながら前に進んでくる。平川は蹂躙され、あわてて駆けつける啓太も対応に遅れる。そうしているうちに四銭が近づいてきて絡んでくる。最初の失点もそうした動きの中から生まれました。

鯱の右サイドも左サイドほどではないものの、SBが上がって来て前の選手と連携を取りながら攻めてくる。結局、両サイドにおいて、4バックでサイドを攻めてくる鯱は3バックのレッズに数的優位を保ちつつ、かつ運動量豊富なFW二人がそれに絡んで攻撃。これにレッズは押し込まれ続けることに。

それでも左サイドの相馬は頑張って相手陣営に切り込んでいき、ゴール前にボールを供給していました。交替で入った永井とともに好調ぶりが伺えます。ただ、、その相馬も数的不利の中、結局取り囲まれ、孤軍奮闘むなしくボールを奪われていく。そこへサポートをしにいく選手がいないレッズ。嗚呼。

交替で入った永井はかつての永井とは別人のように動き回り、サイド攻撃の数的不利を補うような動きをして、攻撃がつながるようになりました。また梅崎も前に進む動きで、攻撃に厚みが出てきました。とはいえ、永井の動きは対処療法。あれは90分続かない。数的優位とは言わないまでも、対等の数でサイド攻撃できる戦術がないと、個人プレー頼みでは厳しい。

それでも、この時間帯、長い距離を走って受けたパスから細貝が打ったシュート、啓太のポスト直撃のシュート、永井→相馬のシュートなどあわやのシーンが生まれ、選手間の連携、連動の大事さを感じさてくれました。FW以外の得点も意識してやる。これが今年は必要です。

しかし、これもシトンの呪いなのか、都築が信じられないミスで失点。ほとんど志気の落ちたレッズはそのまま敗戦。2失点目でテクニカルノックアウトを受けたかのようです。

相馬と永井の好調ぶりは救いですが、選手間の連動、連携がいかにも足りない。選手からすれば去年と同じことをやっているつもりでしょうが、それじゃ駄目だと言うことが身にしみて分かったんではないでしょうか(実のところ去年のフクアリ戦依頼リーグ戦で勝ちは亡いんですが)。監督も選手もそれに気づいて、その穴を埋めて欲しい。そして、たぶんこれから増える4バックのチーム相手にサイド攻撃、守備双方に数的優位を保てる戦術が必要です。これは監督の責任。

幸い、リーグ戦は月末までありません。其の間のナビスコで大胆な切り替えを期待したいですね。それに、脚や瓦斯がおつき合いしてくれて負けてくれているのもありがたい。ただ、札幌は今日も負けるでしょうから、レッズは最下位にはなれません。ともかく、30日の新潟戦、最下位をかけた闘いで、少しは変わったレッズを見たいものです。

P.S. 南門でお布施のつもりで買った暢久の「火の玉ボーイ」ですが、某氏の言うように「火だるまボーイ」になっちゃいました。今日の須原屋のサイン会は無事開かれたんでしょうか。

(第2節 レッズ0-2鯱、ホーム埼スタ 北ゴル裏41列54、扇谷健司 、54,482人、晴、午後2時、3月15日、土曜、17位、勝ち点差6)

P.S. オジェック解任のニュースが流れていますが、誰がやろうと、組織的プレーとチーム戦術の徹底が必要。ワシントンの呪いを解くのはここ数年のやり方を変えることを意味しますから大変です。でも、これで思いっきり変えるチャンスは出てきました。問題はその力が後任者(ゲルトでしょう)にあるかどうか..。ないと迷走しそうですが。

P.S. やはり解任のようで。ゲルトの言うことを選手が聞くのか。ゲルトに戦術があるのか。駄目なように思えますが...。まず闘莉王を斬るまたは4バックをやらせることが出来るかがリトマス試験紙の用に思えます。その前に連携プレーて戦術の徹底がありますが、それをやっていくと、上記のことに行き着きそう。

|

« 闘莉王欠場 マゾな気分のホーム開幕戦 | トップページ | 悪い女にだまされてぇ~ ナビスコ神戸戦 »

グランパス戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/40515273

この記事へのトラックバック一覧です: ワシントンの呪い「後は任せた症候群」そしてテクニカルノックアウト:

« 闘莉王欠場 マゾな気分のホーム開幕戦 | トップページ | 悪い女にだまされてぇ~ ナビスコ神戸戦 »