« 【参戦記ならぬ反省記】言うことありません。とりあえず自粛です | トップページ | 【参戦記】板子一枚下は地獄だけど ホーム瓦斯戦 »

2008年7月 5日 (土)

【参戦記ならぬ反省記】夕張で何してきたの? 国立柏戦の茫然自失

Conv0003 ブログを書かずにずるずると来てしまった、FC東京戦前日。いやも今日ですな。

柏戦のことは思い出したくないけれど、自分の備忘録として書いておかないと。

タイトルは、柏戦後の大原練習場に張られたダンマクの文言。皆、同感でしょう。

といってもあまり書くことは無いんですよね。何とかだましだまし積み上げてきた砂上の楼閣が、ものの見事に砂粒に戻ってしまったという印象。

中盤でのプレッシャーをほとんど受けずに、攻め込んで来る相手にずたずたにされて、ただでさえ数的に不利な3バックのDFがぼろぼろ。

それでも試合開始10分、ハーフタイム後の10分はそれなりに対応したり攻めたりするんですが、組織的にやることを決めている柏と違って、いったん不利な局面を迎えると立て直すことが出来ない。それでもセットプレーから阿部ちゃんが1点決めてくれた(何も見えませんでしたが)時には、もしやなんて思う健気な私。しかしそんな気持ちを見事にうち砕いた2点目。1点目とほぼ同じような展開、角度から決められて終戦。

ボールを奪ったら一斉に攻撃態勢に入る柏。それに引き替えボールを奪ってもレッズの選手は棒立ち。スペースに走り込もうとする選手がいても、横パスを続けるチーム。ゴール裏から飛ぶ罵声。点が取れる匂いのなさも極まれり。

ボランチの一人は歩いてるし、もう一人は病み上がり。歩くボランチを使う時は相方のボランチは死ぬほどの運動量を求められますが、病み上がりの選手には酷でした。

フィードを受けるFWはことごとく競り負け、似合わないポストプレーを目指している割にはボールをキープ出来ない。カウンターFWという印象しかかなかったFWを取ったときには私の頭の中には「?」がいくつもつきましたが、もう限界でしょう。

一方のFWは良くなってきているし、献身的に動いているのに...。交替は彼でした。

アレは先発をどう思ったのだろう。医師の診断、本人の認識、監督の期待は皆はずれ。なぜ、あんなことが起きるのか。

交替で入ってきた永井を見て思ったのはプレスの大事さ。しかし、それも孤軍奮闘では..。

試合後、中核部隊から罵声が。というより壊れちゃった感じの悲憤慷慨。喪失感の凄さは開幕戦以上。

Conv0004 (第14節、柏2-1レッズ、国立、東條穣 、36,785人、曇、午後7時、6月28日、土曜、なぜか1位)

何も決まり事のないこのチームが、決まり事のはっきりしたスピードのある4バックのチームと再びぶつかる。

対する監督は「ファイトだ」「これまでと違うことはしてない」って何?ダンマクの悲痛な気持ちを理解しているのだろうか。

達也の復帰、萌の復帰という明るい話もあるけれど、達也も病み上がり。3~4キロも体重が減った選手に期待する方が酷。ここまで来るとそう簡単には強いレッズ、いや負けないレッズに戻ることさえかなり難しそう。

そして、明日のサポートは何が起きるのか。

それでも、参戦します。せめて普通のサッカーを見せて欲しい。

発表された後期のアウェイも全部行きます。

でも、今年は覚悟が要りそう。せめてこの危機感は選手と監督にも共有して欲しい。

もうレッズは強いチームでは無いことを。

追伸 明日の天気は当初の予報と違って、暑く、紫外線の多い試合になりそうです。

ですから 暢久には期待しないで下さい

Ws000000

|

« 【参戦記ならぬ反省記】言うことありません。とりあえず自粛です | トップページ | 【参戦記】板子一枚下は地獄だけど ホーム瓦斯戦 »

柏戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/41738392

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記ならぬ反省記】夕張で何してきたの? 国立柏戦の茫然自失:

« 【参戦記ならぬ反省記】言うことありません。とりあえず自粛です | トップページ | 【参戦記】板子一枚下は地獄だけど ホーム瓦斯戦 »