« 【参戦記】板子一枚下は地獄でした 大分戦アウェイ | トップページ | 【参戦記】矢尽き刀折れ ホーム川崎戦 »

2008年7月21日 (月)

【参戦記】だめなものはだめだけど勝てばそれはそれで救われる 緑虫戦

Conv0008 結局、次の試合の前日にならんと前の試合について触れないワニです。

大分戦での未来の見えない試合を見てしまったために緑虫戦に行けない、というか仕事が尋常なないほど立て込んで、行けるはずがないという私でしたが、何をどうごまかしたのか、試合開始直前に滑り込みセーフ。

で、試合は大分よりましとは言え、なんだかは相変わらず。

試合直後はプレスが高い位置で行われチャンスが相次ぐ。達也は相変わらず裏を取るべく汗かいてましたし、両サイドの平川も相馬も積極的に前に出て行き、CKをとる。でも点が取れません。えてしてこんなときにカウンター食らうんだよなと思っていたら今日はPK。
PKはともかく、今日の西村は、早い時期にイエローを出して、その基準で出しまくったおかげで、荒れてる試合でもないのに何でこんなにイエローが大量供給されるのか苦しむ試合に。

で、PK決められ、闘莉王が見事なCKヘッドで同点。さらに高原絡みでPKいただき、闘莉王がPK。闘莉王が蹴るとわかったときのゴル裏の動揺ぶりは...。某新聞は遠藤のテクニックを盗んだと書いたが、与太も大概にしろ。

その後、復帰、ディエゴコンビに裏を取られて失点。ブーイングが聞こえないよとばかりに耳に両手を添えてゴル裏を挑発するディエゴにゴル裏は激怒。といっても何もできませんが。そうして、どさくさの得点で突き放して勝利。で、闘莉王が得点?ありゃオウンゴールに見えましたが..。

で、堤、いろんな意味で貪欲さがたりん。ゴールラインを切りそうなボールを早々にあきらめたときのサポのブーイングを聞いたか?

しかし、ヴェルディはいつの間にかレッズ以上に走らないチームになってましたね。復帰とディエゴにボールを渡せばおしまいのチーム。ん?どこかで見たことのあるチームですね。そう昔のレッズ。強力FWがいるチームが陥る落とし穴。

ヴェルディよりは少しは走ったレッズですが、疲れてくるとお互いグダグダ。それにしても、サイドを攻めてこないヴェルディには助けられました。サイド攻撃の圧力がないのに、平川は前に行けない。かなりやばい。相馬はサイドえぐってましたが、相手のプレッシャーなさすぎだからか。

この相手に負けたらサッカーやめますか状態でしたが、何とか勝利。ヴェルディサポはどう思っているんだか。復帰とディエゴにボールを渡せばお役ごめんとばかり、歩く8人衆は何を考えている? レッズ以下のチームがあったのは新鮮な驚きでした。

それにしても闘莉王のトップ下。ボランチよりは被害が少ないものの、なんだか。相馬には結構うまくボールを供給してましたが、それ以外のシーンでは歩くトップ下。ポンテも歩くけど、メリハリが違う。それでも、守備にはがんばっていたので本人は満足?

そういえば、永井がピリッとせず、というか生かせず、交替で暢久登場。登場はいいんだけどこれもピリッとせず。どうせなら、平川と替えてほしかった。平川は大丈夫なんだろうか。いつもの無茶突込みをせず、暢久ばりのバックパスして、あろうことか 試合最中にサポからブーイングを浴びる始末。

啓太、萌のボランチコンビは本来なら理想なんだが、啓太が今ひとつ。なかなかうまくいきませんね。

結局、大分よりましでしたが、結局、普通のレッズに戻っているのがミエミエで不安は増すばかり。普通にサイド攻撃をして、走ってくるチーム相手に勝てる気がしません。

ま、ともかく勝ち点3をいただいたので、文句たらたらながらアフターズバーで終電近くまで飲んで帰りました。負けていたらと思うと恐ろしい。ま、負けもありえたわけで、最悪の状況であることは変わってません。阿部、堀ノ内、萌のいない川崎戦、怖くて眠れません。

ま、だめなものはだめ。急には直らないので、そこは開き直って明日も参戦。

しかし、We are Redsを封印し、We are Diamondsも封印したままのゴル裏。また封印案件が増えないことを祈ります。というか早くコールしたい、歌いたい。頼むよ。

(第17節、レッズ3-2緑虫、北ゴル裏16列32、西村雄二 、35,080人、晴、午後7時31分、7月17日、木曜、鹿が自滅して1位に復帰)

Conv0009

|

« 【参戦記】板子一枚下は地獄でした 大分戦アウェイ | トップページ | 【参戦記】矢尽き刀折れ ホーム川崎戦 »

ヴェルディ戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/41919650

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】だめなものはだめだけど勝てばそれはそれで救われる 緑虫戦:

« 【参戦記】板子一枚下は地獄でした 大分戦アウェイ | トップページ | 【参戦記】矢尽き刀折れ ホーム川崎戦 »