« 【参戦記ならぬ反省記】夕張で何してきたの? 国立柏戦の茫然自失 | トップページ | 【参戦記】板子一枚下は地獄でした 大分戦アウェイ »

2008年7月 9日 (水)

【参戦記】板子一枚下は地獄だけど ホーム瓦斯戦

Conv0005 永井のシュートが決まった時、周りのサポとハイタッチするのも忘れて天を仰いで両腕を突き上げた。それまでにたまった鬱憤が大きかった反動かも知れないが、この1点でこの試合の思いではよいもののとして残るんだろうな。でも、問題は山積みなんだが。
試合が始まってみれば、前節のようなていたらくになるんではないかとの恐れはとりあえず払拭された。それどころか4分で先制点。前半の早い時間の得点は何試合ぶりなんだろか。

達也の先発を聞いたとき、病み上がりの心配をしたものの、とりあえずは杞憂。縦に走り込み、相手の裏をとる動きにボールも併せて動く。横へ横へとの動きから縦への動き。それだけでも新鮮。エジとの絡みもなかなか。練習してないのにねぇ。

中盤もプレスをおこたらない。2人で挟み込む動きもあって、前節とは違った動き。
しかし、その後チャンスを何度も作りながら、得点出来ない。ん?どこかで見たことのある風景。そう、強かったけれど、今ひとつぴりっとしないいつものレッズ仕様。

後半になると、早くも1点を守ろうとする匂い。達也が(疲れ?)で永井と交替したとき、永井には守備を優先という指示が出ていた。永井は相変わらず献身的なチェイシングはするものの、攻撃する体勢にならん。達也がいなくなるととたんに攻撃モードは消滅。

そうですか守りますか。いつの間にか懐かしい5バックが。暢久は相変わらず守備はうまいが、今日は前に出る気はないようで。1点を守りきるつもりなのが怖い怖い。

ポンテが負傷で出て梅崎が入る。梅崎は突破者だけどポンテと違ってパッサーではない。ますます攻撃は単発的に。そうこうするうちにだんだん守備がやばくなる。左サイドに炎上の兆し。

攻撃力が弱まれば、必然的に相手は攻めやすくなる。そのバランスが崩れて、いつ失点してもおかしくないと思われた時、エジミウソンが頭を打って退場。替わりに萌が入る。

これが、結果オーライ。中盤に入った萌は火消しと攻撃を受け持って、1トップとなった永井が前に出る余裕が出てくる。で、絵に描いたようなカウンターで2点目

永井はああいう競り合いでのシュートは絶妙。もう少し早くても、遅くてもシュートは決まらなかったと思う。あの一瞬の判断と動きは芸術品だよなぁ。

結局、後半のレッズは1点を守りきるという、いわゆる「糞サッカー」を展開したわけだけど、エジの退場がそれを実現した感じ。ありがとうハナクソ王子。勝たなくてはいけない試合だったから1点を守りきるという気持ちは分からないではないが、実はそれが達成出来る状況ではなかった。板子1枚下は地獄でしたが、何とか乗り切りました。

それと、もう一つ。心優しいFC東京ありがとう。スピードあるサイド攻撃ではなく、正攻法の攻めを展開してくれた。4バック対策の練習をしてきたレッズだけど、柏のように圧力を最初からかけてきたら、あのプレスがうまく機能したかは心許ない。

肉離れのポンテは早くても鹿島戦まで復帰出来ず、アレは今期は無理。これから五輪で梅崎、萌がいなくなる夏。どうやって勝利を勝ち取るのか

梅崎、永井、達也、萌の動きは見ていて楽しい。この日は出場しなかった相馬も。しかし、それを生かす戦術が無いと先は厳しい。達也が抜けたら攻められません、というのはやめて欲しい。どうなる大分戦。行きますよ(笑

Conv0006 (第15節、レッズ2-1瓦斯、埼スタ30列96、村上伸次 、49,218人、晴れ、午後7時、7月5日、土曜、鯱が負けてなんとか1位)

|

« 【参戦記ならぬ反省記】夕張で何してきたの? 国立柏戦の茫然自失 | トップページ | 【参戦記】板子一枚下は地獄でした 大分戦アウェイ »

浦和レッズ」カテゴリの記事

瓦斯戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/41782204

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】板子一枚下は地獄だけど ホーム瓦斯戦:

« 【参戦記ならぬ反省記】夕張で何してきたの? 国立柏戦の茫然自失 | トップページ | 【参戦記】板子一枚下は地獄でした 大分戦アウェイ »