« 【試合展望】明日は雨は止む だから | トップページ | 【参戦記】手の平で踊らされて終戦 神戸戦 »

2008年5月27日 (火)

【参戦記】惨敗ナビスコ名古屋戦だが

P11309621 結果として惨敗。だが、試合の最中二度ほど幸せな時間があった。

一つは、あっという間に2点を取られてしまったものの、達也のゴールが決まった後の時間。もう1点で同点になるという期待にあふれた時間。

もう一つは、再び2点差にされながらも、今度は内舘が1点差に詰め寄った後の時間。単純と言えば単純な気持ちだけれど、もう1点への期待で、身体が熱くなる、声が出る。汗だくになりながら跳ね続けたものの、その願いは4点目のシュートで事実上崩された。

熱くなっていた反面、冷静なもう一つの自分はこれでは勝てないと思っていたのも事実だ。

P1130965 予想通りのスタメンとサブ。都築を除けば、交替すれば、若手選手が間違いなく出てくるチーム構成。試合前のサブ組の練習を双眼鏡で覗くとあどけない顔、顔、顔。自分の息子より若い選手がJ1のピッチに立とうとしている。

試合が始まる最初こそ、いい感じで攻めていたもののしばらくすると、4バックの名古屋の両サイドからの攻撃にさらされる。相馬も岡野もその対応に追われるばかりで、前向きの仕事がほとんど出来ない。

そのうち、あっという間に2点を奪われる。いずれもきれいに崩されての得点。連携良く動き回る名古屋にあっけなく失点を続ける。

復活坪井をセンターに置いたDF陣は不安定。DFの連携はそう簡単には熟成しない。失った2点はDF同士がかぶり、堀之内が動けないなかでのもの。堀之内をリベロとして使えなかったのかと疑問も。

悪いことに右ボランチの暢久とトップ下気味の永井が位置がかぶり、暢久は開店休業状態。永井とたびたび身振り手振りを交えてやりとりするものの、うまくいかない。最後には暢久が左へ移動し内舘とポジションを入れ替わる事態に。

それでも、一瞬前がかりになった暢久絡みで達也にボールが渡り、強引なシュート。しかし打てば何かが起こる。見事、1点を奪い返す。

次第にパスも足元へ足元へのものになっていき、パスを受けた時点で2人、3人に取り囲まれるデジャブな風景。見ていて悲しくなってくる。

後半、機能しない岡野を下げ(それとも予定通り?)、高橋峻希を投入。しばらく見ていても、峻希は最終ラインを拠点にしている。そう、4バック。これで、名古屋の攻撃がようや小康状態に。

そんな中、攻めに転じることも出来るようになる。峻希は右のDFながら、永井の動きに合わせて上がって来る。永井がボールを奪い、峻希が右サイドをフリーで駆け上がる。動きが軽やかな17歳。だが、ボールは峻希にパスされず、あっという間相手ボールへ。その後もボールが回って来ない峻希。触れば華麗な技を披露していました。

だが、再び1点差にされ、そして内舘のヘッド。旗で見えませんでしたorz

印象的だったのは、達也の転びながらのシュート。コロコロと転がるボールをキーパーも触れず、あわやゴール。だったのにゴールポストにあたり、悲しいかなボールはゴールの外へ転がっていく。しかも、このプレーで達也は脚が攣り、しばらくして大事をとって原口と交替。

原口元気もボールに触れればテクニシャンぶりを見せるものの、ボールが渡らないことが数多く。やはり触ってなんぼの世界。それでも、他選手に比べ峻希、元気の動きは軽やか。元気なときの永井ばりに動き回る姿はロートル選手にはうらやましく見えたでしょう。

結局、峻希の元気へのパスミスから生まれたカウンターで4失点目。ここで事実上試合は終わりました。

午前5時半に家を出て、仲間とクルマで遠征したこの試合。帰宅時間は午前3時。ま、いつもの就寝時間だけにことさら辛いわけではありませんでしたが、身体は正直。疲れが、今、私を襲っています。

限りなく、決勝リーグへの進出限りなくは望み薄のレッズですが、可能性はゼロではない。だから神戸へ行って来ます。クルマで...。望むべくは試合開始前に他チームの対戦結果で、決勝リーグ進出のチャンスが失われること。そんなことないですよね。ともかく、週末は神戸へ。そして、祝杯上げてやる。

P1130970_2 (ナビスコ、鯱4-2レッズ、豊田スタジアムゴル裏、松村和彦 、25,015人、晴、午後7時、5月25日、日曜、最下位)

P.S. 屋根があいたままのスタジアム。ここはこんなに開放感のあるスタジアムだったんですね。晴れていて、見上げる青空が印象的でした。

若手が続々交替入場。まるでユースの試合のよう。しかし達也はともかく、永井の変わりに西澤ですかね。ふところの浅いエジの替わりに高崎が見たかった。

角田氏がコールリーダーでは無かった。試合前、延々とレッズのスタッフらしき人と話し合う角田氏ら。涙も見えたこの自粛?。なんだか。

|

« 【試合展望】明日は雨は止む だから | トップページ | 【参戦記】手の平で踊らされて終戦 神戸戦 »

グランパス戦」カテゴリの記事

ナビスコ戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
>と話し合う角田氏ら
そうだったのですか。だからでしたか…。

投稿: no | 2008年5月27日 (火) 07:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/41335384

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】惨敗ナビスコ名古屋戦だが:

« 【試合展望】明日は雨は止む だから | トップページ | 【参戦記】手の平で踊らされて終戦 神戸戦 »