« 新潟戦 次のステップに進みたい | トップページ | “パルちゃんの呪い”跳ね返して95年以来の逆転劇 »

2008年4月 1日 (火)

勝った、勝った、勝ったけど... 新潟戦

Conv0002_2 3-0の勝利。その背景には手放しで喜べないものもあるけれど、ともかく勝った。
雨模様の試合開始直後、ボランチの位置にいる闘莉王みてのけぞった。戦前の情報から、フォーメーションは色々想像していたけれど、こればかりは予想外。練習を見ていた島崎さんは、予感していたようだが、わたしゃ、練習みてないんでわからんわ。
一方、坪井がはずれたのはある意味予想の範囲内。で、堤ですか。坪井の心境はいかばかり。でもしょうがないよな。

俺たちの暢久はトップ下。そこそこやってましたが、縦への切り込みやドリブルがないのはここ数試合の仕様。パッサーに徹するトップ下は敵から見ればそれほど怖くないよなぁ。絶妙なグランダーのパスするなら別だけど、ぽーんと揚げるパスでは、相手も対処しやすい。途中交替で出た梅崎の方がよっぽど前掛かり。個人的にはそろそろ右サイドに移し、調子が今一つの平川に替えるかなと思ってたんですが。

相手の新潟は同じ最下位候補チーム。その割には工夫のない先発でした。4バックだけにサイドからもっとレッズを押し込むかと思えばそうでもなし。レッズにリードされた後半も、71分まで選手交代はなし(選手層が薄くて手をうてないのか)。FWも矢野が孤立、アレッサンドロ、ダヴィが絡めない。この3人が連携して、レッズの右サイドを襲ってくることを恐れていましたが、それも杞憂に。

おかげで、レッズは自由に試合を展開。それでも、まごつく場面があるのがまだ本調子でない証拠ですかね。正直いって本当に強い相手に当たっても勝てる状況ではないです。

結局のところ、相手の調子悪さに救われ、勝ち点3。それでも嬉しい勝ち点。久しぶりのWe are diamondsに涙が出そうでした、

でも、川崎もガンバも勝ったのね。ショボーン。鹿もね。

Conv0003_2 新聞は闘莉王礼賛ばかりですが(まぁ確かに2点目はあっぱれでしたけど)、個人的には相馬と永井にもっと拍手を送りたい。

切れ込んで、単純にクロスを揚げるだけでなく、中にはいり込んでシュートまで持っていくことを意識し始めた相馬、惜しみなくチェイス、フォアチェックを続ける永井。そして、3点目となる難しいシュートを決めた永井。どうして簡単なシュートをハズし、ああいうシュートを決めるんだか。去年の万博のガンバ戦を思い出しました。

試合後のインタビューで「(インタビューに)慣れないもんで」と応えてスタジアムの笑いをとった相馬。「(惜しみないチェイスに)疲れます」と笑った永井。今のレッズを牽引しているのはこの2人だ。

早々の交替でも危なげなかった萌、1失点を掻き出した阿部と各選手の頑張りを目の当たりにできました。

心配なのは、啓太の怪我、エジのふてくされ。清水も調子が今一つのようですが、今の新潟よりは強そうです。両サイドが押し込まれて、力を出し切らない試合展開にならないことを祈ります。そろそろ、暢久右サイド、梅崎トップ下でも良いような気がするんでするんですが。ゲルトは暢久がトップ下に目覚めるのを待って居るんでしょうか。

で、闘莉王のボランチ、今回は成功しましたが、落ち着かないねぇ。攻撃の起点がかなり前目になる点は面白いんだが、中盤としての守備は今一つ。これからどうするか、清水戦のフォーメーションが楽しみです。

それから、松尾は視野が狭すぎ。見逃しが多い。梅崎も執拗な抗議はやめた方が良いが、あのくらいでイエローだすな、萌にイエロー出すなアホ。以上。

(第3節 レッズ3-0スワン、ホーム埼スタ 北ゴル裏28列77、松尾一 、46,962人、雨、午後4時、3月30日、日曜、13位、勝ち点差6)

|

« 新潟戦 次のステップに進みたい | トップページ | “パルちゃんの呪い”跳ね返して95年以来の逆転劇 »

新潟戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/40712647

この記事へのトラックバック一覧です: 勝った、勝った、勝ったけど... 新潟戦:

« 新潟戦 次のステップに進みたい | トップページ | “パルちゃんの呪い”跳ね返して95年以来の逆転劇 »