« 【参戦記】矢尽き刀折れ ホーム川崎戦 | トップページ | 【参戦記】次につなげるか。それが問題だ。 鹿戦 »

2008年7月29日 (火)

【参戦記】光明が見えたうれしい引き分け アウェイ鹿島戦

Conv0005 鹿島の屋台に7時間以上いすわった鰐です。

そんなことはどうでもいいのです。選手の勝ちたい、負けられないという思いを感じられた試合を目の当たりにできて、幸せです。しかも劇的な雷雨つき。

試合後「We are Reds!」のコールが起きたとき、バックスタンド2Bにいた私は少し泣きました(笑。突然のコールに驚いたものの、封印を解いたことに違和感はありません。選手の意気に感じたコールです。Weと呼び合える選手への思いです。引き分けに追いついた結果にコールしたのではない。

とはいえ、組織的なプレーの完成度から見て、鹿島のほうが一枚上手だったのは事実。達也の執念、闘莉王のDF復帰、坪井の復活、阿部ちゃんのボランチ起用、啓太の回復など光明はあるものの、最後は頑張りで引き分けに持ち込んだという感じの試合です。

しかし、組織的にはまだまだ荒削り。やるべきことが決まっているチームにはまだ見えません。それも分かった上での引き分けだから余計にうれしいのかもしれません。

ただ、いつもと違ったのは、スペースを生かしたプレーが見え始めたこと。まだまだ中途半端な感じはしますが、選手もボールも動き出した感じがします。スタメンも今の状況ではある意味理想。相変わらず達也を生かすパサーのいない布陣ですが、エジをはずし高原、達也を軸としたFW、ボランチの啓太、阿部、リベロの闘莉王と落ち着きがあります。

セルヒオもエジのクロスの演出する動きを示していたし、高原も徐々にだけれど良くなっている。あごを出して走り、GKからのフィードに競り負けるエジをはずしたのも正解だったと思ってます。

それにしても今回の遠征は都合22時間弱という恐るべき日帰り遠征。都合により久しぶりのバックスタンド参戦となったのに、7時予定のゴル裏の列整理に間に合わせるべく早朝から行動するマイミクさんに拾われて鹿島へ。到着はなんと6時半。運転をしない気楽さから、まだ開店準備の屋台のおじさんに頼み込んで生ビールをいただき、列整理に参加。

Conv0002_2 列整理終了後、7時半ころから屋台のテーブルを占拠して、懇親会。「家で煮込んできたからすぐに食べられるよ」との呼び込みのあったお店に入店。商売上手。「前回のFC東京は人が来なくてねぇ」などと極秘情報も聞けました(笑。そうなると店の人もサービスをしたくなるもの。「年に1回ならシート張りしてもいいよ」なんて殺し文句までいただきました。

Conv0001_3 鹿島の屋台の煮込みや焼き鳥はうまい。10種類以上もある焼き鳥に感動しつつ、店で知り合った鹿サポ夫婦と交流も。そういえば開店前にビールを売ってくれた屋台のおじさんも、屋台で一緒だった鹿サポ夫婦も、かつて浦和、大宮に住んでいたというところが不思議な縁。さらには、3年前、同じ屋台で知り合ったカップルと再会するなど、うれしいことも。だからアウェイ遠征は楽しい。

後発部隊とも11時前には到着。開門1時間前辺りまで、屋台で盛り上がり。暑いとは言え、まだしのぎやすい暑さだったのが幸せ。

バックスタンドでは、うまいもの店が大展開。恒例、五浦ハム焼きを購入。ゴル裏の仲間とは金網越しに再会。ゴル裏のコンコースは狭いスペースにレッズサポがシートを敷き密集状態。まるで難民です。こちらのシートはゆったりとまったり。

Conv0004 試合開始直前、今年は何をするのか磯と思っていましたが、前回の反省からか、大旗の虫干しを3回展開。まっとうなのが不思議。途中、ひっかって旗が展開できない醜態をさらしてましたが、それにしてもごくまとも。なんだ、今回は波乱がないのねと思っていたら、あの雷雨です。(続く)

|

« 【参戦記】矢尽き刀折れ ホーム川崎戦 | トップページ | 【参戦記】次につなげるか。それが問題だ。 鹿戦 »

アントラーズ戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/42000546

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】光明が見えたうれしい引き分け アウェイ鹿島戦:

» 意地と意地が稲妻を呼んだ!【浦和レッズ戦記】08J第19節鹿島戦 [赤き地平より昇る妖星]
意地で始まって、意地で終わる、長い一日でした。 [続きを読む]

受信: 2008年7月29日 (火) 20:34

« 【参戦記】矢尽き刀折れ ホーム川崎戦 | トップページ | 【参戦記】次につなげるか。それが問題だ。 鹿戦 »