« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月30日 (土)

【参戦記】脱力の夜 不可解な試合 ヴェルディ戦

Conv0001 ロスタイムの阿部ちゃんのゴールには歓喜しましたよ。

しましたけどね。

前半、迫力のないヴェルディの攻撃に、これならいけるんじゃないの思っていたら、またぞろ相手に合わせて、点を取れない試合に。今一つ覇気や迫力を感じないのは、連戦の疲れですか? いくつかチャンスはあったものの決めきれず、後半に。

で達也、高原に替えてエジ、永井とは。なにか確信があったんでしょうか、前半より良くなるという。

さすがに闘莉王、阿部ちゃん絡みのパワープレーでなんとか1点を取り引き分けに持ち込みましたが、最悪の事態を避けられただけのこと。

しかし、あの程度のサイドの圧力に平川は不発になるとは。いよいよサイドに2人を配する必要を感じざるを得ません。

思うに、阿部ちゃんをボランチに使い、闘莉王をCBにし、ポンテが司令塔という形はできているのですから、サイド攻撃および中盤とFWの連携に絞って戦術考えてくれればいいんですが。幸い坪井とか元気なんだからさ。頼むよ。

今後の連戦を考えるとFWのセットを2つもつのも結構だけど、ぶっつけ本番はやめようよ。ほんとに。

Conv0002 (第23節、ヴェルディ1-1レッズ、アウェイゴル裏14ゲート下、穴沢努  26,275人、雨、午後7時3分、8月27日、水曜、鹿と名古屋が勝って 3位に転落 4位大分、5位川崎 首位から5位まで勝ち点差は2!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

【参戦記】よかないけど勝っちまいました でもレッズらしい ジュビロ戦

Conv0001 また、今頃アップしてますが...。(写真は北門に登場した怪しげな物体)

で、やはり駒野はうまいのか

京都からお客様を迎えて、一緒にサポした大事な試合。前半はどうなることかと思いましたよ。セカンドボールはぜんぜん拾えず、しかも両サイドのからの攻撃にアップアップ。特に駒野様に押し込まれ、相馬は前に出れず、堀之内、萌も絡んでの応対。高原まで駒野のアテンドする始末。挙句にあわやのミドルシュートを2発も打たれました。そして3発目のセンタリングで...。

右サイドの山本君は元気だが、今一つの技量のおかげで救われる。中盤のつなぎをしながらゴール前に入り込む怪我の癒えた?前田はとても危険な存在

今日の先発は、俺たちの放置のみが的中させた闘莉王お休みモード。ディープスローターは誰なんでしょ。で、ポジションは阿部ちゃんが下がって萌というのは想定とおり。右サイドは平川。いくら涼しくても雨が降っているうちは暢久は出てこないのね。

そんなこんなの戦況下、前田に幻の1点と駒野→前田、カレンの連携で実1失点を前半に食らう。ありゃ~と思っていたら、達也、ポンテで1点返す。やはりゴール前でシュートは撃たなきゃ。こうした同点弾を早めに取れるのが、不振から脱しつつある証左なんでしょうか。

これといった攻め口があるわけではないのに、苦しいときに点を取り、それを境に失点を許さない雰囲気が蔓延、そうこうするうちに追加点で勝利する。達也、ポンテの存在は大きい。とはいえ、ポンテは前半お休みモードだったし、攻めに型があるわけでなし、中盤とFWの連携が美しいかといえばそうでもなく。それでも勝ってしまう不思議なチームではあります。

しかし、坪井は元気で何より。前半、ポンテからのバックパスをゴール前にけりこむパフォーマンスまで見せてくれます(シュート打てばよかったのに)。そんなところまであがってくる坪井、完全復調ですな。おかげで時々平川が置いてきぼりを食らうのは笑えた。というかシュート時は別として、反応の鈍い平川に少しげんなり。

後半も相変わらず、駒野に攻め込まれるものの、選手が結構前を向いて動いているので、グダグダにはならない。やはり完全復調ではなくても、ポンテの存在は大きい。縦への動きを演出する分、チャンスも出てくるので、その点では救われる。

そうこうするうちに、萌からのパスを受けた平川が駒野張りのミドルを撃って、これが入っちゃう。弾道の延長線上にいた某ブロガーさんには自分を狙ったボールのように見えたそうです。で、相変わらず平川はシュートを撃った後にころんでた。

そして、高原のロスタイムのゴール。それまでいつ同点にされるんではないかという不安を持ちながら見ていただけに、このゴールには爆発しました。でも、正直言って、負ける気はしなかったのも事実。根拠はないけど(笑 ジュビロも駒野と前田が元気なら(そうでないことが多いのか)悪くないと思うんですが、なぜ14位?それともまだレッズが弱いのか...。

現場でよく分からなかったのが選手の交替劇。まず何で達也を下げて暢久か?残りまだ20分以上もあるのにもう守るんかい!と不満がつのる。それならエスクデロ、梅崎でもと思いましたが、よほどジュビロの攻めが怖かったのか。暢久は一瞬、2シャドウの位置、シュートも撃っていたので一応攻めの気持ちもあるのねと思っていたら次第に3ボランチ、最後に4~5バックのポジションに落ちて言ったのには笑えました。漸次守備へ移行モードですか。

次の啓太→堤の交替も現場では理由が良く分からず。啓太の怪我で大事をとったらしいが、堤がボランチとは。もっとも、堤はいつもより元気だったような気もしますが。

そしてクライマックスの交替劇はポンテ→エジ。これはその前に高原→エジを狙っていたようで、これもなぁという感じ。しかし、交替直前にあわてて交替選手を高原からポンテに。これもなぜポンテを下げるかが現場では分からず不満が残りました。やはり怪我だったらしいが。キーマンの2人を替えるのは素人目に違和感がありました。結局、残った高原が3点目を決める。

高原は得点の前のシュートように、高原にぶつけるようなパスのときに強みを発揮しますね。ゴールしたときのようにパスを足下に受けドリブルしてシュートするよりは向いてるような。テイストは違うものの、マッリチ的な使い方をしたらもっと点が取れるんではないでしょうか。

しかし、昨日の片山はずいぶん流してましたね。その割に前田のシュートをファールにしたりして、ジュビロにすりゃ、不満は残るでしょう。で、萌ちゃんファールをするときはあまりあからさまにやらないように。福西をみならいましょう。

P.S. 久しぶりに帰宅後、試合の録画を見ましたが、現地の印象とずいぶん違って見えるのにびっくり。現地の方が悪い点がよく分かる。テレビだと、それなりによく見える。もっともゴール裏にいるとゴールの瞬間さえ見えないですけどね。

Conv0002 (第22節、レッズ3-1ジュビロ、北ゴル裏、片山義継  45,253人、雨、午後6時34分、8月23日、土曜、鹿が名古屋に負けて首位)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

【試合展望】そろそろ型ができるか ジュビロ戦

さぁ、はやくもジュビロ戦。裏は鹿島vs名古屋戦。きっちっと勝って、結果を待ちたい試合です。

で、足を踏まれた平川、代表医師団には見抜けなかった奇病(笑)の闘莉王、蓄積疲労、もとい累積警告でお休みの永井。代表戦にフルに使われてしまった阿部ちゃん、夏休み中の暢久の去就が気になる試合です。

諸説ありますが、個人的には平川、闘莉王とも休んでもらうというのが希望。

達也 高原
ポンテ
相馬 萌 啓太 暢久

堀 阿部 坪井 

特に闘莉王は筋断裂なんだから休んどけ。中途半端なプレーをするより休養。強行出場でさらに症状を悪化させることも怖いですから。

ただ、どうせ出るんですよね。

となったら

達也 高原
ポンテ
相馬 阿部 啓太 萌
堀 闘莉王 坪井

で願います。

あ~、どっちにせよ阿部ちゃんフル活用ですか。

暢久は後半守備固めで出場。

萌を中に入れて、暢久先発でもいいですが、ゲルトはどう考えるか。

暢久先発かな。

相手のジュビロは久しぶりの3バックチームです。村井と駒野がサイド。

擬似4バックのつもりで相馬、堀で攻め駒野を沈黙させ、右サイドは萌が村井と勝負。

時々阿部ちゃんも攻撃参加、というのが良いのでは。

このところ続いている擬似4バック(聞こえが悪ければ臨機応変4バック)で行きましょうよ。

悲運が板についてきた高原にはそろそろイメージチェンジを望みます。

いけますよ。

古巣戦をきっかけに爆発しましょう。

今日の大原に掲げられた「WE WILL FOLLOW タカ7」のダンマクに応えてくれるはず。

なお、明日は曇りのち雨。気温は上がらないので長い夏休み中の暢久もそろそろ出番かとも思いますが、雨だとちと心配です。

ちなみに去年 瓦斯戦で

---達也-シトン---
-----ポンテ-----
相馬--------暢久
--長谷部--啓太---
-阿部------------
----闘莉王--坪井---
-----都築-----

なフォーメーションがあったように覚えてます。

シトンを高原に

長谷部を萌に

というのも見てみたい。

P.S. 各紙が闘莉王強行出場を報じているのに、俺たちの放置のみ、欠場決定とレポート。最近の放置情報の精度、強く断言しているところから見て出ないのかな。となると

達也 高原
ポンテ
相馬 萌 啓太 暢久

堀 阿部 坪井

ですかね。堀之内、上がり目でお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

【参戦記】まだまだ塀の内側に落ちないぞ! 瓦斯戦勝利

Conv0006 え~、もう明日はホームでジュビロ戦ですので、軽く。

行った、勝った、疲れた

ま、そんなところ。強い日差しのもと、路上に並ばされなかったのが救い。アミノバイタルフィールドの芝生で入場待機できたのは望外の幸せ。できるならもっと早くこうしてくれりゃいいものを。

Conv0001 ただ、入場前ににわかに空模様が怪しくなったのには少しびっくり。結局、大崩れはしませんでしたけれどね(大宮では停電したらしいが)。

さて,スタメン。永井が、今回は左サイドの蓋をして..と。
おかげで相馬は前に出られず。でもサイド攻撃でぼこぼこにはされず。

よかった、よかった。

前半、ポストとバーに嫌われたのは誰のせいでしょう。

高原の悲運ぶり板に付いてきましたね。何時イメチェンするんだか。

しかし、啓太も坪井も復調。特に坪井。達也走りすぎ。

よかった、よかった。

後半、ポンテ出てきて、啓太、相馬特急。蓋が外れていて良かったね相馬。

やった、やった。嬉しかった。

最後、引きこもりましたが、あんな柏の試合の後だもの、日本人の性格からしてしょうがない。

よかった、よかった勝ち点3!

萌もたくましかった。

以上。暢久はお眠り。

ちなみにこの試合、私、ふてくされて、前半、あろうことかゴール裏で跳ねませんでした。まるで中学生並の精神状況。

後半から跳ねたら点が入ったのでこれからも跳ねます。

しかし、平川、足踏まれて退場とはorz

写真は後で、掲載。

もう明日はジュビロ戦。なんか向こうは低体温だぞ。

Conv0005 (第21節、瓦斯0-1レッズ、アウェイゴル裏、マルチン ボルスキ、 37,154人、曇→雨、午後6時34分、8月16日、土曜、鹿も鯱も勝ったので2位)

Conv0004 しかし、アマラオをおちょくっちゃいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消えた暢久

味スタのガス栓のブログをまだあげてません(笑

啓太の結婚、ポンテの復活、闘莉王の筋断裂、伸二の代表復活、萌の成長、アダイウトンの失踪と話題の多かったレッズですが、最大の話題、暢久はいずこに。

最近、暢久の情報が枯渇。瓦斯戦でもベンチにいたけどお休み。
レッズプレスやケータイ公式サイトでも名前が出てこない。練習してるの??
インタビューにもでてこないし。

もうパチスロは飽きたでしょう、そろそろ出てきなさい。

息子の夏休みの宿題がまだか...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

【試合展望】ポンテ復帰 でエンジンはうまく回るか 瓦斯戦

あっけない、ふがいない五輪サッカーを横目に

あっけない、ふがいないサッカーをしかねないレッズの試合が近づいてまいりました。

スタジアム入場でサポを死ぬほど疲れさせ、近隣住民のことを考えない仕切りはもうあきらめてますが、スタメンはどうなるんでしょ。

ポンテ復帰で、達也、高原、中盤は阿部、啓太。両サイドに相馬、平川、BKに闘莉王、堀ノ内、坪井、というところですか。

帰国したばかりの萌やパチスロ疲れの暢久は後半守備固めに。永井、セルヒオ、梅崎は攻撃のオプションに、エジは寝ててください(笑

しかし、本田、ほんとに取るんすか。BKが補強ポイントでは?FWの外人も補強ポイントでしょうに。アレックスの替わりに使う?必要な補強ではなくて耳目を集めるだけの補強って...。4バックにしてサイドに2枚貼る覚悟あるなら別ですが...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

【参戦記】その30秒が我慢できない 塀の外に落ちるか内に落ちるか ホーム柏戦

Conv0002 暑いとはいえ、比較的すごし易い天気。これなら暢久も出場できるかと思える湿度。南門にはなんとなく中東風を想起させる大型テントが張られ、その中にサポが退避してました。

Conv0004 スタメンはさすがに前回の妄想のようには行かず、想像の範囲内。達也、高原、永井に両サイドは相馬、平川。中盤に阿部ちゃんと啓太。BKは闘莉王、坪井、堀ノ内。当面、これが定番と思わせるメンバー。

しかし、ふと気づくとエジがスタメン組に入って練習してる。あらら。いつの間にか達也が消えて、そのままスタメン発表に。後で知りましたが達也は練習中に捻挫orz 何ですか。どうも達也はちょっとしたことで試合に出られなくなることが増えてきて、いやな感じ。

試合は、久しぶりにサッカーをやってました。永井もトップ下ではなく右サイドに流れて遊弋。おかげで平川の炎上も避けられました。

先制こそされるものの、阿部ちゃんの素晴らしい同点シュート、そして終了間際の永井の逆転シュートにはしびれました。一度はボールを奪われながら体のない左サイドから足をちょん出しして、自分の体のある右側にボールを動かし、そこからボールを奪ってのシュート。技ありでした。

で、その後の悪夢の時間。ゲルトはなぜもっと時間を稼ぐ手立てをしないのか。他のブログで散々書かれてますからいまさら何をいわんかですが、選手を2人替えるだけで30秒は十分稼げたはず。平川を暢久に替えて守備を固める必要もあったはず、選手は選手で、コーナーでのボールキープをもっといやらしくやらなくては。

試合後の挨拶のとき、試合結果のふがいなさとゲルトの無策ぶりにあきれ果てて、今期初めてブーイングしてしまいました。あれで拍手をする方々の気持ちは分かりません。しばらく立ち上がれなかったのも久しぶり。

ただし、チーム自身はサッカーができる状態にようやく近づいているようです。坪井は復活、啓太は徐々に回復、阿部ちゃんは適切なポジションを獲得。

しかし。勝利を得るには今一つの気迫や、勝ちたいという強い思いが必要なようです。鹿島戦で見せた執念を他の試合でも見せてほしいものです。まだ、グダグダサッカーにいつ戻ってもおかしくない状況。塀の外に落ちるか内に落ちるか、まだ予断を許しません。しかし、後味の悪い試合。柏もちをのどの詰まらせた感じです。

それにしても、鹿島が負け、名古屋が引き分け。相手がどうのこうのは関係ありませんが、団子状態がますます激しくなってきてます。いつ、この秩序が崩れるか。いい加減勝ちに行かないと、降格圏があっという間に近づいてきますよ。

次節、ポンテ、達也が暴れ回ってくれることを祈るのみ。そういえば戻ってくる萌をどう使うか悩ましい。

(第20節、レッズ2-2柏、北ゴル裏、松村和彦 46,931人、曇、午後7時34分、8月9日、土曜、引き分けたのに2位。不思議)

しかし、エジは、いくら怪我したからといって歩けるんだから、いきなりピッチから逃げ出して監督の前で倒れこむな。突然の選手交替に必要時間ぐらいピッチでかせいできなさい。
Conv0003

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月 9日 (土)

【試合展望】柏が怖くてもちが食えるか

久しぶりのリーグ戦。
2週間が異様に長かった。

で、ポンテは駄目そうですね。

で、柏にも、瓦斯にも、田舎にも負けそうでよるも眠れず、昼寝している鰐です。

明日の柏戦。

鹿島戦で一瞬4バックになったのを見て、妄想。

----達也----高原----

--梅崎--------永井--

----阿部----啓太----

--相馬--------平川--
----闘莉王-坪井-----

はい。どうも。妄想は自由。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »